■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
追憶のトラック〜バッファロー号製作記〜その8
えー、明らかに製作ペースが落ちてますねぇ。最近は暑かったり、腰が痛かったり、なんだかんだで集中して作業ができなくなっております。
まぁ人生いろいろありますわな。

で、忘備録という訳でもないんですが、最近までの作業報告をしておきます。
今回、特にセクションを分ける事はしていません。


まずはフロントグリル
個人的にはふそうFUの一番カッコイイ所だと思っています。
無題

ハンサムですね(^ω^)。

キットのパーツは新金型という事で非の打ち所がありません。
image_20130722205437.jpg
ライトベゼルもグリルのメッシュも別部品となっています。細かいですな。

フロントグリル、その他。とりあえずハイターに浸けてメッキを落としました。
image_20130722205440.jpg

まずは上部のスリット(中央の二つ)を、実車に倣って開口します。
それからグリルのメッシュ部分ですが、せっかく開口してるのでエッチングパーツに置き換えてみます。

スリットは例のスジボリツールで、開口するまでカリカリと彫り込みました。
image_20130722205436.jpg
菱形格子のエッチングパーツはハセガワやファインモールド などから出ておりまして、格子の大きさや角度がそれぞれ微妙に異なるのですが、このグリルにはイマイチしっくり来ない感じですねぇ~。(´・_・`)

で、手持ちのジャンクパーツを漁ったら、丁度いいのがありました。
4_20130722212531.jpg

フジミのフォードGT40のリヤエンドのメッシュです。コレがなんとも実車のイメージに近くて良い感じなんですな。(^O^)
いやー、取っとくもんですね。断捨離なんてクソ喰らえです。(・∀・)

パーツ構成の都合上、そのままではメッシュの面がかなり奥になってしまいますので、グリルの裏側を削りました。
IMGP2965 (1024x768)
元パーツ(不要部品)との比較。


メッシュを付けてみました。
3_20130722212525.jpg

ん、いい感じいい感じ。(^ω^)


次は唐突にリヤの観音扉。
面倒なので後回しにしていた作業ですが、内側モールドにくっきり付いている突き出しピン跡の処理をしました。
IMGP2919.jpg
荷台内部は端折ってしまいましたが、さすがにこの部分はリヤゲート開けた時に目立ってしまいますからね。

んで、溶きパテ盛って。
image.jpg

ペーパーでならすと。
image_20130722205517.jpg

突き出しピン跡の近くにはボルトの極小モールドがありましたが、これを残して穴埋め処理をするのは至難の技なんで、やむなく一緒に削り落としました。

地味ですが、結構大変な作業なんですよねぇ。時間もかかるし。


さて、今度はシャシの右側、エアタンクの後方になりますが、こちらには木製の道具箱が付いてい(るように見え)ます。

なので自作。使ったのは1mmのバルサ板。
image_20130722205620.jpg

木材を使ったのは、塗装で木の質感を表現するのが下手くそだからです(^_^;)。
ヒンジ部分はプラ板でそれっぽく。

取り付けステーは金属材で工作。
薄手のL型アングルが手持ちに無かったので、真鍮の角パイプから削り出して工作しました。

組み合わせるとこんな感じ。
image_20130722205621.jpg

まぁコレもボディを載せるとあまり見えないんですけどねー。


最後はこの部品。
フェンダーに貼り付いているアルミ製のカバー(ガード)です。
IMG_0263.jpg

こやつをどう再現したら良いものか。地味な部分ながら結構悩みました。
メタルック的なモノでは塗装面にカッターの刃を立てねばならないので、失敗した時が悲惨です。

なので別体のパーツを作る事にしました。
ヒートプレスはうまくいかなかったので、100均で探してきた素材がこのキッチン用品。
image_20130722205519.jpg
FUのフェンダーのRに一番近いモノを探すのに苦労しました。

慎重に切り出しまして、ちょっとずつしごいて馴染ませていきました。
image_20130722205515.jpg  image_20130722205511.jpg


アルミ製ということで質感は申し分ないですね。これならなんとかイケそうです。
image_20130722205510.jpg


とりあえず今回はこんな所で。
うーん、まとまった時間が欲しいなぁ~。(´-ω-`)









スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

バッファロー号製作記 | 22:49:55 | Trackback(0) | Comments(6)

FC2Ad