■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
静岡ホビーショー2018 会場ウロウロ編
前回申し上げましたように、今年は1日しか参加しておりません。

企業ブースはともかく、海外参加組も増えました合同作品展に関しては、もうとっくに会場のキャパを超えておりまして、サテライト的な展示会場も設けられている次第。
じっくり見学するにはとても時間が足らないです。

余談ですがそういえば以前、作品展だけグランシップが会場になった時があったよーな記憶があるなぁ。
その頃はフリマもクラブ単位で、作りかけのジャンクとか安く売られていて面白かったなぁー。今は業者ばかりで、ありゃ果たしてフリマと呼べるのかしらん?

閑話休題、な訳で、駆け足で回った会場のほんの一部ですが、アンテナに引っかかった作品を紹介します。

さてさて、ワタシ的な今回の一番はなんと言ってもこの一台!ジャン!



USAエイティーンモデラーT2さんのラバーダックだぁ~!ひかえおろう!


いやー、久々に取り乱しましたよワタシ。
( ̄▽ ̄)
なんとこの1/25スケールのラバーダックは、この本で堂々と表紙を飾っている作例そのものなんでございます。



ハンドルを握るクリストファーソン氏まで再現された、決定版にして完全無欠のラバーダック号。
恥ずかしながら同じ本にワタシの1/64ラバーダックも掲載されておりまして、お願いして夢のコラボが実現しました~。



ワタシのは輸送中にミラーとタンクのパイプが脱落してしまいましたが、そんな事はどうでもよろしい。夢のようなツーショットにもう興奮しっぱなし。





やはりデカイな1/25。段違いの迫力にテンション上がりっぱなしでした。ラバーダック持ってきて良かったー。


で、18モデラーT2さん、もう一台こんなトラックも。



これまた超有名な「激突!」のタンクトレーラー。
容赦無いウェザリングが映画の不気味さを思い起こさせます。



いつかは…と思うトラックモデラーは多いと思いますが、なかなかハードルの高い個体ですね。念のため申し上げときますが、この2台ともそのものズバリのキットはありません。
特に、特徴的なタンクトレーラーは両車ともスクラッチされたものです。ちょっとお話しを聞いたら、ラバーダックの楕円形のタンクは海苔の缶(!)とのこと。
いやいや、どこにヒントが転がってるかわからないものですな。


もうこの2台が見れただけでも今回参加して良かった~って感じです


トラック関係ではこんなのも。

スーパーボス&パパトラック。



バンダグバンディット&ハイドアウトトラック。


製作されたのは別々のモデラーさんですが、荷台のレーシングトラックとお揃いのカラーリングが実にカッコイイっすねぇ~。
昔のキットですが、最近再販された模様。いつかは作りたいモデルです。


さてここからはアトランダムに。

昨年よりエントリーしている、「嫁さんの友達の旦那」さん。またこんなクルマを作ってきました。


工作技術もさることながら、塗装のなんとも丁寧なこと。
しかし一番の驚きは、昨年のホビーショーから11台製作したという事実でした。(@_@)。

で、気になるのは後ろに見えていたガレージ。




別の方の作品ですが、お気に入りのクルマをレストア中の、夢のようなガレージの風景。
なんと言ってもこのドンガラのローレルの再現度が凄いですね。


エンブレムを外したあとのリベット穴や内張の外されたドアパネルなど、通常のディテールアップとは逆方向の作り込みは見どころだらけです。


今年も勝手にムスタングサーチ。ムスタングマニアを自称しながらなかなかキットの箱を開けないワタシですがなにか。


66年のGT350と70年のBOSS429。
最近地元でこのハーツカラーの実車と二度ばかり遭遇したんですが、実にカッコ良かったー。


最近、リタイアしたらKP61が欲しいなとか本気で考えてたりします。


これレジンキットなんですねー。


物心付いた頃からカプリも好きなクルマです。


昔持ってたミニカーの記憶かな?


これは懐かしいキットですな。マルイのカウンタック。小学生の頃作りました。



これ、実に良いキットでして、上げ底ながらエンジン付き、インテリアも再現(確かシートベルト付き)されつつモーターライズ。ハンドル回すと前輪ステアするし、跳ね上げ式ドアも金属パーツを使っていて耐久性抜群。小学生が遊び倒すには最良のキットでした。
こちらは更にエンジンフードにメッシュを貼ってアップデートされていますね。


ドラッグレーサー2台。
リヤが持ち上がるファニーカーって珍しいかと。




全般にアメリカンモータースポーツ好きですが、その中でもおバカなヤツほど魅かれます。
あぁ、作りたいモノはたくさんあるなぁ。


懐かしい、友人が乗ってましたよ赤いレパード。


この作品のように内装が真っ赤っかで、乗ると目がチカチカしたものです。


中坊の頃、ディーラーに突撃してカタログをもらった最初のクルマ、初代XX。


動力性能はそれほど高くないですが、今でも好きなクルマです。


omitsudesuさん専用~




久々に映画が観たくなりました。映画「メガフォース」の戦闘バギー。


名前、メガクルーザーって言うんですな。



さて、門外漢でも説得力のある作品には思わず見入ってしまうわけでして、例えばこんなの。




実物にしか見えない(^◇^;)。


そのまま特撮に使えそうな超巨大モデルとか。


搬入搬出はどうやってんでしょ?


うん、こんなの作りたいぞ。


小型アンプの中というのがまたなんとも。


バイクの作品は、みなさんもう実車と変わらない精密さで製作されてます。



特になんじゃこれは。



もう、開いた口が塞がりません(^◇^;)。


さて最後に、思わずニヤッとさせられた遊び心のある作品を独断で3台ほど。

その1、ケンメリのタクシー~。


当時ホントにタクシー仕様があったらしいですね。足回りのセンスが絶妙です。

その2、セリカターボ風マークⅡ~。


こういう組み合わせ、考えるだけでも楽しいですね。

その3、サンダーバード2号~。


間違いました。サンバーバードでした。ワタシ的に今回の一等賞です。


今年はあいにく2日目の天候があまり良くなくて、例年より会場内がすいていたような気がしました。そのぶん、天気の良い土曜日に行こうと考えた人が多かったのか、初日は結構混雑が酷かったようです。

今年もいろいろな方に声をかけていただきまして有難い限りです。
ちょうど撤収の頃は雨が降って大変でしたねー。
皆さんお疲れ様でした。また来年お会いしましょう。
( ´ ▽ ` )ノ
















スポンサーサイト
模型寄りな話 | 12:38:45 | Comments(2)
静岡ホビーショー2018 身内編

去る5月の12.13日、恒例の静岡ホビーショーが開催されました。



ワタシの籍を置いてもらっているクラブ「コンストラック模型愛好会」は今年も合同作品展にエントリー。
例年、微力ながら2daysで参加しているワタシでありますが、今年は丁度12日が親父殿の100箇日法要とバッテイング。
まさか当主がプラモを優先する訳にもいきませんので、2日目のみの参加となりました。

と言っても夕方には到着して、夜のどんちゃん騒ぎにはしっかり参加してる訳ですが。(^^;)


という事で、いつものように我等のブースからレポなんぞを行ってみたいと思います。

トップバッターは毎度群馬の遠方から参加して頂いている石◯さんの馬匹運搬車。



馬匹と書いてばひつと読みます。
関東の方のファームまで実車を取材に行ったそうな。



実車に倣ってシャシはトラック、フロントマスクはバス。フロントドアから後部はスクラッチビルド。荷台部分のドアは全て開閉式になっており、お馬さんが入る内部もキッチリ再現されています。
またリヤゲートは開閉ケーブルが付き、糸を巻き取る事で開閉するというギミックが仕込まれています。



なかなか作例を見る事の無いクルマですが、昨今の競馬人気からか、今回の一番人気でした。案外どこかがモデル化しそうな予感がしたりして。


お次はいつもチョー細かい仕事をしてくるはぎ☆てつさんのミキサー車。



ミキサーの架装部分はこれまた全てスクラッチビルド。
ご自身が以前ミキサー車のオペレーターをしていたプロフェッショナルということもあり、その拘りの作り込みは圧巻です。



いつもの事ですが、あまりにもキレイに仕上がっているので、こんなキットがあるんじゃないかと思われてたようですね。

製作過程に興味のある方はこちら、「はぎ☆てつのプラモ部屋」へどうぞ。




さてこちらは1/24のスペシャリスト。たかぼうさんの新作はF3型 特型警備車。



暴徒鎮圧用の警察車両。
無粋な輩には放水しちゃうわよーと、壇上で睨みを効かせておりました。

当然ながらこちらもまたフルスクラッチ。スケール感が掴みにくい車両ですが、実車は8トントラックがベースとかでかなりデカイです。



たかぼうさんお家芸の電飾も仕込まれていますが、ヘッドランプとハザードランプ、それと回転灯が全て違うパターンで点灯、点滅しています。
どうなっているのか、説明されてもワタシにはおそらく理解不能。
こちら「工作って楽しいね」で技術をパクリましょう。



こちらは前回より参加、今年無理矢理正式メンバーに取り込まれましたヤングエリート、ターボ君の作品。
1/24の日産ディーゼル サングレイト。



60年代後半のトラックですが、一番の若人が一番古いトラックを作ってくるという…(^^;)。

これまたキャブなどはスクラッチビルドの力作なわけですが、その情熱と勢いは凄いの一言。ジジイはケツを引っ叩かれたような気分になりますな。
元気をもらうとはこういうことか。

今回ターボ君は乗用車も沢山並べてくれました。



ヤングエリートと呼ばれるゆえんがチラリとな。


お次です。会長さんの作品。エルフ。




地味(失礼)ですが、実は輸出仕様の左ハンドル車です。



パネルバンのボディもスクラッチです。地味だがマニアック度は高いのです。


お馴染みFDさんのダンプトレーラーは相変わらずの大迫力。



そこにならぶMackのR685は、遥々神戸から参加のHKさんの作品。




素組みなんで…と謙遜しつつも、しっかりと2ホールのバドホイールに交換されてるとこなんかニクいねこの。

久しぶりの参加ですが、実は古参会員のHKさん、この次はどんなモデルをチョイスするのか楽しみです。

にしても、この年代が2台並ぶとそれだくでゾクゾクしますな。(オラだけか?)




で、ワタシめですが、今年も新作はありません。またまた堂々と他人のふんどしで相撲を取ってまいりました 。あしからず。
m(_ _)m

とりあえずいつものバッファロー号とラバーダックは持参。言ってみればこの2台は名刺がわりと言いますか、「あー今年も来てるのね」的なアイコンということでご勘弁。

でもまぁ何も無いのもちょっと申し訳ないので、新作ではありませんが、長年放置していた作りかけを試しに持って行ってみました。



某有名トラックがモチーフなんですが、まぁ未完成ダモンデ詳細はまたいずれと言うことで。

たかぼうさんのFVちゃんにさらわれるの図。




次回、他所様編に続きます。

模型寄りな話 | 00:36:06 | Comments(0)
もうさすがに限界か
何年も前の作品でいつまでもネタを引っ張るのはさすがに気が引けるというか、自分でもどうかと思いますが…






カミオンという雑誌にバッファロー号が載りました~(^。^)。やはりうれしいモノはうれしい。

コンビニにも置いてたりしますんで、おヒマなら立ち読みしてね。ホント恐縮です。

模型寄りな話 | 23:21:46 | Trackback(0) | Comments(7)
静岡ホビーショー2017 番外編
ホビーショーから早くも半月過ぎてしまいましたが、いま少しそれ絡みの話で引っ張ります。

今回の作品展、ワタシの参加しているクラブに縁のある、ある有名なお方の作品が密かに展示されておりました。

その作品はこちら。



見る人が見るとすぐわかるらしいのですが、二台とも沖縄仕様(と言うか沖縄独特のカスタム)のダンプです。



二段のバンパーやら米軍払い下げのミラーなどが特徴なんだとか。


コレを製作したのはH氏という超凄腕モデラー。
某建設機械雑誌において、不定期に建機模型の作例を製作してたりしますので、ご存知の方も多いかと思います。(有名な方ですけど、一応伏字で)

H氏自身の来場はかないませんでしたが、このダンプ模型の依頼主様(こちらも某雑誌関係の、名の知られたお方)が、H氏の作品をぜひ多くの方に見てもらいたいと多方面に尽力され、今回作品展への展示が実現したということのようです。(ウチにオファーがあれば二つ返事でスペースを空けたのですがね~)



あまり派手な部分もなく、一見、サクッと組み上げているだけのようにも見えますが、一世代前のキット故、下地の処理だけでも数ヶ月費やしたという、とても丁寧に仕上げられた作品です。





さて、ウチのクラブの古参メンバーは、ある感慨を持ってこの作品達を眺めていました。というのも、ウチのクラブの発足当初、H氏もメンバーとして何度か参加して頂いた事があるんです。

それ以前から、H氏の超絶フルディテールフルスクラッチの建設機械模型はたびたび模型雑誌で特集されておりましてー





いやはやすごい人がいるもんだな~と感心していたのですが、幸運にも2003年のホビーショーの作品展でご一緒する機会に恵まれ、その博物館級の作品を目の当たりにして今まで食らったことのない衝撃を受けたのでした。

その衝撃はいかほどのものだったのかって?
百聞は一見に如かず、ワタシのアルバムの中から、過去に静岡ホビーショー合同作品展に出品され、ナマで見たことのあるH氏の作品を引っ張り出してきましたので、ホンの一部ですがご覧いただきましょう。(特に注釈のないものは基本的にフルスクラッチです)

とにかく一番びっくらこいたのが、このCATのモータスクレーパー。ぜひ画像拡大してご覧あれ。







CATのD10。1/32スケールです。(一部画像処理してます)後に模型雑誌にて特集されました。



キャタピラの一枚一枚が数個のパーツから作られています。


このCAT D9はなんと紙製(!)見た目と裏腹にすごく軽いです。




当時のブース全景。半分はH氏の作品群。



1/32のトラックモデルと比較すると巨大さや繊細さが判るかと。




アスファルトフィニッシャーまで。メーカーはニイガタだったかな?







↓これがもうツボで…




MFと言うメーカーのバックホゥ。子供の頃の記憶を頼りに、改めて実車取材をしたと言う、H氏思い入れの一台。






ジオラマもあります。傘の繊細さと言ったらもう…




剣道グリルのUDダンプ。これはかなり昔の作品だとか。








別の機会にお目にかかったCATのショベルカー。ダイキャスト完成品ではありません。








同じく、プロフィアのセルフローダー。
一応アオシマのキットがベースですが、タイヤも含めてほぼスクラッチビルド。
これも後に雑誌にて紹介されています。











いかがでしょうか。多少にかかわらずプラモの改造をやった事のある方なら、これらの作品の凄さを感じて頂けるんじゃないかと思います。

紹介したのはホンの一部ですが、改めて思い起こすと、当時は興奮しすぎて全てを写真に収めきれていませんでした。

そんなH氏の作品を久しぶりに生で見れたのですから、そりゃ~興奮してしまいますって。

H氏は特殊な工作機器などは一切使用せず、また、基本的にプラ板プラ棒の加工やパテ盛り修正でほぼ全ての作品を製作しています。デカールの無い場合、マーキング類は全て手描き。素材が紙のモデルなどもありますが、その質感から紙で出来ているとは全くわかりません。
製作についてお話を聞くと、ただひたすら切った貼った曲げた盛った削ったをコツコツとやっているだけだとか。その根気と繊細な作業は想像しただけでもクラクラしてしまいます。

この作品群を目の当たりにし、製作秘話を聞かせて頂いた事で「プラ板プラ棒で出来ないものはないのだっ (`ω´ ) 」ということを思い知らされました。後々の自分の作風に多大なる影響を受けたのは言うまでもありません。

とは言っても、到底真似のできるレベルではありませんからねぇ…(^_^;)。
とりあえず流用できそうなモノを物色しまくるワタシとは、スクラッチビルドに対する姿勢が全く違います。


H氏とはホビーショーでご一緒して以降、たまに近況のやりとりなどをして懇意にして頂いておりますが、いろいろな事情もあり、現状はなかなか静岡まで足を運べる状況になくていらっしゃるのが残念です。

でもいずれまた、超弩級の作品を持って作品展に参加して頂ける日が来ると信じていますので、気長に待ちましょうかね。
また機会を見て、改めてH氏の作品を紹介できればと思っています。





↑実はH氏、イラストのウデも凄いんです。








模型寄りな話 | 22:36:33 | Trackback(0) | Comments(2)
静岡ホビーショー2017 その2
さてさて、ホビーショー2日目。
ここでは他所様のブースをウロついて目を引いた作品をご紹介。

まずはトラック絡みの作品達を。
いつも打ち上げでご一緒する、某トラックデーラーのメカニックにしてダンプトラックのオーソリティ、K島氏のダンプトレーラー。



ダンプトレーラー部分はフレームから完全スクラッチの力作です。しかも1/24。




ブース変わりましてケンワースK100エアロダインのレッカー車。



レッカーボディ部分は他キットからの移植ですが、この作品を見てピンときた方はかなりのアメリカントラックマニア。
実はこのカラーリング、とあるアメリカントラック写真集(洋書)の後半に載っている個体をモチーフにしているんですね。

実はワタシも同じ個体の製作を目論んだ事がありまして、やはり模型になるとかなりカッコいい。好き者の考えることは一緒だなぁと実感した一台です。

こちらはピートの359。



ワタシのレッカーと似てますが、更に年式の古いタイプです。ドアとかウィンドウが違ったりするんだけど細かすぎて伝わらないか(^_^;)。


味のある表情はフォードのC600。




ブース変わりましてインターナショナルのプロスター。キャリアカーを引っ張るとかなりの巨体です。





塗装が綺麗だなぁ。一緒に写っているアメリカンポリスもイイですね。


さてさて、スケールモータースポーツのブースへ、カズキさんのF1を見に行きましたらば~




F1群に混じってこんなモデルが!
おぉ~!スーパーボス(白)とバンダグバンディット(黒)の揃い踏みだぁ~!





いつかは作ってみたい憧れのキット。完成品を生で見たのは初めてです。う~、チョーカッケー。


さて、こちらは企業ブースですが…



再販モノのマックRの完成品が展示されていました。ボックスアートそのままの仕上げもなかなかイイですね。



さて、今回は驚いた事に、嫁さんの友達の旦那さんがお向かいのブースで初参加していました。

早速ご挨拶。ナルホド、こういう系がお好きなんですな。



エンジン三段逆スライドのGT-RとZも。





このR32、よく見るとインターセプター仕様となっています。排気管が左右3本づつというのがマジメですね。

ということでチョロQと記念撮影。





さてさて、ここからはジャンルも適当に。反射的にカメラを向けてしまった作品を一気に紹介します。

510ブルのラリー仕様は有名ですが…



サニトラも参戦してたんですねぇ。






手前の1/24と比べるとチョー巨大なハコスカ。



超精密なだけにピラーの分割ラインが惜しいですが、もしかしてコレが噂のデアゴスティーニ?


シェルビーいいな~。ムスタング関係、今回少なかったような気が。




コレはなんだかすごい。カッコいい。フェンダーから出てる排気管がタダモノではないです。






これもカッコいいな~。



以前、白いダブルキャブ(4WD)に乗っていた頃、このカラーリングにしようと画策していたのを思い出します。


木で作るツワモノも。



チョロQをいじる方もいますね。それにしてもチョー細かな仕事です。





サビ具合がかなりリアルなハコスカ。




有名ジオラマ作家さんの作品も。



小学生の頃、初めてカウンタックを見た時の興奮を思い出しますね。


塗装も含め、絵画のようなジオラマ。







工場萌えもありの




建設中のお城もありの




なんだかわかりませんがこんなん細かすぎて…



ビル一棟、5ミリ角ぐらいですよ。




シン・ゴジラのワンシーンや




スターウォーズは根強い人気です。






そうそう、タミヤブースに1/1が鎮座してました~。




てな感じで2日間、楽しい時間はあっという間ですね。
紹介できたのはホビーショーのほんの一部ですが、少しでも会場の熱気が伝われば良いなと思っとります。

参加のみなさんお疲れ様でした。また来年もよろしくです(^。^)。




↑密かにコレ欲しいかも。


模型寄りな話 | 12:27:30 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。