■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
初めてのiPod
今まで安物のmp3プレイヤーを使用していた長男坊ですが、念願のiPodnanoをゲットしました。
08nano_hero.jpg

使い方に関してはオヤジの出る幕はなく、いつの間に覚えたのか、操作は手慣れたもの。
すでに友達が持っていたりするからなぁ。

機能もよく知っていて、この第五世代ってのは動画も撮れるんだとか。
すでに子供のほうがすすんどります。

しかし今更言うのもなんですが、凄い機能ですね。画面付きのMP3プレーヤーくらいの認識しかなかったオヤジは、目からウロコです。

しかし、沢山の機能を持ちながら、取説らしきものがペラペラのクイックスタートガイドだけってのはどうなのよ?
パソコンとの連携が前提って事で、後は自分で調べろって事か。ちょっと不親切だなApple。

一つ、スタンドのようなパーツが同胞されていたのだけど、iPod乗せてみても立たないし、使い道がわからない。
で、ググってみたら、アクセサリーのスピーカーなんかにnanoをセットするときのアダプターだって。

同じような質問は山ほどあったから、きっとみんな悩むんだな。
同胞品の確認リストくらい入れとけっての。


で、必須のiTunesなんですが…。

iTunesは以前からパソコンに入れてはあったけど、あまり使う機会もなく機能も良く知りません。

息子は予め「アクアタイムズ」のアルバムを十枚ほど入れてあったのだけど、アートワーク(ジャケ写ね)が表示されませんでした。
このアートワークを入手するにはApp StoreのIDが要るとのこと(めんどくせー)。
せっかくのジャケットをペラペラめくるような表示機能もアートワークがなければ意味がないので、とりあえずアカウントを作ってやる事にしたのですが…。

まずは指示に従い子供の名前を入力するも、メルアドは持っていないのでオヤジのアドレスを入力。
秘密の質問やらなんやらを入力したあと、確認の為の生年月日を入力して次へ進もうとしたら「年齢条件を満たしてない」とかでハネられてしまいました。
nennrei.jpg

なんだよ、年齢制限なんて何処にも書いてねーじゃん。iPodの対象年齢っていくつだ?
仕方ないのでオヤジ名義で入力し直し。

今度はすんなり進むも、次はクレジットカードの番号を入力しろだと?
無題ka-do

やなこった。オラはいまだにクレジットカードって信用してません。
最近iTune Storeでのアカウント乗っ取り被害急増なんて話も聞くし、使う予定のないカード情報なんて教えられるかっての。
それならiTunesカード買って、その番号でもOK!らしいけど、使う予定のないプリペイドカードなんて買いたくないしねぇ。

アートワークの入手だけ出来れば良いのだけれど、なんかいい方法はないかなーと、またまたググってみた所、結構ヒットしますね、「クレジットカード情報を入力せずにアカウントを取得する方法」。

で、いくつかのサイトを見て回った所、よさ気なページを発見。
無題aka

んー?、よくみたらここはAppleのサポートページじゃん?
なんじゃこりゃ。公式にこんな方法を伝授しとるんだ。
これじゃ裏技でもなんでもないなぁ。

この指示どおりに「無料のアプリを購入」(ややこしい言い方…)をしようとすると、また同じアカウント作成のダイアログが始まるのですが、さっきと違うのはクレジットカードの入力画面に「無し」の項目が増えております。
無題

ここにチェックを入れることでカード情報なしにめでたくアカウント作成が出来ました。

曰く、「最初の購入時に支払い方法を選択していただく…」ですと。
だったら最初からみんなそうすりゃいいじゃんねぇ。

聞くところによると、カード情報強要に対する苦情が多かったので、Apple側が取った対応がこの方法の公開なんだとか。

それでも相変わらず素直なユーザーからはカード情報を集めてるんだなー。
ちなみに、普通にAppleのサポートページからこの裏技の記事に到るのは相当困難。(ワタシゃたどり着けなかったです)
メーカーとして、あんまりフェアなやり方じゃないような気もするが。


まぁアカウント取れたからいいか。
息子よお待たせ。アートワーク入手出来るよ~。

…の、はずだったんだけど、「いくつかのアートワークは入手出来ませんでした」のメッセージが出て、結局一枚もジャケ写が出ない状態。

も~、何なんだよいったい。
またまたググると「アルバムによっては入手出来ないものもアリ」とか、「登録されてるものと文字が違ってもダメよ」とかアマゾンから画像引っ張ってくるソフト有りとか…こんなにめんどくさいものなのかー?
一応国内のメジャーバンドなんだけどなぁ。


この辺りで息子もしびれを切らし、「手動で追加するからいいよ」と言って、自分で画像を拾って各アルバムに張り付けていました。
あ、そんな方法があるんだー。よくご存知で。


後日、いくつかのアルバムを追加した時にはちゃんとアートワーク表示されてましたから、オヤジの努力は無駄ではなかったようでなにより。

初っ端でゴタゴタしましたが、今はようつべの動画も取り込んだりして楽しんでおります。


今回、何度かつまづき、その度ググったのですが、同じような質問が山ほどヒットしました。
やっぱりパパッと使える人ばかりじゃないんだなぁ~、と思うと、iTunesも含めて、もうちょっと解りやすい取説が付いてもいいんじゃないかと思うんですが・・・ちょっと不親切だぞ、Apple。

…って、ジジィの意見ですかね。

スポンサーサイト
普通の日記 | 00:12:10 | Trackback(0) | Comments(4)
またまた作りモノ
ただいま男子小学生の間では、「ベイブレード」ってヤツが大流行しております。
1205761-1.jpg

早い話が現代版ベーゴマなんですが、数年前に流行ったモノから比べてかなり進化しており、主要パーツをいろいろと組み替える事ができるようになっています。

で、いろいろとパーツを組み替える為には、当然複数のベイブレードが必要になってくるのですが、これがまた「食べるラー油」並の万年品薄状態で、店頭に並ぶとあっという間に売り切れてしまいます。

我が家の次男坊@五年生、御多分にもれずベイブレードにどっぷりとハマッており、最近は寝ても覚めてもベイブレードが頭の中を回っているようです。

で、かなりパーツも増えてきたので先日、収納ケースを新調。
100604_194919_20100621234424.jpg カイ○ズホームで980円。

それにあわせて、見た目カッコ良く収納できるようなトレイを作ってちょ!と頼まれました。

「自分で作れば~?」と思ったんですが、WEB上では『Powerd by オヤジ』の、カッコイイ自作ケースが多数公開されてんですよね。情報化社会は小学生まで浸透しておりますな。

ちなみにこちらが以前使っていたケース。
100604_195722_20100621234258.jpg

スポンジを切ったのはワタシですが、切り口にやっつけ仕事感が漂っていますねぇ。


前回の反省を踏まえ、通常のスポンジよりもうちょっと固めの材料を物色してみました。

ちゃんとしたウレタンなどは高いので、いつものダイソーで見つけたのがコレ。
100604_195608_20100621234233.jpg

組み合わせて使うクッションマットです。

写真を撮り忘れたので、コレはすでに端切れなんですが、元の大きさはこの四倍。
百円でこのサイズですからありがたいですね。
一枚で足りてしまいました。

トレイの深さが3センチでマットの厚さが1センチなので、三枚重ねでピッタリサイズ。
しかもベイブレードの形に合わせて穴のサイズを変えやすいので一石二鳥です。

こんな感じにくり抜き…
100604_194400_20100621234145.jpg


トレイにセット。(爪楊枝を刺して一体化)
100604_194834_20100621234206.jpg


ベイブレードを並べるとこんな具合です。
100604_200458_20100621234400.jpg 100604_200429.jpg


こうして見るとなかなか壮観ですな。

材料費百円にしてはよく出来たと自己満足。
次男坊も喜んでおりました。

最近はどこに行くにもこの一式を持ち歩いております。

未分類 | 00:02:33 | Trackback(0) | Comments(4)
絶対音感??
先日、家族で夕食を食べてる時の事。

その晩は丼モノだったのですが、たまーに箸が丼に当たると「チン」と鳴りますよね。
その音を、何気なく聞いていた長男が突然、「20世紀FOXの音!」と言い出しました。

何を言い出すのかと思ったら、嫁さんの丼と自分の丼を交互にカンコン鳴らして「ね?」と。

おぉ、言われて見れば確かにそう聴こえる。

丼によって微妙に異なる音程が二十世紀フォックスの映画のファンファーレの頭の部分によく似ていました。(ちょっとわかりにくい話ですが…)
♪ 20th Century Fox Fanfare.mp3


二音だけですが、音程はほぼ同じ。
よく気が付いたなぁ…と、我が息子ながら感心しきり←親バカ


実は長男坊、最近映画音楽にかなりハマっており、新旧にかかわらず自分で見て面白かった映画のサントラはほとんど揃えています。(レンタル&図書館&BOOKOFFを駆使)

この二十世紀フォックスのファンファーレは、スターウォーズのサントラに収められていたのでした。

通っているピアノはなかなか上達しないようですが、オヤジの知らないうちに結構いいセンサーが身についているようです。

音楽的な日記 | 00:26:29 | Trackback(0) | Comments(2)
今日は何の日?
はて?6月10日ってな~んか覚えがあるんだけど・・・、何の日だったっけ?

と、昼間ずーっと考えていたんですが、やっと思い出しました。

今日はコンボイの日でした。
convoy


中学生の頃、ワタシ(と一部友人)がトチ狂った映画、「コンボイ」。
1978年の今日、6月10日が公開日でした。(コレ、世界に先駆けて日本で最初に公開されたんです。)

この映画について語り出すときりがないんだよな~。 だから詳しいことはまた改めて。

当時の映画館は、今みたいな入れ替え制じゃなかったから、二本続けて見たりしてね。(お決まりで同時上映なんてのもあるから足かけ3本見る勘定)
日を改めて再度見に行ったときは、ラジカセを忍ばせて音声を録音したり・・・ビデオがない時代の苦肉の策でした。(今は真似しちゃダメです!時効ということで…


今でもアメリカントラックの格好良さには傾倒しておるのですが、そのきっかけになった、今でも大好きな映画です。
convoy


映画の話 | 23:45:53 | Trackback(0) | Comments(2)
エスボードの修理~其の二
ついでと言っては何ですが、以前メンテナンスしたエスボードのホイールについて少々。

まぁこの手のモノにはクオリティのばらつきは付き物なんですが、次男坊のモノに比べて兄貴のボードはホイールの回転が今ひとつスムーズではありません。

このホイール、どういう仕掛けか、回転すると発光するというギミックがあります。
Image782.jpg
その辺も怪しいんで、とりあえず分解分解

造りはこんな感じ。
Image786.jpg
規格モノのベアリングが二つと、間に黒いカラーのようなモノが入っていました。
ベアリング自体はそれ程ゴロゴロしてないんで、原因は他かな…?

ホイール内部を見ると、なんだか細い金属プレートが交互に並んでいます…。
Image787.jpg

ここで気が付きました。コレ、発電機になってるんですね。
黒いカラーのようなものは、案の定磁石でした。

こんな小さなモノで発光させるとは、消費電力の小さいLEDならではのギミックですね。

おっと、感心してる場合じゃなかった。

どうやらこの磁石とプレートの隙間が狭すぎて回転時に干渉しているようです。
なので磁石の外周を少し削ってみました。
Image788.jpg


元通り組み付けてみると、まぁ前よりはいいかな…という感じ。
発光ギミックも生きてましたが、いずれベアリングは変えたほうが良さそうです。

ちなみにこのベアリングはホームセンターでも売っていて、ひとつ400円ほど。
一台分四つですから1600円くらいかかりますね。

しかし、このエスボードの交換用ホイール(ベアリング込み)ってのが売っていて、二個セットが700円くらいで買えるんだよなー。
img56313463.jpg


そっち買ったほうが現実的だな。安いし。



普通の日記 | 01:55:56 | Trackback(0) | Comments(6)
エスボードの修理~其の一
3ヶ月ほど前に買った子供たちのエスボード
最近乗りなれてきた事もあって、ボードも結構酷使されております。

そんなこんなの先日、長男坊がボードを壁に激突させてきました(本人は無事)

「割れちゃった。もう直らない?」との言葉にどれどれと見てみると、あらま、こりゃひどいね
100601_121454.jpg
頑張ってなんとかしてみようじゃないの

どうやら激突の衝撃で、フロント側の板が後退して後ろ側の板にパイプ上のカラーを食い込ませ、板を割ってしまったようです。
100601_121530.jpg

よく見ると前後の板を連結しているスプリングの固定ボルトも頭が飛んでしまっています。
100601_121654.jpg ちょっと見にくいですが・・・

他に損傷箇所がないか、とりあえずは分解。
頭の飛んでしまった六角ボルトはドリルでもんで逆タップで抜けばいいかな・・・と。思って作業を開始したのですが、このボルトの硬いこと硬いこと!
全然歯が立たず、逆タップどころではありません。

なので仕方なく、ボルトの反対側(ボード上面)に穴を開け、そちらからプライヤーで直接ボルトを回す事にしました。
100601_172432.jpg 後でフタしたほうがいいかな。

やっとこさ外れました。
100601_172354.jpg
真ん中が正規のボルトで、左側がその頭の飛んでしまった奴。そして右側は代替用の六角ボルト。手持ちのストックの中に丁度良いのがありました。

そして分解したの図。
100601_172539.jpg  案外シンプルな造りですな。

ボードのひび割れとボルトの折損以外にダメージはないようです。ヤレヤレ。

ひび割れは接着できるようなシロモノではないので何かで固定したいのですが……。

職権乱用。仕事場にいい物が転がっていました。
100601_173427.jpg
自動車のドライブシャフトブーツ締め付け用のバンドです(余り物です。念のため)。

バンドがズレないように、ボード側面をちょっと削ってバンド用の溝をつくってガッチリ締め付けました。
100601_173744.jpg
当初は二本がけするつもりでしたが、強力なので一本で十分なようです。

あとは慴動部にシリコングリスを塗って、元通り組み上げます。
100601_174334.jpg

試乗してみましたが、オヤジの体重でも大丈夫。
グリスアップのおかげで動きも若干よくなったようです。

これでまたガンガン乗れるかな。息子達。
ま、怪我しない程度にね~。





普通の日記 | 01:37:40 | Trackback(0) | Comments(0)
訃報が続くなぁ・・・
映画俳優のデニスホッパーが亡くなりましたね。
ここの所、自分にも馴染みの深い俳優やミュージシャンの訃報を聞く機会が多く、自分もそれだけ歳とった事を実感します。

ワタシはデニスホッパーについて語るほどの知識は持ち合わせていないのですが、イージーライダーのカッコ良さは強烈でした。
easyrider.jpg

「スピード」での爆弾魔や、「ウォーターワールド」での悪役など、イカレた役柄が多かったようですが、なかでも印象に残っているのは「マルホランド・ラン」という映画での走り屋(やはりイカレている)です。
img_499286_3591785_0.jpg

主人公の駆るポルシェのスピードスターの華麗さとは対照的な、ボロボロのコルベット(でも中身は凄い)が妙に格好よくて、ルームミラーに無造作に貼付けたストップウォッチがワイルドで印象的でした。
20061212084908.jpg


この映画、残念ながらDVD化されていないようで、VHSビデオでもオークションなどで法外なプライスがついているようです。

デニスホッパー追悼特集ということでDVD化されるといいのですが…。合掌。

映画の話 | 23:53:50 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad