■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
OUT OF CONTROL
out of control


84年にリリースされた、ブラジョン七枚目のアルバム『アウトオブコントロール』。
情報が乏しかった当時、ルイスのセッション活動はちらほら耳にするものの、ブラジョンとしてのアナウンスは無く、前作が呼んだ憶測も合わせて「ブラジョン解散か?」と考えたりもしていましたが、本作の発表でほっと一安心という感じでした。
その内容はと言うと、兄弟和解したのか共同プロデュースで、ちゃんと兄弟共演しております。

曲の方はどうかと言うと、これが善くも悪くも80年代真っ只中。基本的に打ち込みドラムにシンセベースというリズム隊。
打ち込みがすべて悪いとは思いませんが、ちょっとこの頃のは過渡期といった感じ。てんこ盛りの電子音の中に生のプレイが埋もれてしまっているように感じます。シンセなんだか生なんだかはっきりしないベースに打ち込みのバスドラムがかぶっちゃってますますよくわからない。
「ユーキープミーカミンバック」、「ドゥヤ」、「アウトオブコントロール」など、ルイスのチョッパーもちゃんとフィーチャーされていますが、シンセベースとのバランスを考えてか、やけに軽い音で迫力に欠けます。それゆえに、あまり「コピーしたいっ!」って感じがしないんですね。
参加ミュージシャンというのもはっきりクレジットされていないので、どこまでが「演奏」なんだかもよくわかりません。

当時の音楽シーンが概ねこういう傾向でしたからねぇ。まぁそれでも当時は良く聴いていました。軽薄短小な方向への世の中の流れに、ブラジョンも流されちゃったという事かな・・・(この辺、語彙が少なくてうまく表現できませんが・・・)
ファンとしては、ブランクを吹き飛ばすような、ストンプスタイルのベースソロ曲が一発欲しかったですねぇ。

そんな中で、コピーしたい度が高いのはインスト曲の「トーキョー」。ルイスのパーカッシブなチョッパーのフレーズが核になり、トランペットや琴(!)がメロディを乗せています。(このベースパターンはルイスの教則ビデオPart1 で解説されています。)

で、余談。前作『ブラスト』まで、ヴォーカルとしてその名を連ねていたルイスの奥さん、ヴァレリージョンソンですが、本作ではその名は無く、ルイスのスペシャルサンクスとしてTOMOKOという日本人の名がクレジットされています。ルイスが再婚したのはこの頃でしょうかね?
同84年に松任谷由実の『NO SIDE』に参加したり、ジョージデュークと二年連続で来日するなど、この頃の彼はかなり日本寄りだったようです。
「トーキョー」と言う曲にはルイスの特別な思い入れがあるのかな・・・。


スポンサーサイト
ルイス寄りなアルバムレビュー | 00:17:21 | Trackback(0) | Comments(0)
本日貸切~。
whoooo


たまには普通の日記。
ワタシの住んでいる地区では、子供は4年生にならないと自転車で公道を走る事ができません。
だからそれまでは、こうやって公園などに自転車持参で遠征するのです。

コイツは下のチビ(2年生ナリ)。先に公道デビューを果たした兄貴に置いてかれたので、ワタシと公園でサイクリング。

普段は結構にぎやかな中央公園ですが、なぜかこの日、土曜日だと言うのに公園はガラガラ。ほとんど貸し切り状態でありました。

平和やねぇ~。

普通の日記 | 23:27:35 | Trackback(0) | Comments(3)
BLAST!
blast!


ウイナーズの一年後、82年にリリースされたブラジョン六枚目のアルバム「ブラスト」。
なんというか、いろいろ考えさせられる一枚です。

アルバムはA面が新曲、B面が今までのベストという構成。はっきり言って新曲は4曲だけです。当時はこういう形態が一時流行ったらしいけど、はっきり言ってB面には一度も針を落としてません。(あ、CD世代には通じない表現か?)
で、新曲の4曲はどうかと言うと、これが完全な分業体制。
ルイスチームが2曲とジョージチームが2曲で、曲作りから演奏まで兄弟別々。ルイスのチョッパーが聞けるのは唯一、ルイス側の曲「ウエルカムトゥザクラブ」だけ。ベースソロこそ無いものの、この曲はなかなかカッコイイ!で、なぜかこの曲のみにジョージがボーカルで参加しています。
ジョージ側の曲「グレイトアウェイキング」では、またまたジョージがルイス風のチョッパーを披露していますが、その意図は?なぜルイスに弾かせないの?前作『ウイナーズ』の時の一抹の不安が的中してしまったかのような展開に、正直がっかりしました。これじゃ、兄弟不仲が噂されても仕方ないなぁ・・・。

でもねぇ、ルイスがねぇ、ルイスの曲「ファンクイット」で、兄弟の生い立ちを切々と歌ってるんですよ。わざわざチョッパー封印して。「俺達はファンキーバンドを始めた」とか「俺達はデュード(クインシージョーンズ)に出会ったんだ」とかね・・・。
これを聴くと、ルイスとしては兄弟の関係修復を図ろうとがんばっていたんじゃないかな・・・と思ったりもします。「もういちど昔のようにやろうよ、兄貴!」ってね。
まぁ、あくまでもルイス側に立った憶測ではありますが・・・。

ジャケット写真はカッコいいですよ。久々に楽器を構えてて。でもルイスがベースじゃなくギターを構えているはどういう事?

ジャケット裏の仲良しショットも??。「そんな仲いいんなら一緒にやりなさい!」  ・・・まったくもう。

brothers



ルイス寄りなアルバムレビュー | 16:51:16 | Trackback(0) | Comments(0)
RIGHT ON TIME
right on time


しばらくパソコンが調子悪くて更新が延びてしまった・・・。気を取り直してアルバムレビュー、行ってみよ!

さて、77年リリースのブラジョン二枚目のアルバム、「ライトオンタイム」。前作よりちょっとテンポアップして、ポップ寄りになって聴きやすくなったかな?

このアルバムもブラジョンのスタンダードなナンバーが揃っています。
アルバムタイトルの「ライトオンタイム」、クールなインスト曲の「Q」(クインシーの“Q”ね)、「フリーユアセルフビーユアセルフ」などなど、チョッパーのキレも良い。

中でもイチ押しは名曲、「ストロベリーレター23」かな。ルイスのベースもさることながら、兄者の絞り出すようなビブラートのボーカルが効いてます。やっぱこの声じゃないとね、ブラザーズジョンソンは。
ブラジョンの魅力って、ルイスのチョッパーべースとジョージのボーカル&ギターカッティングの絶妙な絡み合いなんだよな~、と再認識させてくれるアルバムです。

このアルバムでのルイスの使用ベースですが、ジャケット写真にも見えるようにアレンビックを使っているようです。ライナーにも『TheBrothersJohnson use Gibson、Fender、&Alembic Guitars&Basses.Because they are the Best!』と、しっかりと書かれています。やっぱりルイスが弾くとスタンリークラークのようには聴こえないから不思議なもんです。

しかし!その文章の上にあるライブの写真。ん?アナタ、それはスティングレイではありませんか?
スティングレイが世に出たのは1976年の事ですから、まだ発売されたばかりの頃、アレンビックの余韻も冷めぬうちに、早々にライブで使用するとは、相当一発で気に入ってしまったんでしょうね~。(それとも単なる新しモノ好きか?)
sr?



ルイス寄りなアルバムレビュー | 23:27:10 | Trackback(0) | Comments(0)
LOOK OUT FOR #1
LookOutFor#1

すべてはここから始まった・・・。

ブラジョンの記念すべきデビューアルバム、76年リリースの『ルックアウトフォー#1』。このジャケット写真、もうファンキー丸出しでいいですね。ルイスの手のデカイ事!

この頃はジャケット写真でもわかるように、フェンダープレシジョンベースを使用しています。曲のほうは全体的にまったり、もったりとした70年代ファンクのリズムで、パッシブベースのチョッパーサウンドとあいまって、実にいい感じの雰囲気を醸し出しております。
まだ、それ程ルイスのチョッパーを前面に押し出してるといった感じではありませんが、おなじみの「ゲットザファンク」やクールなインスト曲の「サンダーサムズ&ライトニンリックス」、また、スローナンバーですが最近カバーされてCMでも使われた「アイルビー・グッドトゥユー」や「トゥモロー」など、ブラジョンの基本とも言える名曲がいっぱいです。ビートルズのカバーである「カム・トゥゲザー」のヘビーさもなかなか。
一応参加ミュージシャンなど紹介しますと、リー・リトナー、デイブ・グルーシン、ハービーメイソン、ビリーコブハム等々。この顔ぶれを見てもクインシージョーンズのブラジョンに対する力の入れ具合がわかります。

ワタシのイチ押しは「サンダーサムズ&ライトニンリックス」。ブラザーズ・ジョンソンと言うユニットのカラーを、最もよく表したタイトルと曲。やっぱなんつったって「雷の親指」です。時にルイスジョンソン若干21才!。初めてこのベースサウンドを聴いた、当時のベースプレイヤー達はさぞ大騒ぎだったんだろうな・・・。

76年っていうとワタシは6年生かぁ~。まだベースはおろか洋楽なんて聴きもしない小僧でしたねぇ。


ルイス寄りなアルバムレビュー | 23:17:06 | Trackback(0) | Comments(2)
1000!
右も左もわからずに、とりあえず始めてしまったブログですが、アクセスカウンターが1000を超えました。

これが「もう」なんだか「やっと」なんだかわかりませんが、ワタシ的には「もう?」と言った感じです。まぁ、1/3くらいは自分なのかな?ベテランブロガーの方々からすれば「1000くらいで何を言っとる」と言われそうですが、それでもこんな独り言を見に来てくれる方々がいると思うと、なんだか不思議な感じですね。最初はホントに自分だけの記録になると思ってたから。
人に見られてると思うと、もっと更新マメにしなきゃな~とは思うんですが、なにしろ文才が無いもんで文章考えるのに時間ばかりかかってしまいます。がんばらなきゃね。

いつも覗きに来てくれるみなさんに感謝。これからも気長にお付き合いくださいm(__)m
noah



普通の日記 | 01:29:29 | Trackback(0) | Comments(0)
WINNERS
winners

81年リリースのブラジョン五枚目のアルバム『ウイナーズ』。まさに鳴り物入りで発表されたアルバムでしたが・・・

前作の『ライトアップザナイト』までは、御大クインシージョーンズのプロデュースでアルバムを製作してきましたが、この「ウイナーズ」ではブラジョンが自らセルフプロデュースを行っています。また、ゲストミュージシャンにTOTOのメンバーを迎え、なんとも豪華な顔ぶれ。と、言うことで、いやがおうにも期待は盛り上がるのですが、いざ聴いてみると「う~ん?」。今までのブラジョンと、なーんか違うんです。セルフプロデュースとした事でクインシー色が消えたのと合わせ、ロック色が強く出たのが、アルバム全体に感じられる違和感の原因かな・・・。
まあ、セルフプロデュースになったのはクインシーが忙しすぎてスケジュールが合わなかったからだし、もともとビートルズのナンバーをカバーしたりするくらい彼らはロックが好き。だから彼らにしてみればやりたいことが出来たアルバム・・・なのかな?

でもねぇ、ルイスファンとしてはどうしても納得いかない。ワタシが思うに、意図的にチョッパーを「封印」してるんでないかという気がするんです。一曲目の「リアルシング」はアルバムのハイライト曲で、シングルカットもされていますが、なぜかルイスのチョッパーは聴けずじまい。アップテンポのカッコイイ曲で、「もうすぐベースソロかな?」とわくわくしながら聴いていたにもかかわらず、何事も無くフェードアウトしてしまい、がっかりした覚えがあります。それでいいのか、ルイス!?
んで、唯一、チョッパーがフューチャーされている「ドゥイットフォーラブ」では、あろう事か兄のジョージがベースを弾いています。いかにも「こんなの俺にもできるぜ」みたいな感じ。これがまた実にルイスっぽいプレイで、さすが兄弟。たださすがにアタックの強さはルイスにはかなわず、軽~い感じのプレイです。

このアルバム、ルイスのチョッパー寄りな観点からはオススメの曲があまりありません。唯一、「ダンシンフリー」と言う曲でベースソロがありますが、コピーしたくなるような感じじゃないんだな。
これは全く想像の域を出ませんが、どうもルイスのチョッパーを封印・・・というか奥へ引っ込めようとする傾向が感じられます。それがクインシージョーンズに代わって主導権を握った兄のジョージの意向なのか、あるいは多様なプレイスタイルを追求するルイスの変化なのかは定かではありません。
でもルイスがこの時期参加した他のアーティストのアルバムやライブのパフォーマンスを見る限り、ルイスが「脱チョッパー」を考えているとは全く思えません。ルイス自身は本当はもっと弾きまくりたかったんじゃないのかな・・・?と、ワタシは思うのであります。この作品以降、ブラジョンとしての勢いは失速して行きますが、ルイスは相変わらずセッションにひっぱりだこ。これじゃあ兄貴は面白くないよなぁ~・・・。(ちょっと勘ぐり過ぎかな?)

余談ですが、このジャケット撮影の際、兄ジョージが怪我をしまして、直後に行われた日本ツアーではジョージは椅子に座ってのプレイだったようです。
ok?



ルイス寄りなアルバムレビュー | 23:51:03 | Trackback(0) | Comments(2)
がんばれ~
taku

長男、小4であります。同年代の子と比べても、ひときわ音楽に興味があるようです。
まぁ、聴いているジャンルは今の所歌謡曲ばかりですが、この辺は嫁さんの洗脳が効いてるんですな。
そんな彼も嫁さんの趣味からちょっとづつ脱却しつつあり、最近では独自にお気に入りのアーティストを持つようになった所です。

彼の一番のお気に入りは『アクアタイムズ』と言うバンド。 映画、「ブレイブストーリー」の主題歌を歌ってブレイクしました。彼もこの曲からファンになったようで、以降、レンタルや中古CDを駆使して「アクアタイムズ」全曲を網羅しています(また全曲歌える所がすごい。)新聞の隅っこに載っているランキングに一喜一憂し、店でBGMとして流れれば曲が終わるまで店から出てこない程の大ファンです。
先日は自分で選曲したベスト版CDを作って(実際焼くのはオヤジだが)一人悦に入っています。

そんな彼、最近ギターをいじり始めました。以前から身の回りにギターやらベースやらがあって、機会はいくらでもあったのですが、あまり興味を示しませんでした。が、ワタシが彼の聴いている曲のイントロをちょろっと弾いて見せたら、急に火が付いてしまったようです。
ちょっと思うように行かないとすぐに「無理、もういい」と投げてしまうヤツなんですが、ギターに関しては珍しく黙々といじっている。また、ピアノをやってるせいか、左手の指がちゃんと立っていて、コイツなんかサマになってるなぁ~。
最近ではワタシがやって見せた曲以外で、なんかコピーのような事をやっています。『ま~そんなに簡単にはいかないよ~ん。』と心の中で思いつつ、オヤジは静かに見守るのでありました。

ギターに興味を持ったからには、これからはオヤジが洗脳する番だぜぇ~(^。^)。


音楽的な日記 | 01:28:45 | Trackback(0) | Comments(3)
Thunder-Thumb,Shorty
t.t.shorty

高校の頃、よく「その指、チョッパーのやり過ぎで削れたの?」と聞かれました。んな訳ないだろー!って感じですが、それだけ(当時は)チョッパーもこの親指も珍しかったのかな。

この短い親指はウチのばあちゃんからの隔性遺伝で、家族ではワタシだけ。イトコのねえちゃんもこの親指で「この指だけマニキュアを横に塗る」と言っていたっけ。自分ではそんなに意識してなかったんですけどね。なかなかカワイイでしょ?(と、開き直る)

この指、チョッパーやるに当たって理論上はストロークが短い分、早い連打が打てるはずなんですが、そう都合良くはいかない。
『サンダーサム』(雷の親指)と異名を取るルイスジョンソンを目指すファンとしては致命的なハンデでありますが、そのハンデを乗り越えるべく、なるべく手を広げて派手な振りを心がけています。あと、ルイスのプレイスタイルの特徴で、左手の親指でルートの四弦を押さえ、残る四本の指でハマリング、プリング、グリスなどで自在に動き回るってーのがあるんですが、それもこの指じゃー無理っ!そもそも彼は手自体がものすごくデカイんだものなー。真似出来ないからこそ憧れるって部分もありますが、ワタシはこの短い親指でもなんとか雷を落としてやろうとがんばっているのでした。

この指だと親指アップダウンもかなりキツイ。と言うか、出来ない。弦の下に入らないもんね。
まぁ、ルイスもスタンリーもやらないからオイラもやらないとゆー事で。へへへっ。

あ、ちなみにこの指で拇印を押すとまん丸になります。
thumb!



BASS寄りな話 | 23:17:48 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad