■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
映画 『インセプション』
長男に誘われて、映画『インセプション』を見てきました。
01.jpg
いやー、面白かった。

他人の夢の中に入り込むという事で、つい『マトリックス』のような脳内バトルを連想してしまいますが、あのような超人的能力はなく、『インセプション』の登場人物はあくまで生身の人間。
なので、夢の中の夢の、そのまた夢(ややこしい)と、同時進行する三階層の夢の世界がすべて現実のように見えてきます。

面白いのは、上の階層の夢で起こっている事が、下の階層に与える影響の描写。
予告編で無重力のようなシーンがありますが、あれも実は上の階層で何かが起こっているんですね。
A-screengrab-of-Christoph-001.jpg

複雑な設定ですが、物語は比較的解りやすく、最後まで一気に見せてくれます。
これはなかなかオススメですよ。

そうそう、渡辺謙はもう立派なハリウッド俳優ですね。
物語のキーマンで最初から最後まで出ているのですが、凄い存在感でした。渋い!


スポンサーサイト
映画の話 | 00:23:49 | Trackback(0) | Comments(2)
フェラーリのミニカー
DSCN6193.jpg

カッコイイですねぇ。フェラーリ330P4。

このミニチュアカーは、サークルK限定の缶コーヒーのオマケの『フェラーリミニカーコレクション』。

よくあるこの手のオマケミニカーですが、kyosyo謹製のモノの秀逸さは別格。
とても全長4cm弱のモデルとは思えません。
特にホイールの造形に妥協がないので、ミニチュアカーとして立派に通用する仕上がりとなっています。

今回はVol1との事なので、Vol2でデイトナでも出たらまた物色しようかな。

クルマの話 | 10:49:57 | Trackback(0) | Comments(4)
「わくわくトヨタ2010」
18日の日曜、富士スピードウェイで行われた『わくわくトヨタ2010』というイベントに出かけてきました。

きっかけは古巣のトヨタ系ディーラーからもらった招待券。
DSCN6191.jpg

この日はフォーミュラニッポン(以下、Fポン)第三戦の開催日でもあるのですが、このチケットを見ると、まるでFポンがオマケのようですな。

ちなみに、普通Fポン観戦のチケットは五千円ほどしますので、トヨタもかなりの大盤振る舞い。
ワタシが在籍してた頃はこんな事なかったよなー。

いずれにせよタダですから行かねばソンソン。

今回は興味まるでなしの長男は置いといて、次男坊と二人でのお出かけとなりました。


実はワタシ、スピードウェイは六年ぶり。リニューアル後は初めて訪れたのですが、いやいや、今さらながらですが、キレイになりましたねぇ。
まるで浦島太郎の気分です。


さてこのイベント、ディーラーご招待のゲストにはいくつか特別サービスがありまして、先着順の定員制でしたが、我々はバスツアーとパドックツアーの参加チケットをゲット。
100718_100352.jpg


あと、トヨタ版セグウェーみたいな乗り物もあったのですが、そちらは残念ながら定員オーバーでした。


バスツアーは、観光バスでスピードウェイのコースを一周してくれます。
予選終了後でコースにレーシングカーはいないので、いわゆるサーキットサファリとは違うんですね。
DSCN6148.jpg DSCN6149.jpg ヘアピン付近を観光中

視点が高いのでスピード感ゼロですが、ワタシはコースに出るのは初めてで、よい経験をさせてもらいました。

続いてパドックツアー。
こちらも、出入り自由ないわゆるパドックパスとは違い、スピードウェイ側のスタッフが引率して施設内部の案内をしてくれました。

放送室隣に表彰選手の控室があるのですが、その部屋は外の表彰台に繋がっているのですね。
DSCN6154.jpg

まー、この先、この場所に立つ事は一生ないでしょう。


ここはプレス関係者用の広い部屋。
DSCN6156.jpg  モニターの数がすごいです。

その後階下に降り、各チームのトランポとパドック裏の間を戻って最後に入ったのがセーフティースタッフの詰め所。
まだレース前でリラックスしていましたが、ペースカーや救急車のドライバー達がたくさんのモニター画面を見つめていました。

レースが始まると、きっと緊張感に包まれるんでしょうね。

パドックツアーはここまで。
なかなか見ることのできない舞台裏を見学できたのは貴重な体験でした。


Fポンはともかく、このトヨタのイベントはどちらかと言うとファミリー(子供)向けで、仮面ライダーのショーなどもやっていました。

で、こんなのも体験。

高所作業車より。
DSCN6159.jpg

ショベルカー運転中。
DSCN6161.jpg

うーむ、何しに来てるんだか。

お約束のレーシングカーの展示。
DSCN6140.jpg

おお、トヨタ7だ。実物は初めて見たなぁ。
最新のD1車両なんかもあったのですが、オヤジはやはり古いクルマに惹かれてしまいます。

TRDのトランポなんかも。
100718_103941.jpg すごいな、コレ。

このほかにもいろいろと催しがあったのですが、肝心のレースも見ないとね。

とは言っても実はワタシ、最近のモータースポーツ事情にはとんと疎くて、どんなチームやドライバーがいるのか皆目わかりません。

特にこのFポンはマシーンやエンジンは完全なイコールコンディション。(というはなし)
セッティングも含めたドライバーの腕前のみで勝敗が決まるのですから、馴染みのドライバーとかいないとちょっと盛り上がらないかな?

以前、ひな親父さんのブログで、GT選手権なんかに比べてFポンの観客が少な過ぎる旨のコメントがありましたが、トヨタもこのようなイベントをコラボすることで、後々のFポンの集客につなげたいという思惑があるんでしょうか。

ちなみにこれは表彰台から眺めたスタンド。
DSCN6155.jpg

こんなガラガラではドライバーも寂しいだろうな…。


観戦の途中、トンネルを抜けてヘアピン方面へ行って見ました。トンネルもエスカレーターなんぞ付いちゃって立派になったなぁ。

なんて思ってたら、おー、発見!
100718_151358.jpg

懐かしいですね。以前はこの土管を通ってヘアピン方面へ行ったんですね。

一応、Fポンマシンの雄姿も。
なんだかんだ言っても、非日常的なスピードやサウンドは、やはり刺激的です。

DSCN6172.jpg DSCN6176.jpg  ヘタな写真ですんません。


結局そのままダンロップコーナーを過ぎ、コースをくぐって駐車場へ戻りました。
てなわけで、すいません。Fポンのゴール見てません。


はたしてご招待ゲストにFポンのPRになったのかは少々疑問ですが、盛り沢山で楽しい一日でした。

なんか純粋に、レースを楽しみに来てる方々に申し訳ないような気もしますね。



クルマの話 | 02:00:14 | Trackback(0) | Comments(2)
祝、西富士道路無料化
とりあえず期間限定の条件付きではありますが、地元の西富士道路が無料解放されました(^^)。

ワタシ自身、西富士道路の利用頻度はそれほど高くはないのですが、この無料化には一つ期待する事があります。
それは周辺道路の混雑緩和。

もともとR139のバイパスとして造られた(と思う)道でありながら、有料であるがために利用者が限られ、通勤時間帯のR139は相変わらずの混雑。
その抜け道としてよく利用されているのが、ウチの前の道なのであります。

ワタシが子供の頃は交通量も少なく、夕方に自転車の練習が出来るくらいのどかな道だったのですが、中途半端に道をつなげたり広げたりしたおかげで、今では大型トラックも通行するし、子供が歩くのも危険な程交通量が増えてしまいました。

それと言うのも、この道が富士市街から富士宮方面への恰好の抜け道となってしまったからなんですね(:_;)。

夕方など、酷いときには数百㍍先の信号待ちの列が自宅前まで繋がったりするので、その時間帯に道から直接車庫入れするのは結構なストレスです(*_*)。

まぁこんな話はウチだけじゃないし、天下の公道ですから誰が何処へ走ろうと自由なんですけどね。


今回のバイパス無料化でどれほどのクルマがそちらにまわるかわかりませんが、少しは抜け道としての交通量が減ってくれるんじゃないかと、ちょっと期待しているのですp(^^)q。


メディアは「交通量の増加で渋滞悪化」など、一部分ばかり取り上げて騒いでますが、言わせてもらえば片手落ち。
「タダになった-」って使わないでいたクルマをわざわざ引っ張り出しくる訳じゃなし、どこかが混んでりゃどこかが空いてる訳で、そちらのほうも検証したらどうかと思いますね。

まー、そうすると今度はどこかの商店の「交通量が減ってお客が減った」なんてネガティブな意見ばかり取り上げるんだろうな(-_-)。


東名高速クラスの全面無料化には賛成じゃありませんが、西富士道路は言ってみれば生活道路。
「実験」なんて言わないで、このまま無料解放してもらいたいものです。

普通の日記 | 12:09:43 | Trackback(0) | Comments(2)
新入り
飼い猫の急逝からはや四ヶ月が過ぎて、悲しみも癒えてきた今日この頃ですが、この度、わが家に新しくチビ助が仲間入りしました。
ponta

名前は「ぽん太」。(タヌキじゃないよ)
野良出身の雑種ですが、生まれた時から優しく世話をしてくれてた方のおかげで、人なつこくてかわいい子猫に育っています。

ウチに来た当初は親兄弟を探して心細い様子でしたが、すぐに慣れて元気に走りまわっています。

これからまた楽しい日々になりそうです。

普通の日記 | 00:43:55 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad