■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
Google ストリートビュー
夏の小旅行のスピンオフネタ。

カーナビを持たないワタシにとって、初めて行く場所は事前の地図のチェックが欠かせません。
(今時ねぇ・・・)

最近ではネットで最新の地図が見られるし、ルート検索なんて事もやってくれるので便利ですね。
(ナビ付きの方々には関係ない話ですが・・・)
mapfan (MAPFAN)


で、今回初めてGoogleマップのストリートビューというのを試してみたんですが、これが非常に役に立ちました。
プライバシーの侵害とかでちょっと問題になったりもしましたが、やっぱり便利です。

実際の画面です。
高架と平行した道は地図では解りにくいですが、これならイメージが掴みやすいですね。
streetview1

変則の交差点も、どの車線にいれば良いか、よくわかります。
streetview2

また、フルスクリーンにして視点を上に向ければ指示看板もバッチリ。
streetview3

今回は豊中インターからUSJまでの道則と、奈良公園付近をたぐってみたのですが、沿道の会社や店など、また駐車場の入り口などが映像として記憶に残り、実際走行してみても以前来たことがあるような感覚で、余裕をもってドライブすることが出来ました。

初めての場所へ行かれる方は一度お試しあれ。
(って、ナビ付いてないのオラだけかな…?)

スポンサーサイト
旅行記 | 23:48:43 | Trackback(0) | Comments(4)
USJに物申す
USJはパークの街もアトラクションも実に楽しい所でした。
ぜひまた行きたいです。

ただ、儲け主義というか、ちょっと興ざめな部分もあるので一言。

まず、何と言ってもいただけないのが途中の入退場が出来ないということ。

開園当初は可能だったらしいのですが、パーク側の言い分はこれ。
『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®では、ゲストの皆様に、エンターテインメントやお食事、お買物を含めたさまざまな素晴らしい体験を深めていただきたいと考えております。このように、日常を離れたパークに連続して滞在していただくことを目的に、2009年1月6日(火)をもちまして、年間スタジオ・パスのゲストを除き、再入場のサービスを終了いたします。何卒、ご理解いただけますようお願いいたします』
ですと。言ってる事、わからないでもないですが。

でも一説に寄ると、食事時にユニバーサルシティウォークの方にゲストが流れてしまい、パーク内のレストランの売り上げが伸びなかったからということが真相だとか。
パークのお食事処に魅力(内容とか値段とか)があればわざわざパーク外に出ることもないんでしょうが、そこを問題にせずにゲストを閉じ込める方法をとるのはいかがなものかと思います。

まぁ食事はともかく、実際都合の悪いことだらけでして、目の前のオフィシャルホテルに宿泊するのであっても、チェックインの為とか、途中部屋で休憩とか、ホテルでランチとか一切不可能です。
オフィシャルホテルは歩いてすぐの所にあるのに、こんな都合悪いことありません。

ホテル側に苦情を言ってもただ『申し訳ございません』と謝るばかり。
実際ホテル側も困ってるんだと思いますよ。でもUSJ側には逆らえないんでしょうね。

後もう一つ。
いろんな撮影ポイントに必ずカメラマンがいて、一旦そちらのカメラで撮影してもらわないと、自分のカメラで撮らせてもらえません。
その写真はソッコーで立派なフレームに入れられて購入を薦められます。(そういうシステムは他でもありますが)
当然『要りません』と言うのですが、結構しつこく食い下がるんですね。
地域的なものもあるのかもしれませんが、コレが結構邪魔くさいです。

ま,写真の件はともかく、途中入退場だけは可能にしたほうが、シティウォークやオフィシャルホテルとの共存や発展の為にもイイと思うんですけどね。
ちょっとセコイぞUSJ。

旅行記 | 12:31:50 | Trackback(0) | Comments(2)
夏の小旅行 ~2日目 帰路編~
近畿二日目。午前中はパークとユニバーサルシティ駅の間のショップ街、ユニバーサルシティウォークを散策してみました。
ウニバーサルシティウォーク (ホテルの部屋より)

TDLでいう所のイクスピアリみたいなもんですが、なんかいまひとつ垢抜けない感じですね。
飲食店が多いせいもあってか、午前中は閑散としています。
おそらく、USJの『途中入退場不可』というシステムが、影響していると思われます。(この件は後述)

さて、後ろ髪を引かれながらパークを後にして、今度は東に一直線。奈良の大仏に向かいます。

懐かしいですね。中学の修学旅行以来です。こんなに広かったんだっけ。
大仏殿(パノラマ合成してみた) 

大仏さんは写真撮影OKなんですね。
大仏様

奈良公園で鹿と戯れていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
鹿

さて、もう4時。そろそろ帰路につきます。

帰りは奈良をそのまま南下して天理から名阪国道に入ります。
この道、山道なんですが片側二車線の自動車専用道路で、一応60㌔規制なんですが皆さん飛ばしてます。夜はもっと凄いらしいです。
元々は有料道路だったんですかね?看板が緑だし。

そのままローソクで有名な亀山から東名阪に入って、あとは来た道を帰ります。

最後に夕食の為、伊勢湾岸自動車道の刈谷PAに寄りました。
このPA凄いですね。観覧車や温泉まであります。
刈谷PA

ちょうど富士川楽座のように、一般道からも利用できる施設です。
次男坊はゴーカートに乗りたかったようですが、残念ながらタイムアウト。オマエはまだそんな元気があるのか?

ちょうど近くで花火大会が始まったので、しばし見物したのち出発。
足湯に入ったり観覧車乗ったり、結局二時間近くいたんじゃないかな?

自宅に着いたのは十一時半。二日間の総走行距離は780㌔でした。
平均燃費は13kmだったので、大体満タン一回で行って帰って来た計算ですね。

高速代の割り引きは、このガソリン代を差し引いてもまだおつりがきますから、ぜひとも続けてもらいたい制度であります。

子供達もまたUSJに行きたい~!って言ってる事ですしね。

旅行記 | 01:12:56 | Trackback(0) | Comments(0)
夏の小旅行 ~USJ編~
いよいよ念願のUSJです。
このゲートの向こうは映画の世界。
usj

おぉ、地球儀デカイ。
地球儀


さて、初めてのUSJ。
ウチはもっぱらTDLばかりだったので、どうしてもそちらとの比較になってしまうんですが、USJには早い者勝ちのファーストパスというものがなく、代わりにブックレットという有料の優先パスがあります。
ブックレット4

四枚または七枚の綴りになっていて、それぞれ使用できるアトラクションが決まっています。
TDLで、ダッシュ&長蛇の列のファーストパスを四回ゲットするのは至難の技(無理?)ですから、お金はかかりますが考えようによっては効率の良いシステムかもしれません。

ただし、当然ながら一日のブックレット発行部数は限定されているので、混雑時は入手が大変みたい。
今回はオフィシャルホテル宿泊(これが信じられないくらい安かった)ということでブックレットの予約が出来たのでセーフでした。

では、初めてなんで回った順にアトラクションの感想など。

◎ジュラシックパーク
jurassic

このゲートにあのテーマ曲が流れてくると、本当に映画の中に入り込んだような気分になります。
ある意味、一番映画の世界を体感できるアトラクションかもしれませんね。

『確実に濡れます』のアナウンスで、持参のカッパを着込み、頭のフードまでしっかり被りましたが、落下の瞬間にフードはすっ飛び、予告通りのずぶ濡れとなりました。朝一で乗ったので日中に乾きましたが、夕方以降に乗るとあとあと寒いかも。

こういうさりげなく置かれたクルマがまたイイんですよねー>
car car

◎ジョーズ

ボートの船頭さんの演技が見事。作りものと判っていても大口開けて迫ってくるサメには思わずビビります。
水は掛かるわ火は熱いわ、ユニバーサルスタジオらしいアトラクションです。

お約束の撮影ポイントにも、イイ雰囲気のトラックが…。
JAWS &trucks

◎バックドラフト

前半で映画の内容や撮影風景などを解説してくれるので、映画を見た事なくても楽しめます。
後半のセットでの火の海はとんでもなく熱く、屋内でよくこれが許可になったなーと言った感じです。

天井を這っていく、生き物みたいな炎は一見の価値ありです。

◎バックトゥザフューチャー

TDLのスターツアーズ式のアトラクション。
八人乗りのデロリアンってのがよく出来ていて、気分も盛り上がります。

今回この為に子供達には映画も見せて来たので、生デロリアンに大興奮でした。
デロリアン

揺さぶられ具合はスターツアーズの比ではないので、食後はNGですね。

◎アニメセレブレーション

おとなしめのアトラクション(ショーかな?)。
ちょっと休憩のつもりだったのですが、意外やコレが凄かった。

客席とガラスで仕切られたステージ上で、アニメ作家役の兄ちゃんと、アニメーション(着ぐるみじゃないよ)のウッドペッカーがドタバタを繰り広げるという、言わば映画『ロジャーラビット』をライブでやっている感じ。(説明が難しい・・・。)

どういう仕掛けなのか最後までわかりませんでした。

◎シュレック4D

TDLのミクロアドベンチャーみたいな3D映画。
これも前室で物語のあらすじをやってくれるので解りやすいです。

◎ウォーターワールド

水上の要塞を模したステージでのスタントショーで、アクションも火薬も火も半端じゃないです。
で、観客席のベンチが水色と茶色に色分けされておりまして、前方の水色の席は濡れますとの事。

ウチは茶色のベンチに座ったのですが、前方は濡れるとか飛沫が飛んでくるとかそんなレベルではなく、役者にバケツで思いっきり水を掛けられます。それでも皆さん怒らないからたいしたものです。

あれではカッパ着てても無意味ですね。

◎ターミネーター2 3D
サイバーダイン社

T4の余韻も覚めやらぬまま、親子共々一番楽しみにしていたアトラクション。
サイバーダイン社のプレゼンテーションに、ジョンとサラコナーが乱入してくるという設定で、スクリーンの中からステージへバイクが出てきたり、また映像の中に入って行ったり。映像は3Dなので先端恐怖症の人はヤバイかも。

映像のほうはT2の未公開シーンかと思えるくらい気合の入ったもので、シュワやリンダハミルトン本人が登場(当たり前か)しています。
ただT2から数年たっているのか、ジョンが微妙に成長していたのがなかなか興味深かったです。

◎スパイダーマン

各方面で大絶賛されたというアトラクションなんですが、確かに凄かった。
バックトゥザフューチャーのライドが移動しながら3Dのスパイダーマンが飛び乗ってきて熱いわ水は飛んでくるわの、全アトラクションの集大成のようなライドです。これは本当に凄かった。

ただし、これも食後はNGですね。

それからアトラクションではありませんが、ユニバーサルスタジオといえばコレです。
メルズドライブイン。アメ車好きはたまらんです。
メルズドライブイン car

このほかにもあちこちに景観にマッチしたクルマが停められており、実にイイ雰囲気を醸し出していました。
car car

実は新婚旅行でフロリダのユニバーサルスタジオには行ったことがあるのですが、それももう十数年前の事。
当時とカブッているアトラクションもジョーズとバックトゥザフューチャーだけだったし、子供達も最近にわかに映画づいてきてるので十二分に楽しめました。

夜のパレードが終わってショップなどをのぞいていたら突然のカミナリ&土砂降り。
いやー、天気が最後まで持ってくれて良かったです。

おっと、この車を忘れちゃいけませんね。
ブルースモービル。
ブルースモービル




旅行記 | 23:12:54 | Trackback(0) | Comments(2)
夏の小旅行 ~往路移動編~
高速千円の機会に、念願のUSJに行ってきました。

普通に大阪まで行ったら片道八千円以上の高速料金ですが、高速千円様々です。
この機会を逃したらもう行けないかも。

さて、行きも帰りもECT休日割引を利用するためには、土日で出掛けなければなりません。(パークの混雑は覚悟の上です。)
ただ、TDLのように開園時間に合わせてウチ(富士)を出発するのでは、夜中の2時とかに出なければならず、そのまま一日中遊ぶのはさすがにキツイですね。

そこで今回は金曜の夕方出発して早めに現地へ赴き、現地近くのサービスエリアにて車中泊することにしました。
こうして高速を降りる前に時間調整して、土曜日になってから高速を降りることで、休日割引の適用を受けられることとなります。

さて、仕事から帰って風呂入って飯食って、6時に富士を出発。
それほど混雑はありませんでしたが、途中の名古屋港付近や新名神など、所々で土砂降りの雨。

先日交換したナンカンタイヤは高速でも結構優秀で、静かで安定していました。また、排水性が非常に良好で、ひどい雨でしたが安なく走行できました。

ルートは東名~伊勢湾岸自動車道~東名阪道~新名神~名神のコース。
新名神は景色がすごく良いらしいのですが、真っ暗&霧&雨でまったくわかりませんでした。しかし道は綺麗で広々しており、飛行機の格納庫のような広いトンネルが印象的でした。。

二回ほど休憩を取った後、無事午後11時に吹田PAに到着。

今回はこのようなシートアレンジで、フロアに長男坊、シートには次男坊を真ん中にして、三人が川の字で寝ました。
シートアレンジ

エンジンかけっぱなしはちょっと不安なので、一つずつアイスノン抱えて就寝です。

次男坊のあまりの寝相と、予想外の車外の騒音に熟睡は出来ませんでしたが、それでも朝五時半には目が覚めました。
気がつくと、回りは同じように車中泊のクルマでいっぱい。
みんな考える事は一緒ですね。

6時に吹田PAを出発、次の豊中インターで高速を降りると、料金は¥1750-ナリ(大都市圏に入るので)でした。

あとは一般道を30分ほど走ると、いよいよUSJに到着です。



旅行記 | 02:03:15 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad