FC2ブログ
 
■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
タイヤの交換
我が家のノア号。
新車装着時のタイヤのまま既に四万キロを越えまして、外側の減り具合が懐かしのADVANタイプDのようであります。(使いすぎ?)
使用前

冗談はさておき、さすがにこの夏の遠出はヤバそうなので、やっとタイヤ交換することにしました。(もっと早く替えろってか?)

今回はとにかく安く上げるつもりで、割り切ってコストパフォーマンスギリギリの安いアジアンタイヤを探してみました。
ハンコックやクムホなどのレースでの活躍を見るまでもなく、アジアンタイヤも一頃よりはかなり性能が良くなって来ているようですね。

で、今回選択したのは『NANKANG(ナンカン)』のRX615,195/65-15(ノーマルサイズ)。
なんと言っても安い!
ネットではこのサイズで一本¥4000-ほどです。
あまり聞き慣れない名前ですが、そもそもタイヤの消耗の激しいドリフトの衆が発掘したメーカーだとか。
今回チョイスしたのは一般的なコンフォートタイプですが、これも何度か改良されたモデルとの事なのでまぁ大丈夫でしょう。気掛かりだったバランスも案外優秀で、ウェイトの要らない車輪もあったほど。

かかった費用は、タイヤ代+送料+代引料で¥18300。脱着は自分でやったので交換工賃が四本で¥5000。占めて¥23300-で済みました。うーん、安い。
ちなみに今回利用したのはこちらのショップ。商品説明も丁寧だし、対応もきめ細かくて気持ちのよい買い物が出来ました。

実際装着してみるとこんな感じ。サイドウォールの膨らみ具合が一昔前のタイヤのようです。
もうちょっとショルダーが張ってたほうがカッコイイんですが、安いから文句は言いますまい。
使用後

サイドウォール、かなり柔らかそうですから、コーナーではちょっと腰砕けになりそうかな?
まぁ、もとよりこの価格のタイヤに高い限界性能などは求めていませんし、交換前のタイヤに比べれば安心感は雲泥の差。

あとは耐久性がどうか気になるところですが、しばらくこのタイヤと付き合ってみます。



スポンサーサイト



クルマの話 | 00:49:12 | Trackback(0) | Comments(6)