■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
30年モノ
唐突ですが、ちょっとベース弦の話。

ベース弦は一般的に、芯となる金属線にもう一つの金属線をぐるぐると巻き付けた構造になっています。
この巻き付ける金属線の断面が円か四角かで、大まかに二種類に分けられ、前者をラウンド弦、後者をフラット弦と呼んでいます(細かく言えばもっと種類がありますが)。
ベース弦(上がフラット、下がラウンド弦)

一般にラウンド弦は明るくエッジの効いた音(チョッパーには圧倒的にラウンド弦)、フラット弦はウォームで丸い音が出ます

最近ではラウンド弦が主流でフラット弦はあまり見る機会がないのですが、ワタシがベースを始めた頃は、なぜか安い機種には必ずフラット弦が張られていました。
当然ワタシのPBもフラット弦で、速攻でラウンド弦に張り替えた記憶があります。
フラット弦は初心者向けという事だったんでしょうかね?

PBをフレットレス化した時にフラット弦を張ろうかと思っていた(指板にやさしそうなので)のですが、需要と供給の関係か、今ではフラット弦は割高でちょっと手が出ません。

前置きが長くなりましたが、その辺を踏まえて。

先日、友人のK氏の息子さん(高校二年)がベースを始めたというので、せんえつながらアドバイスに行ってきました。
K氏は息子さんの為に安い中古を探していたのですが、ワタシと共通の友人であるS氏が長年押し入れで眠らせていたモノ(ワタシのPBと同時期のモデル)を発掘。
中古をもらったという事で、プレゼントに安いラウンド弦のセット持っていってあげたのですが、それを見て驚きました。

なんと、そのベースには買った時のまま、黒いナイロンコーティングのフラット弦が張られていたんですね。
実に30年モノの弦。

当然、弦としてはとっくに死んでいるのですが、ちょっと懐かしいので引き取ってきました。
そして、以前からフレットレス&フラット弦の感触を試してみたかったので、試しに張ってみました。
フレットレス&フラット弦


スライド時のノイズもなく、指板に優しそうでいい感じです。新品買おうかな・・・

スポンサーサイト
BASS寄りな話 | 15:25:43 | Trackback(0) | Comments(4)
ターミネーター4
子供と一緒に『ターミネーター4』の吹き替え版を見てきました。
t4

いやー、面白かったです。ネタバレ的な事は伏せますが、T3で完全にパターン化してしまったターミネーターシリーズとはまったく別の映像世界。
それでいて過去のシリーズとのつながりもよく考えられていました。

また、どこかで見たようなシーンや小物がちょこちょこと登場して、このあたりもファン心をくすぐられます。

もともとは、春休みに科学未来館での『T展』を見るための予備知識として子供達にターミネーターシリーズを見せたのがきっかけなんですが、T4に関しては逆に子供のほうがよく食いつきましたね。

こないだ、ワタシが昔買ったT1のメイキングビデオ(洋モノ字幕無し)を出してやったら、子供達が喜んで見ていました。
ti making

まさかこんなに時間が経ってから、子供が同じモノにハマるとは思ってもいませんでした。

いや~、映画って本当に面白いもんですねー。

映画の話 | 11:59:34 | Trackback(0) | Comments(2)
訃報。デビッド・キャラダイン
数日前、新聞の片隅に映画俳優のデビットキャラダインの訃報がのっていました。
david carradine


ワタシが初めて彼を見たのは『燃えよカンフー』というTVシリーズ。あまりよく覚えてないのですが、確か旅する少林寺の修行僧だったと思います。

所謂B級映画の帝王みたいな人で、チャックノリスの映画なんかでも見かけました。
最近リメイクされた『デスレース』のオリジナル、『デスレース2000』でも主役のフランケンを演じており、最近では『キル・ビル』で悪役を演じていました。
deathrase2000 killbill


特に強い思い入れがあったわけではありませんが、不思議な存在感のある役者さんでした。
なんか、変な死に方だったようですが…合掌。

で、デビットキャラダインと言えば、ぜひもう一度見たい映画があります。
TV放映されたのを一度だけ見たことがあるのですが、それは1976年に公開された『爆走!キャノンボール』(原題、CANNONBALL!)。
cannonball!
(なぜかパンフだけは持っています。)

大陸横断レースというテーマは同じですが、バートレイノルズ主演の同名映画よりもどろどろした内容。
で、この年代のカーアクション映画らしく、とにかく出てくるクルマがカッコイイんですね。
cannonnall cannonball

海外ではDVD化もされており、Youtubeなんかでもちらっと見ることはできるんですが、現在、国内では映像ソフト化はされていないみたいなので、追悼企画と言う事で、ぜひDVDを出してもらいたい所です。

あらためて、合掌。

映画の話 | 07:30:47 | Trackback(0) | Comments(4)
運動会
土曜日の雨で順延となり、本日日曜は小学校の運動会でした。

日差しが強く、しっかり日焼けしてしまいましたが、時折吹く風は涼しくて気持ちよかったです。
観客側も過ごしやすいし、練習の期間などを考えるとこの時期の運動会は理にかなっているのかもしれませんねぇ。

特に今年は長男坊が6年生で、小学校最後の運動会。
ついこないだ、高いカゴに向かって玉入れをやっていたと思ったら、今年はその玉を一つずつ」放り投げる役をやっていました。早いモンです。

目玉の組体操では、土台となった3段塔もしっかりとキメてくれて、結構グッと来るものがありました。
なんだかんだ言ってもちゃんと成長しているんだなぁ~。

オヤジもちゃんと成長しなきゃなぁ~。精神年齢、止まったままだからなぁ~。

普通の日記 | 23:30:47 | Trackback(0) | Comments(2)
最近のビッグリグ
実は自他共に認める所のアメリカントラックおたくであります。
しかしながらそういえば、なぜか今までアメリカントラックのネタが無かったですね。

中坊の頃の映画、『コンボイ』にノックアウトされて以来、すっかりアメリカントラックのとりこになってしまいました。
convoy

映画の中で初めて見たビッグリグ(アメリカントラックの愛称)は、ドンと突き出たノーズに壁のようなラジエタグリル。剥き出しのエアクリーナケースにそびえ立つスモークスタック(煙突マフラーね)などなど、その迫力に圧倒されたものです。
convoy

その影響で当時の年代(70~80年代)の武骨なトラックが最高にカッコイイという印象を持っています。(刷り込み現象というヤツですな)
なので、近年のスマートなエアロスタイルのビッグリグにはイマイチ食指が動きませんでした。
t2000 こんな感じの・・・

(もっとも、保守的なアメリカントラッカーも多いので、今でもクラシックスタイルのシリーズは生産されていますが)

が、久々に気合いの入ったトラックを発見。

インターナショナルのLONESTAR。
lonestar
特徴的なグリルがカッコいい。昔のトラックとはまた違った迫力があります。

で、最近ハーレーとのコラボで作られたのがこのスペシャル。
lonestar hd

いや~、カッコいいなぁ~。このセンスは相当なモンですね。

ちょっとバブリーな匂いもしますが、こういう洒落を本気でやっちゃう所がいかにもアメリカンらしい。
日本のトラックメーカーじゃ、まずやらないでしょうねぇ。

アメリカントラックな話 | 21:36:40 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad