■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
巨大ジオラマに参加
学校二学期制の副産物、『秋休み』ということでちょっと横浜(またかよ)へ。

偶然かオヤジの策略か、俳優の石坂浩二氏主宰の模型クラブ「ろうがんず」の作品展が、「横浜人形の家」博物館の無料ギャラリーにて開催中との事で、ついでに(メイン?)立ち寄って来ました。

今回はジオラマの作品展だったのですが、プロの方の作品も多く、とても見応えのあるものでした。

一部ご紹介しますと…

これは石坂浩二氏による大きなジオラマ
DSCN6358.jpg 


雰囲気がイイですねぇ
DSCN6329.jpg  DSCN6327.jpg 


野ざらしのバキュームカーが朽ちる行く末は…あぁ怖い怖い。
DSCN6331.jpg  


これはひな親父さん御用達
DSCN6349.jpg 


圧巻の水族館。
DSCN6340.jpg 


映画ウォーターワールドのセット。凄すぎます。
DSCN6333.jpg 

こういうのいいなぁ。至福のひと時ですね
DSCN6359.jpg 


そして会場中央にあったのがこの横浜開港の巨大ジオラマ。
DSCN6342.jpg  DSCN6341.jpg

昨年開催されていた横浜開港のイベントに展示されていたものだそうですが、圧巻なのはその人物フィギュアの数。
この細かいフィギュア、なんと自分でペイントしてジオラマに参加できるのです。

で、子供達が参加させてもらいました(無料)
DSCN6346.jpg

こんなに小さいです。原形作った人は凄いー。
DSCN6353.jpg

で、好きな所に立たせてくれます。
DSCN6356.jpg  よい思い出になりました。

このジオラマ、歴史的資料に基づいてレイアウトされているのですが、こちらでその気の遠くなるような作業の全貌を見ることができます。

でも堅苦しさは全くなく、ちょいちょい遊んでいる所があってそれを捜すのも楽しいです。
これは長男が発見したのですが、黒船の先端に乗っているのは・・・あれ?
DSCN6345.jpg  DSCN6345_20101015002344.jpg

この作品展、24日まで開催されているそうなので、お近くにお越しの際は立ち寄ってみると面白いですよ。

スポンサーサイト
模型寄りな話 | 00:40:10 | Trackback(0) | Comments(2)
アコースティックな夜
もう一週間ほどたってしまいましたが、長男とロゼシアターに『栗コーダーカルテット』を聴きに行って来ました。kuriko.jpg

栗コーダーカルテットとは名前の通り、リコーダーやウクレレなど、シンプルな楽器を持ち寄って演奏する四人組のこと。
その実体はそれぞれに作曲家や演奏家として活躍しているプロの音楽家達です。(ちなみに栗とはリーダーの栗原さんに由来)

子育て世代には馴染みのあるNHKの「ピタゴラスイッチ」のテーマや、最近ではカルピスのCMのBGMなど、素朴なアコースティックサウンドは聴けば誰でも「あ~、この曲!」って、一度は耳にしている事と思います。
ウチでは子供が小さい頃、「Jam」というカタツムリのアニメが大好きだったのですが、そのテーマ曲が栗コーダーカルテットとの最初の出会いでした。
jam_postcard.jpg こんなヤツ


んで、何と言っても一躍有名になったのはこの曲『帝国のマーチ』。

「やる気のないダースベイダー」などの愛称で、TVなどでもよく聴く機会のある名曲。
脱力系などと評されてはいますが、ご本人は「結構がんばって演奏してます」と、言っていました。

リコーダーやウクレレ以外にもいろいろ面白い楽器を使っていたのですが、その一つがこれ。
スズキ楽器謹製の「アンデス」。
andes25f_01.jpg

この一見ピアニカ風の楽器から出てくる音はリコーダーそのもの。
先の『帝国のマーチ』でもリコーダーパートはこの楽器が使われておりました。なるほど、これなら和音もOKな訳です。

ちなみにこのアンデス、一度生産中止されていた所、この『帝国のマーチ』のヒットでめでたく再生産となったんだそうです。


コンサートのほうは、とても楽しいものでした。
リコーダーやウクレレ、ギターや民族楽器など、素朴な楽器でもいろいろな音色で楽しませてくれるので、飽きることなく聴き入ってしまいました。これも確かな演奏力あっての事でしょうね。

なにより演奏しているご本人達がとても楽しそうで、聴いているこちらも自然と笑顔になってしまいます。
おじさん達のボソボソッとしたトークも結構ツボに入って面白い。
こういうリラックスした演奏会もなかなかいいですね。

今回は抽選招待(珍しく当選)という事で無料だったのですが、ぜひもう一度聴きに行きたいと思わせる栗コーダーカルテットでした。

音楽的な日記 | 00:03:53 | Trackback(0) | Comments(2)
トレードマーク
先日の日曜は地区の体育祭でした。

雷雨という当初の予報はどこへやら。
当日は日焼けするほどの良い天気でした。

今年は子供会の役員に当たっているので、夫婦で朝一からの出席。
おかげで予定外の競技に駆り出されてしまった。

まぁひとつ御役目が終わってヤレヤレといったところです。


それにしてもウチの区のマーク。
どこかの悪の秘密結社のマークに良く似とるなぁ。



普通の日記 | 07:36:56 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad