FC2ブログ
 
■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
1人カラオケ行こかな
こないだ久しぶりに嫁さんとカラオケに行ったのですが、機械にこんなモノが付いていました。



なんとギターやベースを繋ぐジャックが。知らんかった、いつからこんな機能が…

その昔、友人の結婚式の余興練習で、コッソリとカラオケボックスにベースを持ち込んでいたことがありましたが、今は普通にOKなんですねぇ~。

カラオケの楽曲は言わずもがな物凄い量ですから、洋楽邦楽問わず結構楽しめそう。平日フリータイムで弾きまくるのもアリかもですね。

あ、でもドラムは無いからスタジオがわりにはチト厳しいかな?

スポンサーサイト
音楽的な日記 | 22:11:26 | Trackback(0) | Comments(0)
「恐怖の報酬」(1977)


…という映画をご存知でしょうか?

主演はロイ・シャイダー(ブルーサンダーなど)、監督ウィリアム・フリードキン(エクソシスト、フレンチコネクション)。

ご存知ない方の為にネタバレ無しのストーリーを少々。

南米の小国の山奥の油田で火災が発生。他に消火の手段が無いため、爆薬の爆風で鎮火する事が決定します。
現場まではジャングルの道無き道を300キロ。
一触即発のニトログリセリンをボロボロのトラックに積み込み、高額の報酬と引き換えに、危険な仕事を引き受けたワケありの男達のお話。

ポスターの吊り橋のシーンを見て頂いただけでも、その道中の過酷さが想像できるかと思います。

この映画、公開当時は興行的にあまりパッとせず、また諸事情によりソフト化にも恵まれず、日本では過去にVHSビデオがリリースされたものの、未だDVD化には至っておりません。

かく言うワタシも当時劇場に足を運ぶことはなく、TV放映とビデオレンタルで数回見た事があるだけです。

しかし、イイ映画なんですよ、これが。言ってみれば男の映画。

実はこの映画はリメイクでして、オリジナルは1953年のフランス映画「恐怖の報酬」(原題「Wages of Fear」←英語表記)主演、イブ・モンタン、監督はジョルジュ・クルーゾー



ちなみにこちら(クルーゾー版)は、書店の安売りDVDコーナーでも手に入ります。


この53年のクルーゾー版が名作という位置付けの為か、77年のフリードキン版は公開当時、酷評を受けてしまいます。
単なるリメイクではないと言うことで、公開当初は「Sorcerer(魔術師)」という原題でしたが…



米国以外では監督に無断で30分もカットされ、作品名もSorcererからクルーゾー版と同名のWages of Fearと改題されたバージョンでの公開となりました。(冒頭のチラシ参照)

クルーゾー版が名作な事に異論はありませんが、ワタシ的にはフリードキン版のほうが画の迫力とか緊迫感、人物のエモーショナルな部分などの表現がより伝わってくるように思うのです。
先にフリードキン版を観ているからかも知れませんが、白黒版はちょっと物足りない印象でした。

そしてなによりこのトラック。




廃車置場で静かに余生を過ごしていたところを叩き起こされ、荷台に爆薬を背負わされて悪路を走らされる、さながらゾンビの様な様相のこのトラックの印象は強烈なものがあります。

別に暴走したり人を襲ったりはしないんですけどね。夜中、こんな顔のトラックに出くわしたら絶対チビりますって。
実はこのトラックに描かれているニックネームが「Sorcerer(魔術師)」なんですね。

ちなみにもう一台登場します。





クルーゾー版のDVDを観てからというもの、もう一度フリードキン版「恐怖の報酬」を観たくて仕方なかったのですが、前述の通りソフト化には恵まれていないのが現状でした。


前置きが長くなりましたが、ここからが本題。
そんなワタシの気持ちを察してか、なんとフリードキン版の「Sorcerer」が、カット無しの完全版でリバイバル上映されるそうです。



公式サイトはこちら。「Sorcerer

この映画の生い立ちや不遇の過程、監督の熱い思いなどが綴られていますので興味がある方はぜひご一読を。

全国ロードショーと謳われてはおりますが、はたしてこの田舎に寄ってくれるのかな?
できれば爆音上映をやっている映画館で観たいんですよねー。やっぱり都会まで遠征せにゃダメかなー。

余談ですが、ウチにはこんなレコードがあります。音楽を担当するタンジェリンドリームのシンセミュージックも、これまた不気味で良いのです。






映画の話 | 23:11:51 | Trackback(0) | Comments(2)
帰ってきた’67バンブル製作記 ~いきなり完成

ほぼ忘れられていたかと思いますが、以前よりこんなクルマを作っておりまして。




(参考までに前回までのあらすじはこちら。)


前回の更新からゆうに2年が経っておりますが、そんな黒カマロが、先日やっとこさ完成しました。
勿体ぶっても仕方ないのでとりあえずお披露目しちゃいます。






完成までに時間がかかったのはこのモデル製作における紆余曲折ばかりが原因ではありませんが、拘りだすとドロ沼にハマるのはいつもの事。

なんにしてもすでに完成してしまっておりますので、実車とキットの解説を含めた改造ポイントのみ紹介します。

☆タイヤ
実車はNEWGENのホイールに、ニットーのINVOというタイヤ。トレッドパターンが特徴的ですね。







トランスキットに付属するのはファルケンのタイヤで、サイズが前後ともちょっと太過ぎ。他のキットからの流用ですかね。



で、ホイールとタイヤの幅をツメたりしたのですが、ご丁寧にファルケンのレタリングまでモールドされていたりするのがどうにも納得がいかず、結局INVOタイヤを自作しました。





多くの試行錯誤を重ねてなんとなくカタチになりましたが、これが今回一番のドロ沼。スリックタイヤならそのまま使ったんですがね。雰囲気出てますかね。ちなみに作り方はかなり邪道なのでナイショです。

☆ブレーキ
オリジナルはフロントディスクにリヤドラムですが、黒カマロはwillwoodというブランドで四輪ディスク化されています。



前はスリット、後は穴開きっすね。

ご覧の通りホイールの中は丸見えなので、四輪ディスクは再現してやらねばなりますまい。ローターはアルミ板を加工、キャリパーはジャンクパーツを加工してそれっぽく。





リヤキャリパーが二つ付いていますが、小さいのはパーキングブレーキ用。その世界ではスタントキャリパーと呼ぶようです。

余談ですがこれはオリジナルカマロのペダル群。




四つペダルが並んでいますが、一番左はパーキング用。そう、この時代にすでに足踏み式のパーキングブレーキだったんですねー。

黒カマロではスタントキャリパーを追加するにあたってどういうシステムを採用しているのかわかりませんが、このパーキングペダルは取り外されているようです。

☆フロントグリル
キットはスタンダードな仕様となっていますが、当時ヘッドライトが隠れるギミックのあるラリースポーツグリルと言うオプションがありました。



所謂リトラクタブルとは違って、ヘッドライト部分のカバーのみグリル内側にスライドするようになっています。

黒カマロにもそんなグリルが付いておりまして、トランスキットにもこんなパーツがセットされています。



が、よく見ますと縦横のバーの数が違うんですね。純正も年式によって多少デザインの違いはありますが、黒カマロはそのどれとも違います。
で、探しましたらたぶんコレじゃないかということでビレットグリル自作です。





これでグリル奥にあるフォグランプもチラッと見えるようになりました。



☆トラクションロッド
今回はオミットしましたが、黒カマロはLS2という現行コルベットのエンジンに換装されています。
で、黒カマロのリヤはリーフスプリング仕様のまま。
一般的に板バネのクルマで大トルクをかけると板バネがしなり、アクスルがバタバタと大暴れしてしまいます(ワインドアップとも言う)。
参考までに、その様子がよくわかるのがブリットのカーチェイスのこのシーン。





で、コレを抑えるために、黒カマロに追加されてるのがトラクションロッド。



昔はトラクションバーなんつって角パイプみたいなゴツいのが装着されたりしてましたが、最近のはスマートですね。
下からさりげなく見切れてるのがシブいですな。



☆リヤウィンドウの抑え
トランスキットにもしっかりセットされていましたが、より薄くを求めてエッチングパーツを使用。


いやはや丁度良いモノがあるもんだ。

☆リヤバンパー



大したことではありませんが実車に倣ってツノを二本追加してます。

☆テールパイプ
実車の写真をよく見ても、リヤに排気管が見当たりません。たぶんこんな仕様だと思います。



なのでこんな感じで。



☆インパネ
メーター類はサードパーティのパネルにオートメーターのコバルトシリーズが並べられています。視認性はあまり良くなさそうですが、見た目のインパクトは大きいですね。



しかしこんな古いクルマ用の改造パーツが今でも新たにリリースされているとは驚き。やっぱアメリカのクルマ文化は奥が深いです。

モデルはキットのメーター部分を切り取ってパネルを自作。拾い画像からメーターを作って並べました。





スイッチ類やエアコン吹き出し口も追加工作です。

センターコンソールも作るー。



☆ステアリング
これまた特徴的なスポークのステアリング。探しまくったところ、flaming riverのモデルと判明。





作るしかないっすねー。スポーク部分は洋白板、リムはジャンクパーツからの加工です。



ディマースイッチなども追加工作。



インパネ周りはこんな具合。



☆ドアトリム
こんなところもカスタムされているので再現してやります。



レギュレータハンドルなどは元キットから削り取って再利用してます。

☆シート
公式には現行カマロ用とアナウンスされていますが、ストックとはちょっと違うようです。オプションなのかな?



特徴的なハイバックのヘッドレストとタマキンガードからLEANというメーカーのものだと思われます。(モデルは不明)



作例ではZのキットから拝借したシートをそれっぽく加工しました。





またまた余談でありますが、この黒カマロ、映画撮影後は監督のマイケル・ベイの手に渡り、その後バレットジャクソンというカーオークションにてリック・ヘンデリックという御仁に落札されました。
このオークションに出された際のスナップを見ると、撮影後にいくつかのモディファイが加えられています。

その一つがド派手なロールケージ、劇中ではまだ装着されていませんね。



ヘッドランプもプロジェクターからイカリングに替わっているし、エンジンにもカーボン調のカバーが追加されたりしています。

オークション時のお品書きにはカーナビシステムの表記もありましたが、果たして撮影時に取り付けられていたのかは確認する術がありません。

今回再現するのはあくまで劇中の仕様ですからその辺りはオミット。カーナビの再現をしなかったのもそんな理由からです。

で、内装はこんな感じ。



☆バンブルビーストライプ
トランスキットにもデカールが付属していましたが、幅が狭いのとリヤスポイラとの色合わせなどを考えてマスキングによる塗装としました。



ご想像通り、マスキングはかなり大変。今回ボディがサテンでストライプがグロスという事なので先にイエローを塗りました。
SSのマークはちょいひねった方法で再現しています。



以上、こんな感じでボチボチと進めていました。文章にするとサクサク作っているようにも見えますが、何しろ長期戦となったのでモチベーションを保つのが何より大変でしたね。

とりあえずドナドナも済ませてヤレヤレと言ったところです。







’67バンブルビー 製作記 | 00:57:51 | Trackback(0) | Comments(2)
マニア道は深いどー
久々登場、バッファロー号。



小6の時にハマった「火曜日のあいつ」が忘れられず、当時からの念願だったバッファロー号の模型を製作したのが2013年の事。
自分なりの実車考証(想像とも言う)や模型製作過程をブログに上げたりしたことで、同好の士の方々からは多少名前を知られるようになってはおりますが、ワタシとて「火曜日のあいつ」の単なるファンの一人に過ぎません。

当ブログにも「火曜日のあいつ」絡みで多くの方に訪問を頂き、またわざわざ静岡ホビーショーの作品展のほうに足を運んでくれる方もいて、好きモノ同士、懐かしさを共有できるのは嬉しい限りです。

そんな繋がりのきっかけになってくれているのはやはりこのバッファロー号。



今後とも、ワタシの名刺がわりに作品展ブースの片隅に並べ続けたいと思っています。


「火曜日のあいつ」はドラマとしての認知度が今ひとつでファン人口は決して多くありません。しかしその分、熱い思いを持った方が多く、皆さんさまざまな手法で憧憬の具現化をされています。

バッファロー号に関して言えば、当然ワタシ以外にも模型製作されてる方はいらっしゃる訳でして、中には中原運送店のジオラマを作った方や、1/14サイズのラジコンを作っている方も。
また、オリジナルでバッファローのロゴ入りジャンパーを仕立てた方などもいらっしゃいました。


さて本題。先日、ホビーショー会場でお会いしたK氏もそんなコアなファンの一人ですが、K氏の場合はコレ↓



なんと~!バッファロー号ですよバッファロー号!オラもこんなんして乗りたかった~。(≧∀≦)

ここまでやるならナンバーは36-36じゃないの~? と、思うでしょ?
実は知る人ぞ知るですが、18-16というのはバッファロー号の本当のナンバーなんですねー。マニアック過ぎます~。

K氏はワタシより2コ上なので、本放送当時は中学2年生
今ではほぼ同年代のくくりかと思いますが、当時の小6から見た中2というのはかなり大人。それは行動にも現れていて、なんとK氏、当時ロケの行われていた世田谷区某所まで生バッファロー号を見に行ったそうです。更には特撮のスタジオにも突撃して撮影を見学して来たとか。
いやはや凄い行動力。情報の少ない当時、一体どうやって場所を特定出来たのか定かではありませんが、こんな経験をお持ちのファンはそうそういないんじゃないでしょか?

しかもK氏、本放送終了後も熱が冷めやらず、もっと深く掘り下げたい一心でその業界に飛び込み、今では撮影の仕事が生業。
仕事の人脈から当時の番組製作スタッフなどと交流を持ち、ドラマ製作の裏話などをいろいろ聞いているそうでして、もうファン道ここに極まれりと言った感じです。

その証拠写真の一つがこちら



K氏のバッファロー号の前に佇むこのお方、なんと当時バッファロー号のスタントドライバーだった 瀬戸 克 氏その人なんでございますよ。(ご本人より顔出しOKを頂きました。瀬戸さん、ありがとうございます!)

こちら当時の雑誌より。



いやはや、よく捜し出したというかなんと言うか。このネタで興奮する方はマニア度高いですよ~。火曜日ファンにはちょっと感動モノのショットであります。

「圭介」や「辰也」に憧れてトラックドライバーになった方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、K氏にとってもまた「火曜日のあいつ」は、まさしくその後の人生を方向付けたドラマだったんですなぁ。

いやー、いろんな方がいるもんです。奥が深いですね~。
火曜日ネタ、まだまだ完結しなさそうです。



火曜日のあいつ | 18:51:29 | Trackback(0) | Comments(4)
マーカスミラーがキター! ♪───O(≧∇≦)O────♪
ベース界のレジェンド、マーカス・ミラーがなんと清水にやって来ました!



誰ソレ?という貴兄のために簡単に紹介いたしましょうか。

1959年生まれですからもうすぐ還暦ですが、第一線現役バリバリのチョー売れっ子セッションベーシストにしてサウンドプロデューサー。
ルイス・ジョンソン、スタンリー・クラーク、ラリー・グラハムと並ぶチョッパー四天王(勝手に命名)の1人です。

ワタシがベースを始めた高校生の頃、なんか若手で凄いベーシストがいるらしいなんてなウワサをよく耳にしたものですが、マイルスデイビス(tp)やデビットサンボーン(sax)などとの共演が有名ですね。

ホレ、新聞広告にもバーンとな。



しっかし「世界的有名なベーシスト」って…(^^;)。他に紹介の仕方はなかったんでしょーか。

とにかく国内外のいろんなアーティストのアルバムに参加しまくっていますので、その独特なベースサウンドは誰もが一度は耳にしているんじゃないでしょうか。

例えばこれ、
デイブ・バレンティン(fl)「open your eyes」(1980)

同年代の男子ならおそらくどこかで聞き覚えがあるかと。(ヒント うさぎちゃん)
この頃のマーカスは今よりもワイルドな感じ。コンプ効きまくりのパワーヒットはちょっと凄かった。

さて、ライブに話を戻しましょう。
今回のメンバーはマーカス(Bs)とDr、Key、Tp、Sax(みんな若手)という5人編成。
マーカスも今は若手を育てる立場なんですねぇ。

開演前に激写。



もっと正面に回り込めば良かった(^^;)。

一番右側にあるのがメインのフェンダージャズベース。唯一無二のマーカスサウンドを生み出す、彼オリジナルの有名なカスタムベースです。


(もちろん拾い画像です)
真ん中のジャズベースはフレットレス。意外や五弦なのね。
一番左、ヘッドの形状が独特なコレは、マーカスミラー全面監修のSireという新ブランドのベースだそうで。最後に一曲だけ使用してました。


さぁ開演。ライブ一発目の曲はなんと「run for cover」!o(≧▽≦)o キャー

「run~」と言えばですね、ルイスのストンプ、スタンリーのスクールデイズ、グラハムのパウのように、ベーシストなら一度はチャレンジする(と思われる)マーカス定番中の定番曲なのですよ。(サンボーンの曲ですが)

実は事前に最近の公演(海外)でのセットリストをチェックしていたのですが、ここのところこの曲は演奏されていなかったんです。
なので予想していなかった分、超サプライズ。これが聴けただけでも来た価値があるってなもんです。

その他は最近のアルバム数枚からの選曲でした。(残念ながらセットリスト貼り出されてなかった)

マーカスは気さくでファンキーなナイスガイで、コーラスやハンドクラップでオーディエンスを楽曲に参加させるなど、会場を上手く盛り上げていました。バスクラリネットも上手かったですよー。

歳を重ねると肥えてしまうミュージシャンが多い中で、マーカスはスリムなままですね。女性客が多かったのも頷けます。あ、腕はかなりマッシブになってましたが。

で、CD買いましたー



で、終演後に並びましてー



サインもらったー *\(^o^)/*


(一部画像処理御免)

握手もしてもらったので、もちろんこの日は手を洗いませんでした。
♪( ´▽`)
















BASS寄りな話 | 00:58:07 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad