■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
ピックガードの製作
ここの所、新入りのベースばかりいじっておりましたので、今年最初のBASS寄りネタは、メインの相棒であるスティングレイから始めることにしましょう。

という訳で、かねてから構想のあったミラーのピックガードを製作してみました。

まずはスティングレイのピックガードを外します。
IMGP0997.jpg お、ちょっと新鮮。


材料は一年くらい前に横浜のハンズで買っておいたミラーのアクリル板。
111206_201836.jpg

愛機より外したピックガードをテンプレートに切り出し穴開け。
で、こんなん出来ました。
IMGP1151.jpg

アクリル板は固いので加工はなかなか大変です。
で、特に注意が必要なのがドリルによる穴開け。
普通の鉄工用ドリルではアクリル板が割れてしまいます。

こちらのサイトに対処法が紹介されていますので参考までに。


さて、取り付け完了。
IMGP1204.jpg

ムフ、いい感じ。
111231_122257.jpg

うん、やっぱりコイツが一番しっくりくる。
今年は日の目を見させてやりたいなぁ。

スポンサーサイト

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

BASS寄りな話 | 00:04:11 | Trackback(0) | Comments(2)
行った年、来た年
すでに三が日も終わっておりますが、とりあえず2012年が明けました。
今年もよろしくお願いします。


昨年はツイッターを始めた事も手伝って、ブログの更新がより一層滞るようになってしまいました。
今年はもうちょっと充実感を…とは言っても、もともとそんなたいしたこと書いてないですしね。
まぁ不定期にちょろちょろっと綴っていきますんで、ボチボチとお付き合い下さいませ。


というわけで年末年始の小ネタを二つほど。

そのいち。
クリスマスに遊びに行った横浜で立ち寄った『カップヌードルミュージアム』。

みなとみらいの観覧車近くにあるデカイ建物がそれ。
こちらはチキンラーメンに始まったインスタントラーメンの歴史が垣間見れる所なんですが、ここのメイン(と思われる)コンテンツは、自分自身でオリジナルのカップヌードルが作れる、『マイカップヌードルファクトリー』でしょう。

無地のカップに好きな絵を描いて、
111224_101228.jpg

四種類のスープに好みのトッピング(四種類まで)を選ぶと
IMGP1106_convert_20120105002602.jpg

フタの圧着からシュリンク包装まで、
111224_103102.jpg

店頭で並んでるカップヌードルと同じものができます。

これが300円でできるんだから結構面白いですよ。

ちなみにウチではワタシと次男坊がカレースープ。嫁さんと長男がチリトマトスープでした。
特にチリトマトのほうはトッピングの違いによって全体の味がかなり違ったとのこと。

いろいろな組み合わせを試してみるのも楽しそうです。

もうひとつ、要予約でチキンラーメンのファクトリーもあるのですが、こちらは麺をこねるところから始める本格的なもの。
次回はチキンラーメンも作ってみたいですね。


小ネタそのに。

明けて正月二日。東京はお台場に遊びに行った際に、超リアル蝋人形の館、『マダムタッソー東京』に立ち寄ってきました。

まぁ、その桁外れのリアルさは、とりあえず写真をご覧くださいな。

IMGP1216.jpg IMGP1217.jpg

IMGP1229.jpg IMGP1257.jpg

IMGP1238.jpg IMGP1245.jpg

もちろんこれで全部じゃないんですけどね。
日本人でも坂本龍一やハカセ太郎なども。あ、AKBのなんとかいう子もあったな。

あと、ちょっと考えられないのが、ここの展示人形はおさわりOKなんですね。
IMGP1225.jpg

ワタシはこの程度のツーショットでしたが、肩を組んだり、抱きついたりも自由だそうですからなんとも太っ腹です。(ジャッキーチェンの鼻もしっかり触ってきました

残念ながらここでの展示は期間限定で、4日までの開催でした。(ウチはギリギリセーフ)

もしまた近くで開催されるようでしたら一度足を運んでみるといいかも。
特に洋画好きな方にはおすすめですよ。








普通の日記 | 01:16:43 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad