■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
オプティマスちょこっとお色直し
久しぶりに明るい所に出て来たオプティマス。

optimus prime

一応完成してはいるものの、久しぶりに改めて眺めてみると、やはりラストの突貫工事感が否めません。

特に燃料タンク。若干寸足らずなのと、メタルックシワシワ感な仕上がりは以前から直したかった部分です。
ホビーショーに連れて行き、人前にお披露目するにはちょいとアレな部分もあるので、改修することにしました。

で、密かに調達していたパーツがコレ。

IMG_1034.jpg

ホームセンターにあったパイプ。水道管でしょうか?太さも長さも丁度良い。

それと100均で見つけたコレ。
IMG_1030.jpg

くるみボタンって言うヤツですね。嫁さんもたまに作るんでモノは知っていたのですが、このサイズを発見した時は感動しました。

で、この二つがどうなるかと言いますと、これが測ったようにピッタリ合うんですよ(T ^ T)。
IMG_1033.jpg

このカタチ、もう燃料タンクそのものじゃありませんか。(ってオラだけ?)

ステーはプラ板で工作。あまり見えない部分は相変わらずテキトーです。
IMG_1032.jpg

タンクもバンドもステンレステープを貼り付けているので金属感は申し分なし。
IMG_1031.jpg

実車はアルミバフがけの鏡面仕上げなんで、若干光り方が違うんですけどね^_^;。

IMG_1029.jpg 

給油口のディテールがなかったり実車と比べるとちょっと長すぎたりしましたが、見た目はかなりスッキリしました。隙間がなくなってかえってカッコイイかも。(^^)

できれば塗装のファイヤーパターンにライトブルーの縁取りを入れたかったんですが、この状態で強行すると大失敗は明らかなのでやめときました(ー ー;)。

如何せんもうバラせませんのでねぇ〜(~_~;)とりあえずこの状態で参加させましょ。















スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

オプティマス製作記 | 11:09:33 | Trackback(0) | Comments(4)
オプティマスプライム製作記~番外編
さて、某模型雑誌のコンテストに投稿していたオプティマスプライムですが、先日その結果発表がありましたのでご報告。

本はコレ。『モデルカーズ8月号』
110629_004837.jpg

お題は『モデルトラックコンテスト2011』の外国車部門です。

で、ココに載ってます(^^)。
110629_004808.jpg 110629_004828.jpg

まぁ入賞はなりませんでしたが、上位の方々の作品はいずれも力作揃い。
この位置に載っただけでもヨカッタヨカッタ( ^ω^)。
思い入れのある作品なので、いい記念になりました。

ワタシよりも子供のほうが興奮してたりするんだな、これが。


さて、この『モデルカーズ』という雑誌。普段は特集テーマに沿ったクルマの模型作例やミニカーなどが紹介されとるのですが、今回はちょっと趣向が違っておりまして、あるプロモデラーの製作過程を、箱を開ける所から完成まで、こと細かに紹介、解説しています。

ちょいと紹介しますと、プロはここまでやるのか!と、驚きの連続。
初心者がコレを読んだら逆に製作意欲が萎えてしまうのでは?ってくらい、匠の技が炸裂しています。

ただその内容は、キットをできるだけ実車に近付ける為の修正、調整作業がほとんど。
派手なディテールアップ改造とは違った、どちらかと言うと地味な作業ではありますが、それらを積み重ねる事によって得られる完成品のクオリティーは素晴らしいの一言です。
いやー、勉強になるわ~。真似できないけど。


余談ですが、別の本で『自動車模型の作り方』というのがあります。
514Ktmm3O7L__SL500_.jpg

こちらもあるプロモデラーの製作解説なんですが、モデラーそれぞれに培った独自のこだわりやノウハウがあるようで、比較してみると使用する道具やマテリアル、塗装の手順など、かなり異なった部分がありました。
無論、仕上がりはいずれ劣らぬ素晴らしいモノ。

つまり模型作りに王道は無いという事ですかね。

ただ、いずれも共通しているのは確固たるイメージと超丁寧な作業。
ワタシも次回作にはいろいろ参考にさせていただきます。


二冊とも、現在書店に並んどりますので、ご用とお急ぎでない方はぜひお立ち読み下さい。(高いから買わなくていいです)


テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

オプティマス製作記 | 22:24:31 | Trackback(0) | Comments(4)
オプティマス プライム製作記 怒涛の完結編Part4~最終章~
長かった(自分がサボってただけだが)オプティマスプライム製作記ですが、やっと完結となりました。(最終章ってのは大袈裟か)

さぁ、いよいよ最後の大事なパーツです。

◎エンブレム
Save0003.jpg
フロントグリル上部に付いている「オートボット」のマーク。

宿敵の「ディセプティコン」とはこのマークで識別するのですね。
transformers_0008.jpg ←こいつは悪役のバリケード。

まずは「顔」の部分ですが、拾い画像をフォトショップで調整してシール紙にプリントアウト。
110522_155438.jpg
現物合わせでバランスを見る為、3種類のサイズを作りました。

ベース部分はアルミのチャンネル材からの削り出し。
110518_200406.jpg

おぉ、我ながら上手いじゃん?

でもってこれを取り付けまして…
DSCN6744.jpg
以上で完成!!

optimus prime optimus plime

optimus prime optimus prime

optimus prime optimus prime

optimus prime optimus prime

optimus prime optimus prime 1

こんな感じで仕上がりました。まぁまぁイメージ通りにできたのでおおむね満足です。

★反省点
全体的には満足いく仕上がりなんですが、やはり気になる点はいくつかあります。
タイヤ&ホイールのサイズとデザインが違うのはまぁ仕方ないとして、ここまでやったら燃料タンクも新造すればよかったかな。チト短いですね。
ミラーステーもなんかびっこだし、プラパーツの食いつきが悪くてヒビ割れてる所もあるしなー。
バイザーもちょっと心残りだし、アップにするとけっこうやばい所はありますね。あとは塗装の丁寧さがもうちょっとでした。

じゃあもっと時間かけりゃ良かったじゃん?って話なんですが、実は今回、後半が突貫工事になってしまったのには、映画公開に間に合わせるのともうひとつ理由があったのです。
それは某模型雑誌のトラックモデルコンテストという企画へのエントリーを決めたからなのでした。

締め切りギリギリまで作業してなんとか間に合わせたので、終盤、若干雑な作業だったことは否めませんが、まぁ元のモデルと比べれば格段にカッチョ良くなったので、良しとします。


思えば、長男と「トランスフォーマー」のDVDを見たのがきっかけで手を付けたミニチュアカーの改造。
その当時5年生だった長男も、もう中二になってしまいました。
彼はその「トランスフォーマー」の映画がきっかけで、現在無類の映画マニアになっております。

途中何度か心が折れそうになりましたが、コレが完成して子供達が「凄い!」と言ってくれたのが、なにより一番報われましたね。



テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

オプティマス製作記 | 18:28:51 | Trackback(0) | Comments(3)
オプティマスプライム製作記 怒涛の完結編 Part3
さてさて、いよいよ大詰め。いままでのスローペースが嘘のようですな。

◎補機類仕上げ

まずは燃料タンクとリヤフェンダー間の道具箱を基本的なプラバン工作で製作。

それから、ステップボックス、燃料タンク、道具箱に光りモノ表現を施します。
110512_235030.jpg

主にメタルックですが、ステップボックスには一部に百均のキラキラテープを使用。コレがなかなかのメッキ感で結構使えます。
110524_172229.jpg

110519_001037.jpg 左側が新造したもの。側面がキラテープ。

ま、曲面にはなじまないんで平面オンリーですがね。もっと幅広のやつがあると更に使えるアイテムなんだけどな。

それにしてもオラはメタルック貼るの下手くそだなぁ。燃料タンクがどうにも上手く貼れない……。
元パーツの使用にこだわらないで、アルミパイプなんかでで作り直せば良かったかな…。

◎ハブカバー

実車のタイヤは偏平タイプでホイールのデザインも若干違いますがそのまま使用します。
たまたま丁度いい素材があったので、ハブのカバーを再現しました。
110520_000311.jpg

◎サンバイザー

この辺はもう勢いで、写真を参考に型紙を作ります。
110520_011956.jpg
黒いのは元パーツ。

アルミ板を切り出して…
110520_222121.jpg

こんな感じかな。
110520_223043.jpg

リベットの表現もぬかりなく。

◎ルーフマーカー

元パーツのランプ部分を切り取って、例の青レンズを貼付け。あと、メッキパイプをバイザー風に切り出して追加。この辺も勢いで。
しかし、二個足りないので4ミリのリベット軸から削り出して製作。
110518_153813.jpg

これもメタルック貼りづらい…。
110521_215755.jpg

◎ヘディックラック

リヤビューの最大のアクセント、ヘディックラック。
積み荷がズレてキャブに突っ込むのを防ぐパーツで、キャブガードとも呼ばれています。
2633217808_cc19422b69_o.jpg

写真とにらめっこして寸法を割り出したらプラ材を切り出します。
110521_074711.jpg

こうやって定規に固定すると作業がやり易い。
110521_122337.jpg

で、部品がでけた。
110521_232146.jpg

ここは平らなのでキラキラテープが活躍。これがとてもイイ感じ。縁の部分は苦手のメタルックで。
110522_085949.jpg

下側の箱も勢いで作る。ここもキラテープ。
110522_125515.jpg

これは取り付けステー。使用したのはエバーグリーンの4ミリH鋼。
110522_130416.jpg 110521_232132.jpg

本来は建築模型用の素材ですが、実に便利な形状。

チェーンはこれ。ダイソーで調達。
110522_131351.jpg

フックも作ります。
110522_103946.jpg

できました。
110522_134954.jpg

キラキラテープ、なかなかのコストパフォーマンスであるぞ。

◎リヤガーニッシュ&テールランプ

さぁ、やっと一番後ろのパーツです。
テールランプは市販の汎用パーツ(キャラモデル用?)と、極小のデコストーン(百均)でそれらしくごまかします。
110522_135549.jpg DSCN6690_convert_20110601000009.jpg アップには耐えられんな…

ほんとはもっと細かいんだけどね。

リヤセンターのガーニッシュも勢いで作って、リヤビューの完成!
DSCN6697.jpg


さて、次回はいよいよPart4(最終章)です。

テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

オプティマス製作記 | 00:16:00 | Trackback(0) | Comments(2)
オプティマスプライム製作記 怒涛の完結編 Part2
さて、さっそく続き続き。

◎サイドの青マーカー帯

帯は0.3ミリ厚のアルミ板。マーカーランプはバンパーと同じ。あ、一応足付けのためにマーカー裏側のアルミ板に1ミリの穴を開けてます。
ドア下側はフェンダー後部のエクステンションも取り付けます。
110416_121039.jpg

取り付けると…

110416_163736.jpg
にぎやかになってきました。

◎ヘッドライト
ヘッドライトは他のキット(AMTピート359)から流用ですが、ステーは自作。
DSCN6651_convert_20110529180734.jpg
意外にカタチが取りにくかったし、メタルックも貼りにくい…。

◎ヘッドライト下の何か

これはもう試行錯誤の連続で何個か失敗しましたが、最終的にこのカタチで良しとしました。
地味な部分ですが苦労したパーツです。
110509_230631.jpg 110509_234611.jpg
楕円のレンズ部分は百均にあった半透明のペンスタンドを破壊して調達。

◎フロントグリル

ここのメッキ表現にはお馴染みメタルックを使用。モールドなどによく馴染む半面、小さなキズも浮き出てしまうので下地処理の丁寧さがモノをいいます。
それでもシワなく貼るのは結構大変で、このパーツは6分割で貼っています。
110510_012447.jpg

先に作ってあったグリルを組み付けました。茶こしのメッシュはやはり粗かったので、ハンズで買ったもっと細かいメッシュに変えています。

苦労の甲斐あってイイ顔(?)になりました。
110512_022231_20110529181046.jpg

ついでにバンパー取り付けボルトの表現をプラスしました。
使ったのは「さかつう」製のディティールアップパーツ「極小ボルト」。以前ストックしていたものです。
DSCN6717.jpg

「さかつう」さんはもうカーモデル関係のパーツをやめてしまったそうなので、結構貴重品だったりして。

◎エアクリーナーケース

元のヤツと比べるとかなりディティールが違いますから、これも作り直します。
DSCN27151conv.jpg transform28.jpg

芯になる丸パイプは百均で見つけた掃除用具の柄。
フタの部分は手持ちのジャンクパーツを適当に加工。割とシンプルなディティールなんで、アルミテープを巻くだけでそれっぽくなります。
110519_225355.jpg

エア取り入れ口のメッシュがワンポイント。
エアクリーナ前部のマーカーランプも作ります。
110519_231504.jpg

◎バックミラー

これも元パーツはかなり省略されたディティール。加えてパーティングライン(形成時のスジ)そのままの上にメッキされているので見た目がよくありません。
DSCN2715conv.jpg

で、作ります。
写真を参考に1.2ミリのアルミパイプでパーツを作って組み合わせます。
110513_201654.jpg

非常に泣きの入る作業です。(マゾかオレは)
110517_014725.jpg

こんな感じに出来ました。まあまあかな。
110519_233225.jpg

ほんとは細いメッキパイプがあれば良かったんだけどね。
ミラー自体は元のパーツを使いましたが、鏡面はキラテープを貼りました。
今回アンダーミラーは割愛です。(手抜き)


ふぃ~、続きはPart3で。

テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

オプティマス製作記 | 22:34:12 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad