■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
大渋滞
今日は天気が良いので日本平に紅葉でも見に行こうと言う事になりました。

所用を済ませながらお昼近くに出かけたのですが、由井のバイパスのあたりで渋滞発生。
この時が11時半くらい。
『こんな所から混むのはおかしいから多分事故じゃないの?』なんて話していたのですが車がいっこうに進まない。
分離帯のあるバイパスでわき道もなく、Uターンもできず、ただ待つしかない。

あまりにヒマなのでいろんな人にメールをした所、由井付近が事故で通行止めとの情報を得ました。
「ん?通行止めってことは動かないってこと?」

後でわかったことですが、この事故は渋滞の列にトレーラーが突っ込むという5台が絡む大事故で、トレーラーが乗用車に乗り上げて斜線を塞いでいたようです。
(しかもその乗用車の方は亡くなったとか・・・お気の毒です。)

さて、そんな状況とわかれば、これはもうあきらめて待つしかないのですが、結局現場を通過できたのは4時20分頃。実に4時間以上も止まっていたのですね。

こんな経験は初めてなんですが、さすがにコレだけ動かないと皆さんいろんな行動をとりますね。
何かを求めて前方に後方に歩き出す人、読書をしてる人、クルマの掃除を始める人、マジで寝てる人・・・。子供達も、ゲームをしていましたが、さすがに3時間も過ぎると飽きたようです。

「ちょっと行くとローソンがあるよー」なんて教えた所、ウチの家族も、トイレと飲み物を求めてはるか前方まで歩いていきましたのですが、しばらくして「ローソン潰れてるじゃん!」と電話が。
ありゃ?そうだった?まぁちかくにスタンドがあったので事なきを得ましたが、それにしても昼前から夕方までですからさすがに腹が減りました。

現場通過時はすでに事故処理が終わり、トレーラの姿もありませんでしたが、尋常じゃない警官の数が事故の大きさを物語っていました。

あと10分、20分早かったら自分が当事者になっていたかもしれないと思うとぞっとしますね。
出掛けに子供に「TUTAYAに寄ってくれ」と頼まれた事が幸いしたのかな・・・。運命ってあるんですかね。

スポンサーサイト
普通の日記 | 22:50:03 | Trackback(0) | Comments(2)
Soulな夜
sugarbeans
先だっての土曜日、友人のomitsudesuさんのバンド、『シュガービーンズ』の十周年記念ライブがありました。

ジャンルはSoul、Disco、R&B、Funk・・・。会場も駅前のClub&Discoとくれば、これはもう皆さん踊りまくり。
さすが、十年もの間精力的に活動して来ただけあってファンの盛り上がりがすごかった。バンドもオーディエンスも一体となって楽しんでいるとてもいいライブでした。

楽しい時間はあっという間で、終わった時はすでに日付が替わっていました。

次回は絶対誰か連れていこうっと。


音楽的な日記 | 01:07:44 | Trackback(0) | Comments(2)
ホットウィール改造Part2
さて、お次はカマロです。
バンブルビー
こちらはカタチはそのままでリペイントするだけなんでバリケードよりは楽かな?
ただ、このボディ、あまりにツルツルでは塗料の食いつきが若干不安なんで、勿体ないようですが表面をサンドペーパーで軽く荒らします。さらに今回は万全を期してメタルプライマーを使用しました。

一つ失敗したのは手元にあったグレーのサフェーサーを使ってしまった事。この後、黄色の発色に苦労するハメに陥ります。ケチらないでホワイトサフェーサー買えば良かった(>_<)。
黄色って隠蔽力が弱い(透けやすいって事)んで、塗装が難しいんですね。ワタシは下手っぴーなんでどうしても塗膜が厚くなっちゃいます。
一口に黄色と言っても、模型用でも何種類かあるんですが、今回はMr.CororのNo.329、ブルーエンジェルスカラーのイエローが近い雰囲気だったのでそちらを使用しました。
イエロー

さて、カマロ最大のヤマ場。黒のストライプです。今回はマスキングして塗装で再現します。マスキングの前には保険で軽くクリアーを吹いてあります。
マスキング

で、マスキングを剥がすと・・・おーっ!我ながらなかなかイイカンジでないかい?
黒ストライプ
薄く塗れたので塗り分けの段差も気にならないレベルです(^。^)。ちょっとアレな所もありますが、まぁ良しとしましょう。この後全体にクリアーを吹きます。

細部は刷毛塗りですが、一体ボディなんで塗り分けが大変です。テールランプはメタルックを貼った上にクリアレッドを筆注し。ヘッドランプは塗り分けがきつそうだったのでプラモのジャンクパーツを加工してライトを自作しました。左右の違いが解るかな?
バンブル リヤ  バンブル フロント 
シャシのほうも筆注し。ホイールの奥もちゃんと艶消しの黒で塗っておくと雰囲気がよろしいです。
バンブル ホイール

で、めでたく完成(^O^)!元のカタチが良いんで、かなりいい雰囲気です。
bumblebee 1
クリアー吹きっぱなしなんで表面の平滑さが若干難ありですが、まぁいいや。大事なのはカタチにすることです。
二台並べるとまた気分が盛り上がりますね。
Bumble&barricade 1  Bumble&barricade 2


子供は感心しきり。ど~よ?少しはオヤジを見直したかな?ゴロゴロ転がして遊ばないよ~に。

さ、そろそろオプティマス製作を再開しなければ…(^_^;)

模型寄りな話 | 01:05:36 | Trackback(0) | Comments(4)
ホットウィールを改造する!
先だってのタントのミニカーを改造した勢いで、今度はかねてから子供と計画していたミニカーのモディファイをやってみました。(オプティマスの改造がまた滞る…)

お題はこれまたトランスフォーマーの劇中車で、バンブルビーことカマロ・コンセプトとバリケードことムスタング・ポリスカーです。
bumblebee&barricade

素材はレギュラーサイズのホットウィールで、クリアーオレンジ仕上げのカマロとシェルビーGT500仕様のムスタング。今回は二台同時進行で作業しました。
カマロコンセプト  シェルビーGT500

まずはいつも通り、分解しての塗装剥離。ここで驚いたのはカマロのボディで、なんとツルツルの鏡面仕上げになっていました。
塗装剥離中  剥離完了
なるほど、クリアーオレンジ仕上げはこういう具合になっていたのか。道理で手間がかかっている分、レギュラー品より高い訳です。シャシもダイキャストだし。

さて、まずはバリケードことムスタングから。
バリケード
最初はカラーリングだけで雰囲気が出ればいいや…と思っていたのですが、やり始めたら自ら大変な道に踏み込んでしまいました。(いつもの悪い癖です)

さて、塗装剥離したボディを眺めることしばし。パトカー仕様にするパーツ(回転灯とフロントのプッシュバー)は作らなければならないのですが、それ以前にベースとなるムスタング(これもシェルビー仕様なんでややこしい)をどこまでサリーン仕様に近づけるか・・・(-.-;)悩むところです。
今回は雰囲気が出せればいいやーと言う事で、フロントとリヤ回りをちょこっと改造することにしました。

フロント側は、ちょっと抑揚に欠けるなぁ・・・。これは削ってなんとかなるものでもなさそうなので、思い切ってくり抜いてしまいます。で、この部分は自作することに。ついでにバンパーも削ってスポイラー風に整形します。
で、いきなり出来てますが、これが自作したパーツ。
pushbar  プッシュバー
プラ材の削り出しと、金属のメッシュで作りました。結構大変でした(^_^;)。
一緒に写ってるのはやはり自作のプッシュバー。我ながら細かい仕事です。

リヤ側です。テールランプを二灯化するのと、ナンバー位置の変更の為にパテ埋めした所です。
mustang rr
リヤのモディファイは手抜きしてこれだけにしておきました。
ボンネットエアダクトもシェルビー仕様からサリーン風(あくまで風ね)に加工します。

塗装は白黒の塗り分けだけなんで、楽チンです。…と、油断していたら塗料の濃度を失敗してしまい、えらく梨地になってしまいました(>_<)。でもこのまま進めちゃいます。(手抜き~)

さて、バリケードを作る上で欠かせないのはマーキングです。今回は初めてエーワンの「転写シール」というのを使ってみました。
a-one 転写シール
(これを使うには結構試行錯誤があったので、その顛末はまた後ほど)

パトライトはジャンクパーツを適当に加工。テールランプはメタルックを貼った上にクリアーレッドを塗っています。

で、完成(^O^)!
バリケード  バリケード リヤ

塗装がいまひとつでしたが、一応イメージ通りに仕上がりました。

もう一台のカマロはPart2で。


模型寄りな話 | 23:02:07 | Trackback(0) | Comments(0)
ダットサンの日 Part2
さて、お待ちかねの記念庫の見学です(^^)。この中に数々の貴重なお宝が眠っているのです。
DNA GARAGE
各地で行われるイベントには、ここからクルマが運ばれていくのです。

この記念庫、以前は道路を挟んだ北側の棟にありましたが、別の工場跡の一角に引越してリニューアルされていました。
中に入るとこんな感じでお出迎え。
wooo!  もう辛抱たまらんです(@_@)。

一時間の時間制限があったのですが、あっという間に過ぎてしまいました。
とても全部は紹介し切れませんが、何台かご紹介します。

勢揃いは珍しい。R380と382、381と383。  
R380  R382
R381  R383

この迫力のテールがたまりません(>_<)。R382 リヤ


R390と、その公道バージョン。
R390 ロードカー  R390
公道バージョンのプライスは『億』だとか・・・w(゜o゜)w。

これは懐かしい。Zのパトカー。昔ミニカーを買いました。
Zパトカー

傷跡も痛々しいサファリラリーのZ。
Zラリー

ニスモGTR-LM。ルマン出場のホモロゲ(?)の為、一台だけ作られた、GTRながらFRのレイアウトのスペシャルマシン。
GT-R LM
お値段は、ン千万らしいです。

レース仕様のサニーとチェリー。いいですねぇ~。
サニー レーシング  チェリーレーシング

新旧ラリー仕様。同じカラーリングがミソ。
Z

出ました!トミカスカイライン。間近で見るとすごい迫力です。
トミカスカイライン

もちろん旧車もたくさん保管されています。
Old  Sunny

とても紹介しきれないので、まとめちゃいました。
記念庫まとめ


写真からもわかるように、ここは普通の博物館などと違ってロープなどの柵がありません。モノによっては億単位の価値のあるクルマを、匂いが伝わるくらいの至近距離で眺めることが出来ます。

もちろん要所要所でスタッフの方々が見守っており、当然おさわりは厳禁なのですが、そこはさすがクルマの価値のわかる人達の集まり。皆さん、畏敬の念を持って熱心に見学しておりました。
この辺の見る側と見せる側の信頼関係はすごいですね。
(このイベントが広く一般に告知されない理由はこのあたりにあるのかな)

機会があればぜひもう一度足を運んでみたいです。


追加。ブルUラリー車
ブルU fr  ブルU rr




クルマの話 | 00:35:19 | Trackback(0) | Comments(6)

FC2Ad