■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
定期演奏会
土曜日の夜、富士のロゼシアターで行われた母校の吹奏楽部の定期演奏会に久しぶりに行ってみました。
いつもは三月末の土曜に行われる事が多く、年度末と言う事もあってなかなか見に行く機会がなかったんだけど、今年は月半ばの開催とあって久々に足を運んでみました。

ワタシが在籍していたのはもう20年以上昔の話ですが、ステージ上の彼らの演奏に見入っていると、自分がその場にいた事がつい昨日の事のような錯覚に陥ってしまいます。そしてすぐに現実へ戻って、自分が年を取った事を痛感するんですけどね。(T_T)
特に吹奏楽ってのは定番みたいな曲が多くて、自分が現役の頃の曲とかを演奏されたりすると一発で精神がタイムスリップしてしまいます。

ワタシの行った高校は新設間もない学校で、吹奏楽部もやっと頭数がそろった程度でした。部員にしても経験者は少なく、高校で楽器デビューの人が大半だったなぁ。当然、定期演奏会なんてのもまだ出来る状態じゃなくて、歴史のある他校がうらやましかった覚えがあります。

今ではあちこち遠征して多くの大会やイベントに積極的に参加しているみたいで、特にマーチングはかなりの実力らしく、6年連続で東海大会に出場しているとか。う~ん、後輩達、なかなか頑張っているのう。(^.^)
毎年、三部構成の定期演奏会の第三部でこのマーチングを見せてくれるのですが、狭いステージ上で縦横無尽に動き回りながらの演奏には感動します。
本来はもっと広い体育館とかでやるものですから、よくぶつからないなぁ~と感心しきり。打楽器隊のパフォーマンスもカッコ良かったなぁ~。

今回、課外授業と言う名目で、初めて嫁さんと子供を連れて行きました。子供たちは途中で飽きてしまうかな・・・?と思っていたけれどなかなかどうして、結構面白かったとのことで、オヤジしてやったり。
個人的に、東高吹奏楽部って演奏の楽しさを伝える点では群を抜いていると思うんですよ。当時から。子供たちもその辺の「なんか楽しそうかな?」って部分をちょっとは感じてくれたようです。

ま、やるかどうかは本人次第ですが。(^^ゞ
それにしても男子部員が3人しかいないってのはイカンな~。吹奏楽、男子には人気ないんですかね。


スポンサーサイト
音楽的な日記 | 01:59:20 | Trackback(0) | Comments(3)
オプティマス製作記 その2
☆ とりあえずバラす。

気が変わらないうちに分解します。
359barabara

とりあえずこんな感じ。ほとんどのパーツがビス止めなので容易にバラバラになります。
この中で金属製のパーツはキャブとエンジンフード。それとシャシフレームです。

今回シャシ&アクスルはそのまま使用予定。まずは金属パーツの塗装を剥離します。

359silver

会社にて業務用シンナーに漬ける事小一時間。すんなりと塗膜が剥がれ、金属の地が剥き出しになりました。厚ぼったい塗装が取れたため、リベットなどのモールドがくっきりと現れてちょっとリアル。
これはこれでなんかイイ感じで、このまま磨いて仕上げると言うのもオツですが、それでは意味がないので我慢我慢。だいたい実車のエンジンフードってFRPかなんかのハズだから金属地ってのは実はリアルじゃないんだな
↑追記、359はアルミでしたm(_ _)m。

そして379風にする為にE/Gフードの切り欠きをプラバンで埋めます。同時にフード側面のエンブレムのモールドを削り落とし、上面に開いているデフレクタ用の穴を塞いでおきます。
e/gfood  硬化スプレー

金属とプラの接着には瞬間を使うのですが、この硬化スプレーというのがなかなか便利。通常、流れてしまう瞬間接着剤がスプレーすると瞬時に固まります。
ちょっと粘度の高めの瞬間を使えばちょっとした穴埋めなんかも楽チン。パテのように硬化後のヒケもありませんので、効率よく作業が進みます。

ただし、あまりいいニオイではない(タンスの防虫剤みたい)ので、居間での使用は大ヒンシュクとなってしまいますからご用心。

とりあえず今日はココまで・・・。




テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

オプティマス製作記 | 00:00:26 | Trackback(0) | Comments(2)
モデラーズフリマ
先日の日曜日、ツインメッセ静岡で行われた「モデラーズフリマ」を覗いてきました。

今回で第七回目のイベントで、ワタシは第一回から足を運んでいるのですが、年々規模が大きくなってきて今や静岡ホビーショーやタミヤフェアと並ぶ模型関連イベントとしてしっかり定着した感があります。

ただ最初の頃と比べると個人出店よりも業者がほとんどになってしまい、本来のガレッジセールの様相が薄れてしまっているのがちょっと残念な所です。
作りかけで挫折しちゃったキットとか、ジャンクパーツの山とか、そういうのが面白いんだけどね。
出店料がチト高いんで、その辺が個人にはちょっと敷居が高いんだと思います。

それでも何か掘り出し物を期待して、ついつい行ってしまうんですが、積み上げられた懐かしいプラモデルの箱を見ていると、まるで三十年前の模型屋にタイムスリップしたようでそれだけでも楽しいです。
しかし、値段はすごい。
ワタシらのガキの頃のクルマのプラモデルは、1/24が五百円、1/20が千円ってのが大体の相場でしたが、今や約十倍。当時のキットが五千六千、はたまた一万円越えなんてのがザラです。
まぁワタシは見るだけなんですが、会場のあちこちで諭吉さんが飛び交っておりました。みんなお金持ちだなぁ~。

そんな中でちょっと目立っていたのがコレ。
sensya
なんとコンバイン改造の自作戦車だそうです。
走行風景のビデオも流れていたのですが、ユーモラスな動きがなんともイイ感じでした。
ホームページもあるようなので興味のある方はどうぞ。
http://tank-jisaku.blog.ocn.ne.jp/心底楽しんでる様子が伝わってきますよ。


模型寄りな話 | 23:53:16 | Trackback(0) | Comments(2)
オプティマスプライム製作記 その1
さて、コイツをこの様に変身させる訳ですが・・・。

pete359   optimas piete379

この二台。同じクラシックスタイルのピータービルトでも実は年代が異なり、ミニカーは359、劇中車は379と言う型式で細部が微妙に違っております。(ちょっとマニアックな話ですが)。

てな訳で、ちょっと方針を考える事小一時間。
バンパーやフェンダーなど、外観の小物はまぁなんとかするとして、二点ほどの決定的な相違点をどうしようか検討。

一点は型式違いによるエアクリーナダクトの取り回し。エンジンフード横の切り欠きと、黒いダクトの有無で印象がかなり違います。ここはダクトを無くして379風に改造する事に決定。

もう一点、こちらの方が重大なんですが、ホイールベースの違い。
モデルの標準的なサイズに対して、劇中車は延長フードにロングホイールベース仕様。トレーラーヘッドだけで日本の大型トラック並のサイズです。

359side optimas side

計ってみるとエンジンフードで5ミリ、リヤタイヤ前で10ミリ(1/24スケールね)程モデルのほうが短い。

ここでまた悩む事二日。プラスチックモデルならフレームの延長もアリかと思いますが、このモデルのフレームはダイキャスト。更に上に乗るキャブなどもダイキャストなので、フレームをいじった場合、強度的にかなり不安。なのでちょっと寸足らずですがホイールベースはそのまま行く事に。まぁ雰囲気は出せるでしょう。

で、今回の方針の大前提
①あまりこだわりすぎない
②お金をかけない
③見えないところは見ない

元々ロボットの仮の姿という設定だからエンジンや室内をこだわる必要もありませんのでその辺は割り切って。あまりこだわり過ぎてもなかなか完成しないんで、そこそこカタチになればOKと言うことにしよう。

テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

オプティマス製作記 | 00:13:45 | Trackback(0) | Comments(1)
オプティマス・プライムを作る!
さて、我が親子のトランスフォーマーブームは、まだしつこく続いているのですが…。

この映画、いろんな意味で起爆剤になりそう・・・と、以前書いたのですが、ワタシの眠っていたモデラー心も起こしてしまったようです。

で、これは以前から持っていたRevelのダイキャストミニカー、ピータービルト359。
pete359

ミニカーとは言っても1/24のトレーラーヘッド、全長30センチ超えのビッグサイズです。

映画を見た後、ふと押し入れにしまい込んであったコイツを思いだし、長男に見せて「コレをオプティマスみたいにしてみようか?」と、なにげに言ってしまったらエラく乗り気になってしまったので引っ込みがつかなくなってしまいました。

期待に満ちた子供の目に答える為、ここはひとつ、オヤジ一肌脱ぐことにしました。

さて、どうなることやら…。


テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

オプティマス製作記 | 00:13:47 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad