■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
震度5
最近何か日本が不安定ですね。

東北地方を襲った巨大地震と津波。
それに追い討ちをかけるような、原発の事故。

被害に会われた方々が、一日も早く安心した生活を取り戻せるように願うばかりであります。


ワタシの住む富士山の麓も東海地震がいつ起きてもおかしくないと言われ続けており、とても対岸の火事とは思えません。

そんな緊張の続く中、15日の夜遅くに富士市でも強烈な地震が起こりました。
隣市、震源に近い富士宮は震度6。富士市でも5弱という震度を記録。
記憶に有る限りワタシの体験した最大の揺れで、2階にいた事もあってガシャガシャといろいろなものが落ちたのには正直かなりビビりました。

一瞬の停電のあと、揺れが収まったのを見計らって外へ出て、車の中に小一時間の避難。
しばらくして家の中に戻り改めて状況を確認すると、一階はそうでもないけど二階はひどかった。

開いてしまった食器棚から落ちた皿やらコップやらが割れて散乱し、廊下は歩けない状態。(さっきここ歩いたんだよな…)
子供部屋ではテレビやラジカセが落ち、学習机の教科書類も散乱していました。

悲惨なのはトイレで、棚にあったトイレットペーパーは便器の中に山積み。(やっぱりフタしなきゃダメだなぁ)
液体の芳香剤も倒れ、強烈な香りを漂わせていました。
やっぱり家具の固定や非常持ち出し品など、日頃の地震対策は大切だなぁと痛感。

その後の余震はたいしたことなく済んだのですか、「ついに東海地震、来たか!?」とビビった夜でありました。

スポンサーサイト
普通の日記 | 16:44:29 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad