■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
タミヤフェア2007
最近全然BASS寄りではないんですが・・・

11月23日にツインメッセ静岡にて毎年恒例の「タミヤフェア」が開催されました。こういう無料のイベントは貧乏オヤジには有難いですね。大好きです。

フェアの目玉はラジコンの世界大会。ゼッケンを付けた青い目のラジコンオタクがあちこちでウロウロ。こういうのって国境は無いんですね。一時間耐久レースなんてのもやっていてオフィシャルも大変だわ。

でもウチの子供の目的はラジコンじゃなく、ダンガンレーサー工作教室。新品のキットをその場で作らせてくれて電池もくれてお持ち帰りプレゼント!すぐ横にはコースも設置されており、作ってすぐに遊べる。まさに至れり尽せり。いや~タミヤさん、太っ腹だなぁ~。

で、ウチの子工作中の図。
dangan


でもダンガンレーサーってコースがないと遊べないんだよなー。ヘタにその辺で走らせようものなら捕まえられないほどバカッ速いです。

他にもプラバンの工作やミニスクータのキットを作るコーナーなど、いろいろなことをやらせてくれます。模型業界はキット離れが進んでおり、完成品が主流になりつつある中、次世代の子供たちに少しでも作る事の楽しさを伝える意味で、こういうイベントは大変意義のあるものだと思います。今の子供たち、もっと手先を動かした方がいいですよ。

もちろん大人向けにも箱絵を描く人や作例を作る人の実演など、職人技を堪能できます。模型クラブの作品展なども同時に行われている訳ですが、そちらもなかなか見ごたえがあります。

そんな中、「情景王」山田卓司氏の作品も展示されていました。まぁ、お一つご覧下さい。
yamada


氏の作品は何度か見る機会があるのですが、特にこの作品は何度見ても見入ってしまいます。こういう模型屋さん、今では見なくなってしまいましたね。

一日こういう所にいると、やっぱり何か作りたくなってしまいます。で、販売コーナーで買ってしまったのがコレ。
bike


子供の頃みたいに塗装もしないで一気作りしようかな。バイクだけ。


スポンサーサイト
模型寄りな話 | 00:26:47 | Trackback(0) | Comments(5)
大道芸ワールドカップ
静岡の秋のイベントとして定着した「大道芸ワールドカップ」。久々に行ってきました。

92年からやってると言うからもう15年くらいになるのかな?
確か結婚したばかりの頃、嫁さんと静岡に遊びに行った時に偶然このイベントに当たって以来十数年ぶりに行ったのですが、その時とは比べのもにならないくらいの大混雑にびっくり。
嫁さんと子供達は一昨年来てるのですがそれでも「前より人が多い~」と言っておりました。

なにしろやってる最中のパフォーマンスは人だかりでとても見れないので、見たければ始まる前から陣取っていなければいけない。しかしまだ通路状態の所に平気でレジャーシートひいてるツワモノも。「おいおい、あんたら邪魔と言うより危険だぁよ」
ボランティアの方々も一生懸命がんばっていましたが、見物人の入れ替えとかもうちょっと考えた方がいいんじゃないかな?

まぁあんまり精力的に廻ったわけではなく、なにしろそんな状態なんでまともに全部見たのは5組くらい。全部でパフォーマーが89組だそうだけど一割も見てないのね。でもみんなさすがにレベルは高かったなぁ。
で、見た中で一番だったのは(名前も覚えてないんだけど)四角く組んだ鉄棒で互い違いに大車輪をする外人4人組。オリンピック選手並みの回転技を見せるんだけど、ちょっとタイミングがずれれば足が当たって大変アブナイ。
紅一点のおねえさんが始まる前に十字を切っていたのがよくわかりました。

・・・・・・今回はカメラの電池を入れ忘れるという大失態の為、画像なし・・・・・・・

さて、小2になるウチの次男坊、とにかく風船が大好きです。
で、帰り道、静岡の地下道でやっていたバルーンアートに見事に引っかかりました。
このバルーンアートの兄ちゃん、名前を『なり』さんと言いまして大道芸のパフォーマーではないのですが、この時期は関西から遠征してくるそうです。見ているといろんな物を作っちゃうんですが、聞くとほとんどがオリジナルで、凝った物などは考えながら作るとか。自分が納得いかないと何度でも作り直すし、とにかく凝ってるんで常に10人くらい並んでるようです。

で、並びました。一時間くらい待ったかな?とりあえず作品を紹介。

ken bike


兄貴のバイクと弟の剣です。
実は一昨年にも子供達はこの兄ちゃんにバルーンを作ってもらった事があるんですが、バイクはかなりグレードアップしていました。
時間はすでに夜の9時半を回っていましたが、この兄ちゃん、聞くと「今日立ったのは二回トイレに行っただけです」だと。まったく頭が下がりますねぇ~。
来年もいるかな?


普通の日記 | 01:27:00 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad