FC2ブログ
 
■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
新年の徒然
新年の徒然

今年の正月は喪中でした。
暮れはいつもの年末とあまり変わらなかったけど、年始や初詣に出掛けない正月というのは、やはり日本人としてちょっと味気ないモノですな。

昨年はいろいろありましたが、今年は是非とも平穏な一年になって欲しいものです。

まー、50も半ばになりますといろいろ出てくる訳でして、同年代が集まるといつしか話題は不健康トークで盛り上がったりします。
で、かく言うワタシも昨年、慢性腎不全(CKD)という診断を頂きました。

詳しい話は割愛しますが、数年前からクレアチニンという数値がジリジリと上昇しとりまして、要は腎臓の機能がジョジョに低下しておる訳です。
しかしながら腎臓って再生しない臓器なんだそうで、逆に言えば治療で完治(もしくは寛解)させる事ができないって事なんですね。

それでも救いなのは関連する他の数値が全く正常という事。症状が進んでくるとカリウムやタンパク質などの制限も必要となってくるのですが、まだそこまで深刻な状態ではありません。とりあえず現時点で主治医からの指示は塩分を控えることのみ。
考えようによっちゃ、手術も投薬も必要ないって事は楽チンと言えば楽チンな訳で。

まぁ残りの人生、弱った腎臓を大事に使っていきましょうという事です。(暴飲暴食しないとか、当たり前の事は一通り言われましたケド。)

だからどんちゃん騒ぎには普通に参加できますので御心配なく。

で、ちょっと思い立って年明けにこんなのゲット。




たまには素組みで気楽に~ なんて思ったらとんでもないパーツ量。(^^;)
はたして5月に間に合うのでしょうか?









スポンサーサイト



普通の日記 | 13:00:27 | Trackback(0) | Comments(2)
ハンカチの木って知ってますか?
GW前半、ヒマそうなお袋さんを連れ出して近場をウロついて参りました。

まずはここ。



隣市に出来た「富士山世界遺産センター」。
昨年末に出来たばかりのホヤホヤの施設です。

富士山を逆さにしたような木組みが特徴的な外観ですが、この円錐の内部はらせん状のスロープになっていまして、通路脇に仕掛けられた巨大なスクリーンに映し出される映像を楽しみながら、実際に登山しているような気分でグルグルと登っていくという構造になっています。

で、登りきるとー



本物の富士山がどーんとお出迎えというニクい演出。よく考えましたなぁ。

ただし、ここでバッチリ山体を拝めるかどうかは運次第。ぜひ、天気の良い時に来ていただきたいですね。

資料も学術的なものから文化的なもの、歴史的価値のあるものまで様々で、そちらも見応えのある展示となっとりました。

せっかちなお袋さん、スタスタ行っちゃってゆっくり見れなかったから、またヒマな時に一人で行ってみようかな。


で、そこからちょっと山を登って藤棚の有名なお寺へ。

おー、見事。



爺さんの元気な頃は、年寄りふたりで季節ごとによく出かけては花を見て回っていましたから、こういう情報はよく知ってるんですね。

で、リクエストでもう一軒のお寺へ。
こちらはボタンの花が有名との事でしたが、あいにくとちょっと時期が過ぎていたようです。

しかし、そこにはもう一つ有名な木が。



写真でうまく伝わるかな?
青い葉っぱの間に白いものがヒラヒラと。



これ、ハンカチの木というそうです。なんとも洒落たネーミングじゃないですか。

ちなみにこの白いヒラヒラは葉っぱではなく、花なんだそう。
なかなか咲いている時に当たらなくて、お袋さんもこんなに咲いているのは初めて見たそうです。よかったすな。

普通の日記 | 16:19:36 | Comments(0)
まぁいろいろありまして

久しぶりの更新です。気づいたら今年はまだ一度も投稿してなかったんですな。

昨年最後の投稿にもありましたように、今年は年明けに親父殿の米寿、長男の成人式、次男坊の大学受験と立て続けにイベント予定がありましてですね。


親父殿は一月の六日が誕生日だったので、めでたく米寿(88)を迎える事ができました。
で、今年はちょうど運転免許の更新に当たる年だったのですが、年齢的な事を考慮して更新はせず、免許は返納しようかと話しをしておったのです。
が、なにせ本人は免許を返したくないのですよ。

高度経済成長期とモータリゼーションの発展にシンクロしていた運転免許ですから、並々ならぬ思い入れがあるのでしょう。
息子としてもクルマ好きな親父殿が免許を返すことには特別な感慨があったりします。

とはいえ、側から見ていても危なっかしいと思われる時が散見されるようになっていたのでねぇ、何か事が起きる前に運転を辞めて、ドライバーとして有終の美を飾るのもまた良いのでは?と説得の末、本人しぶしぶ免許返納に同意。
まぁ、返したくない気持ちは重々わかるのですが、とりあえずヤレヤレと言ったところで。

で、免許を返す前にどこか気持ちよく運転できるところはないかなーと思いまして、道路脇に雪の残る中、初めてこんなところへ連れて行ってみました。



サーキットには場違いなオヤジグルマですが、ライセンス不要の体験走行というヤツですね。念の為、事前に電話で確認したところ、とにかく有効な免許証があれば年齢は不問で、免許返納前の記念に走る高齢の方も多いですよとのことでした。
が、親父どのは実際コースを目の前にすると「自信がないからやーだ」とのことで、結局オイラが運転してコースを3周。



これじゃ意味ないじゃんーと思いましたが、初めてのサーキットドライブ同乗はそれはそれで楽しかったようです。

帰りにちょっと寄り道して、親父殿の好きな飛行機をチラ見して来たり。






…と、いうようなネタをブログに上げるつもりでおったのですが、このドライブの一週間後、突然体調を崩した親父殿は二月四日の未明、搬送先の病院でそのまま逝ってしまいました。
ホントに突然。呆気ないものです。

奇しくも免許返納に行く予定だったのが翌二月五日。親父殿は希望通り、免許を返すことなく人生を終えた訳ですが、まぁそれはそれで良かったのかなと。


肉親が逝ってしまった実感も湧かないまま慣れない葬儀の段取りに追われ、同時進行の次男坊の受験も少々長引いたため、ここのところ何も手に付かない状態でした。
年明けからなにかと慌ただしいのは覚悟していたのですがねぇ。さすがに想定外。

そんなこんなしておりましたが、先月末に四十九日の法要を終え、仏事関係についてはやっと一段落したところです。
まだ事務的に処理しなければならない事項はいくつか残っておりますが、次男坊も落ち着き先が決まり、新年度に入って最近やっと気持ちに余裕が出てきたところです。

自分はもちろん、ここのところ他所様のブログなども訪問する余裕がありませんでしたが、またぼちぼちと始動しますのでよろしくお願いします。

折に触れて親父殿の思い出なんかも綴ってみようかな。







普通の日記 | 15:51:42
懐かしさも中くらいなり何とやら

ちょいと前のハナシですが、息子絡みの野暮用で、久しぶりに西東京の方面へ出掛けてきました。

ワタシ、学生時代の頃八王子に住んでいた事がありまして、久しぶりと言うのは実に約30年ぶり。

という訳で野暮用を済ませた後、ちょっと懐かしい所に足を伸ばしてみました。

母校入口。



ワタシが居た頃は専門学校でしたが、今では大学校というらしい。

下宿アパート近く。



この左手奥の方にアパートがあったけど、今はもう建物はありませんでした。


ちなみにここの正面を進んで行くと、多摩御陵という皇族の墓地があります。
大喪の礼の時、甲州街道を右手から来た車列はこの交差点を右折して御陵に向かったのですな。

しかし、30年ぶりの割には感動が今ひとつだったのは、ストリートビューで予習しちゃったからですかねー。

あれも便利だけど良し悪しだなぁ。(´ω`)

普通の日記 | 17:45:32 | Trackback(0) | Comments(4)
ちかれたび~からのBB
玄関へのアプローチを変更する関係で、朝も早よから庭木を二本移動しました。

ビフォーアフター



嫁さんと二人で腰が痛て~です(^_^;)。


で、夕方ワタシは長男と清水みなとの野外上映の会場へ。





この日やっていたのは懐かしブルースブラザーズ。
この環境、ブルースブラザーズにはぴったりのシチュエーションですなぁ。



似たような状況のシーンがいくつかあるので、前例に陣取っていた集団はかなり盛り上がっておりました。
仲間内でワイワイ見るのもたまにはイイかもです。





普通の日記 | 12:32:56 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ