FC2ブログ
 
■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
バッファロー号ファクト ~特撮編~

先だってのイベントで会ったこのバッファロー号。



カッコいいですなぁ~。

隣の2トントラックのタイヤと比較するとわかりますが、かなりの大きさ。
これは1/14スケールのラジコンでして、パーツはタミヤなどのモノを使用。キャブに関してはサードパーティの逸品が使用されています。

このラジコンバッファロー号を製作しているのは神奈川の火曜日マニア、O氏。彼がこのイベントに参加されるというので、製作途中でも良いから是非見せてくださいとお願いしていたのでした。

O氏とお名前を伏せてはおりますが、実はトラック模型界隈ではちょっと有名なお方でして。
主に映画「トラック野郎」の劇中登場車などを模型で再現されているのですが、過去に某トラック系雑誌においてその作品群を特集された事もある凄腕モデラーなのであります。

発売当時にその雑誌を見て驚いたのが、数多くのデコトラ模型に混じって、なんと1/32スケールで製作されたバッファロー号も紹介されていたのですね。
2005年の本ですからもう15年くらい前の事ですが、その記事がワタシのバッファロー号製作開始へのきっかけの一つとなったのは言うまでもありません。

で、ワタシめのバッファロー号とツーショット。







1/14と1/32ではこんなにサイズが違うのです。やはり大きいと迫力と実車感がありますね。





ヘッドランプやウインカーなどの灯火類も抜かりなく、ブレーキランプは減速と連動するというリアルさ。
まさにバッファロー号の特撮用プロップを彷彿とさせる佇まいですね。完成が楽しみです。


さて、特撮と言えば。

毎週のように地震や崖崩れに遭遇するバッファロー号。そんな「火曜日のあいつ」の特撮シーンは、今は無き「日本現代企画」という撮影所で製作されていました。
昭和の少年達には馴染み深い、アイアンキングやウルトラマンシリーズ、レッドバロンシリーズなどの特撮を手掛けたこの会社、「火曜日のあいつ」の前年には映画とドラマ「日本沈没」の特撮を担当。



この富士山の噴火シーンなどは、ふもとに住む当時小学生のワタシに相当な絶望感を抱かせたものです。
その「日本沈没」での地震や崖崩れ、噴火や濁流などの迫力あるリアルな描写技術は、「火曜日のあいつ」の特撮シーンでも存分に発揮されています。

考えてみると、当時TVドラマで怪獣の登場しない特撮というのは結構珍しかったのではないでしょうかね。言ってみれば大人向けの特撮というか。

崖崩れの特撮でも一話分で200万程のコストがかかったといいますから、そのクオリティは推して知るべし。
ちょっとご紹介してしまいましょう。

第一話より、崩れかけの山道に挑むシーン。 



ちなみにプロップバッファローのスケールは1/15で、特撮ファンにはお馴染みの『郡司模型製作所』の手によるモノだそうです。

ギミックも拘ってまして。


駆動輪の空転とか。


ブレーキランプも点灯します。


エンジンを吹かすと勢いよく排気も出るというリアルさ。

こちらは第7話より、流されそうな橋を渡るシーン。




まるで実車のようです。

また、プロップではありませんが、スクリーンプロセスという合成撮影も取り入れられていました。


運転席後ろからのカットですね。フロントガラス前方に映像が投影されています。


特に秘密兵器がある訳でもなく、崩れそうな橋や突然の落石、地震による地割れなどをいつもギリギリで突破するバッファロー号の勇姿には、ミニチュアとはわかっていてもいつもハラハラさせられたものです。

個人的な思い入れかもしれませんが、それはやはり、この重量感ある実写による部分が大きいと思うのですよ。

実物と見分けのつかない超リアルなCGも良いですが、立体的な工作でリアルな表現を追求する「特撮」に、オヤジモデラーはやっぱり惹かれてしまうのです。

スポンサーサイト



火曜日のあいつ | 00:37:28 | Trackback(0) | Comments(0)
昭和の商用車大集合
ちょいと過ぎた話ですが、先日告知したイベントに行ってきました。




昭和から平成初期の商用車限定のイベント。実にマニアックですな。

会場に入るとまずは一番星号がどーんとお出迎え。



レプリカだそうですが、装飾は完璧に再現されています。

個々のクルマにはあまり詳しくないのでとりあえず会場の様子をザーッと。















昔のクルマって「顔」があって良いですね。
小学校の頃、このバン↑によく似た男の子がいて、「デリカさん」というあだ名で呼ばれていました。





メーターが可愛い。



コレはいったい…和製ウニモグか?




懐かしいヤツから、「なんじゃコレは」みたいなレア車まで。驚くのは皆さん自走で参加されてるという事。
だからかな、地元ナンバーが多かったです。

古いクルマ、特にディーゼル車などは登録する地域も限られてきますから、維持するのはなかなか大変だと思います。

自動運転に躍起になっている世の中とは逆のベクトルにあるクルマ達。古いモノを大切に使い続ける事もまた一つのエコだよなぁと再認識した一日でございました。


さてこちらは会場外ですが「火曜日のあいつ」マスターのK師匠のキャンターとウチのノア号。



師匠のキャンターも十分参加資格がありますね。
このアポロキャップに気付いた方はいましたかな?





で、古いトラック群に混じってこんなトラックが…



実はコレを見に行くのがが今回の一番の目的だったりするのです。
それについては次回詳しくお伝えします。

クルマの話 | 22:07:19 | Trackback(0) | Comments(0)
イベント
各方面よりお誘いを頂きましたのでー



こんな催しを見に行ってみます。

クルマの話 | 12:44:06 | Trackback(0) | Comments(0)
だめだこりゃー
以前にクルマのリモコンキーが壊れたという事で、こんないいモノがあるよーと紹介した社外品のキーケース



で、先日、こんなんなりました。




いやー、二年持たなかったですね。耐久性に難ありですな。

安いのは良いんだけどね。も一度作るか悩むところです。

クルマの話 | 08:48:55 | Trackback(0) | Comments(2)
アオシマ プロフィアを作った件

年初にこんなの買ったと上げてたかと思いますが。



こんなん出来てます。



今回製作のモチーフになったのはコチラ。



最近地元で見かけるシティプロモーショントラック。
自治体主導で各運送会社一台づつ富士山のグラフィックを施し、全国で地元のアピールに一役買っているトラックです。
参考とした某運送会社の実車は現行のプロフィアですが、キットが無いのでひとつ前の型で再現してみました。

今回は見ての通り、売りはグラフィック一点のみで、更にはホビーショーに間に合わせるという時間的制約もありましたので、キット自体は基本的に素組み。
さらにはギミックを殺していたり、間に合わなくてパーツを省略している部分もあります。

という訳であまり製作の参考になるところがありませんので、いつものように製作記や完成報告などをアップするのは控えておりました。
が、いろいろと思うところもありましたのでプチ製作記を綴ってみたいと思います。


さてさて、自宅に持ち帰るのも気がひける巨大な箱を開けますと、これまた「見なかった事にしよう」と再びフタを閉じたくなるような大量のパーツ群が出てきます。



これでも写っているのはまだ一部。
素組みでもかなりの作業量ですな。

とりあえずフレームを組んでみます。
このキット、ハシゴ状のメインフレームにアウターフレームを被せるような構成となっていて、アウターフレームには実車に倣った穴やディテールが施されています。



このアウター部分を取り替える事でエアサスやリーフリジッドなどのバリエーション展開をしているようです。

※注意事項その1
ガッチリ固定しようと接着剤をベッタリ塗ってフレームを貼り付けた所、アウターフレームに開けられている穴から接着剤がはみ出してしまいました。しかも気付かずに触ってしまったのでご覧の有様。



単にディテールとして開けられた穴はまだ良いのですが、この後のパーツ取り付けに使う穴が一部塞がってしまいました。
ナメてかかるとこういうことになります。接着剤の塗布位置には気をつけましょう。

さて、素晴らしいディテールのフレームですが、残念ながら後端は殺風景です。



素組みと決めてはいましたが、ここはちょっと手を加えて穴開けときます。



一応実車を参考にしてます。



フロントアクスルやリヤのホーシング、各タンク類などを組み立てた後、下廻りのパーツを全部切り出して並べてみました。



シャシ関係だけでこのパーツ量。これだけ細かいと、整備中などのいろいろなシーンが表現できそうですね。やりませんけど。

ただ、これだけ構成部品が多いと仮組みが厳しい。本来ならタイヤの接地状態を確認しながら組み立てたいところですが、ちょっと難儀します。
幸いパーツの合いはバッチリなので、ここはアオシマさんを信頼して一気に組み立ててしまいましょう。

結果ー …フレーム捻れてますな。



操舵輪はアライメントが酷いっすね。組み方が悪いのかなー?



ボールジョイント風のパーツを使った連動ステアはアイデアものですが、残念ながら今ひとつスムーズに動きません。
なので全部真っ直ぐに固定してしまいました。ハンドル切れません。潔いでしょ。
フレームの捻れはバンボディーに固定すれば矯正されそうなので、とりあえず無視します。


さて、ちょっと話がそれまして。
各補機類やディテールを可能な限り再現している好キットですが、特にパーツの説明などが無いので意味不明なまま組み立てている御仁も多いのではないでしょうか。

AMTなど海外のキットに慣れ親しんだ方ならお解り頂けるかと思いますが、アチラではインストの図に全てパーツ名称が記されていたりします。



これって結構有難い事で、単純に勉強になるし、改造するならそのパーツが必要かどうかの判断もできます。
同じパーツでも、役割をわかった上で組むのと単に取り付けるだけでは工作のモチベーションも違うと思うんです。

例えばこのキットでは、正体不明の箱がいくつか付いています。



前軸間に取り付くこの箱。何だと思います?
これはプロシフト(平たく言えばオートマ)用のバルブボックス。道具箱ではありません。
オートマと言っても所謂湿式多板式のヤツでは無く、MTベースにギアシフトとクラッチ操作を自動化したモノ。(ある意味乗用車より凄いと思っている)
この箱の中には、クラッチブースターやシフトシリンダーをガチョンガチョンと動かす為のエア切り替えバルブ達が収まっています。

つまりMT仕様にするなら不用パーツな訳ですね。

もひとつこれ。



これも一見道具箱のようですが、取り付く向きがフレーム内側。
ざっくり言うと、フレーム右側に付く箱にはABSやトラクションコントロール、デフロックなどのバルブ類、左側の箱には前後エアサス関係のバルブ類が入っています。(ざっくりね)

日野はこういったバルブ類をブラックボックス化していますが、中にはむき出しのこんなパーツも。




小さいほうはES(坂道発進)用のバルブ、大きいほうはフロントブレーキのリレーバルブです。
知らずになんとなく組むよりも役割わかったほうが良いでしょ?そうでもない?

まぁ良いか。楽しみ方は人それぞれですからね。
と言いつつ、もひとつお節介。



たくさん付いてるエアタンクの担当部所です。
年式や仕様で若干違いがあるかもなので、あくまでも参考ですがだいたいこんな感じ。

あー、ちなみに。エアドライヤー(圧縮エアの水分除去装置)はこんな感じで塗り分けると雰囲気良いですね。





下廻りはこのくらいにしてバンボディーへ。
バンボディーは左右ウイング、バタ板共に開閉が可能となっており、油圧シリンダーやアオリバランサーなども可動するようになっています。



し か し 。
先にも申しましたように今回のメインはカラーリング一点。更にはホビーショーに間に合わせるという時間的制約のため、アオリもウイングも全て固定。バンボディー側のギミックは全て殺しています。全く参考になりませんね。

ボディー周りで特筆すべきは前後のパネル。強度的な意味合いですかね、外側と内側を貼り合わせる構造になっています。



これだと突き出しピン跡の処理が不用なので、とても助かりますね。今回は見えないので関係無いですが。

さて、この辺りから突貫工事に入りまして、途中写真がありません。まぁほぼ素組みですから解説も不要かと。

という訳でとりあえず完了としました。



冒頭の車体右側の工場夜景のグラフィックは各運送会社共通。左側は各運送会社オリジナルの絵柄です。
二分割だったバタ板は実車に倣って一枚アオリに改造。マーキングもし易いしね。

ちなみにこのグラフィック、実車に施されているのは所謂ラッピングでは無く、ボディーに直接ペイント(印刷)されています。
いやぁ、こんな巨大なプリンターがあるんですねぇ。

リヤ周りは引っ込んだバンパー(突入防止装置と言います)が好きでは無いので、ナンバーをセンターに持ってきました。





本来なら一枚アオリに合わせたサイドバンパーの修正やマーカーランプの追加、リヤの道具箱などの追加工作をしたいところでしたが、ホビーショー前夜にやっとマーキングを施したような状態で、今回はこれがやっと。



まぁとりあえず間に合ってヨカッタヨカッタ。
(ツメが甘いので拡大しないよーに。)



模型寄りな話 | 00:09:58 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ