■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
業務連絡
スマホでお越しの方にお知らせです。
当ブログの右上の〔PC〕ボタンでPCビューに変わります。PC画面ですと左サイドにメールフォームがありますので、何か御用の方はご利用くださいませm(_ _)m。

スポンサーサイト
未分類 | 19:43:17 | Trackback(0) | Comments(0)
BRADIO 『Freedom』

中年ベースオヤジイチ押しのファンキーバンド、BRADIOの新譜『Freedom』でございます。




百聞は一見にしかずなんで、とりあえずPVをご紹介。興味のある向きはぜひご覧あれ。

Freedom

back to the funk


revolution

ベースオヤジが特にお気に入りなのはフリーダム。この曲のベースのフレーズはなんてカッコイイんでしょ。演奏スタイルもメチャシブい。
もしワタシが乙女ならば、間違いなくベースの酒井氏の名前を書いたウチワを振っている事でしょう。いや、オヤジでも振りたい。

実はちょっと前に地元のショッピングモールでインストアライブがありましてー



以前観た時よりも格段にパワーアップしたパフォーマンスに、学年末テスト真っ最中の次男坊ともどもブッとんできたのでした。

このアルバムを引っさげての全国単独ライブもスタートしたようですが、残念ながら静岡県は今回公演がないんですよね~。
でもこうして精力的に地方を回ってくれるのはありがたい事でございます。

インストアライブの距離感はなんとも魅力的ではありますが、広い会場でたっぷりのパフォーマンスもぜひ見てみたいものです。富士に来ないかな。



音楽的な日記 | 23:14:35 | Trackback(0) | Comments(1)
オヤジひと肌脱ぐ

ブースターなるエフェクターを自作するべくパーツや回路図などを調達したものの、ここのところなにかと忙しい次男坊に代わり、オヤジが製作代行をかってでました。

穴開けなんぞは朝飯前ですがー



この辺の作業はムムム…



とりあえず配線完了しましたが、音が出ませ~ん(^_^;)。



パターンを裏返してよくよく確認したら、一ヶ所繋ぎ忘れていました( ̄∇ ̄)。まー、よくある事よ。



なんとか完成。程よく歪んでくれます。



ちなみに下の青いヤツは次男坊の自作一号機。とりあえず稼働中のオーバードライブですが、当然一発では動作しませんでした(^_^;)。



隣のJOYOのヤツもオーバードライブなんですけどねー。どうやら歪み系の奥深さにハマりつつあるようです。



音楽的な日記 | 13:20:29 | Trackback(0) | Comments(2)
久々のクルマネタ

老いて益々活躍中の我が家のノア号。
最近登場してなかったので、忘備録的な小ネタを少々。

その1 。タイヤ交換。

2009年の夏、4万キロを超えた頃に交換したタイヤがいよいよ限界となりました。



ここまで使わなくても…(^_^;)

この時のタイヤはナンカンというメーカー。所謂安価なアジアンタイヤです。



この頃はまだ鉄チンでしたな。

195/65-15で一本4千円ちょいという価格に多少の不安もありましたが、結果的に7年間、5万キロ以上を問題無く使用できましたからコスパは相当なものだと思います。

で、またまた安いヤツを物色していましたが、同じタイヤじゃ芸がないので今回チョイスしたのはコレ。



やはりアジアンタイヤで、メーカーはネクセン。
気になる価格はナンカンよりもさらに安い、一本3500円ちょい。(と言っても送料が1000円/本かかりますが)

見た目はいかにもノーマル然として特筆すべきとこはありませんが、前回のナンカンよりちょいカッコが良いかな?




一応コンフォートタイプという事になっとるようでして、走ってみたところ音も静かだし乗り心地も良い感じです。
設計が古いとか言われたりもしますが、そもそもクルマが10年前のクルマですからね~。全然問題無いッス。

さて、こ奴はどのくらい持ってくれるかな?


その2。レザー風シートカバー。

一年ほど前、薄汚れた内装をイメチェン(ごまかす)すべく、10年目にしてレザー風のシートカバーをおごりました~♪( ´▽`)。



もちろん本革ではありませんが、見た目の印象とスルスルした座り心地が高級車みたいで非常にgood。これで一台分フルセット¥15000-以下。うむ、安い。
ちなみに純正標準のシート表皮を張り替えた場合、運転席だけでもこれ以上の金額がかかってしまいますから、こりゃセットでカバー付けた方がいいじゃんね。

ただフルカバーなんで取り付けはそこそこ大変。一人でやって2時間じゃ終わらなかったですが、苦労の甲斐あってグレードアップ感が半端ないです。

と、一人テンション上がってたと言うのが一昨年の秋の話で。


そこから程なく冬を迎えるのですが、これがなんと。

「レザーシートは冬冷たい」

で、短い春が過ぎて夏です。

「レザーシートは夏、ものすげー熱い」

熱いだ冷たいだと、家族から絶賛ブーイング。

でもまぁ慣れでさぁね。二回目の冬はそれほど文句も出なくなりました。

それにしても快適な部分は誰も指摘してくれないんだよなぁ~。嫁さんなんか最初気付かなかったし…(ーー;)



クルマの話 | 09:25:44 | Trackback(0) | Comments(6)
今度はモノクロ!
一年半ほど前、ぶっ飛んだ世界観と映像に衝撃を受けた「MAD MAX 4」ですが、ここへ来て新たなバージョンでリバイバル上映されています。



監督のジョージミラーが「MAD MAX 4のベストバージョンだ」と豪語する「ブラック&クローム エディション」。そう、白黒バージョンです。
なんでも監督は昔の「MAD MAX 2」の時から白黒の映像に強い思い入れがあったらしいんですね。
参考→http://wwws.warnerbros.co.jp/madmaxfuryroad/#videos


てな訳で、またまた映画バカの長男に誘われて観て来ました。

感想から先に言いますと、「モノクロもなかなかいいんでない?」

先にカラー版を観ている事もあり、映画序盤は無意識に脳内でカラー変換していましたが、そのうちモノクロの世界が自然なモノとなり、前回同様、最後まで一気に観てしまいました。



モノクロ映像の芸術性に関してはウンチクたれる程の知識も教養もありませんので、どこがどう良かったかと説明するのは難しいですが、それでもウォーボーイズの入れ墨やバイクばーさん達の肌の浅黒さなどなど、モノクロになる事でより際立つ部分は結構ありました。反面、西の砦の頂上のみ緑が繁っている部分とか、火吹きギターの炎なんかはちょっとわかりにくくなっちゃったかな?

まぁもともとモノトーンに近いような絵柄の映画ですからね。違和感もあまり無い訳で。

で、どっちか選べと言われたら?
うーん、モノクロもいいけどやっぱりオラは色付きのほうがいいかなー。申し訳ないけど。

ちなみに新しく発売されたブルーレイにはこの「ブラック&クローム エディション」も同胞されていますので、興味のある御仁はぜひご覧くださいませ。




それともう一つ。
今回行った静岡の映画館では、最近超弩級のスーパーウーファーを導入し、「重低音体感上映」というヤツを展開しておりまして、マッドマックス4もこの部屋で上映されています。



劇場の壁や座席が振動するほどの重低音を生み出すシステムはマッドマックスみたいな映画にはピッタリな訳でして、全編に渡って爆走、爆発、爆音の連続な映画ゆえ、もうビリビリ言いっぱなしでした。

長男によりますと、このテの大音量上映は東京立川の映画館が発祥のようで、そちらでは「爆音上映」とネーミングされているとか。
静岡での導入は全国でも割と早いほうらしいです。

こちらは機会があれば、ぜひ体感してみるとよろしいかと思いますよ。(マッドマックスだと更に疲れますが…ε-(´∀`; ) )




映画の話 | 12:29:32 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad