FC2ブログ
 
■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
追憶のトラック ~バッファロー号製作記その12トン目! [最終回]
さぁ、いよいよ最終回!…なんですが、前回の製作記事で一つ忘れ物をしていました。相変わらずこの辺の段取りが甘いですなf^_^;。

その工作(大したモノじゃないんですが)は、リヤベッドの周りのカーテン。
IMG_0641.jpg

てか、カーテン(布)に見えるかな、これ?
素材は薄めた木工ボンドに浸したティッシュペーパー。ジオラマ製作などでは定番の手法らしいです。
で、初めてやってみたのですが、シワの感じが全然なっちょらんですな。
でもスケール感で言えば、モノホンの布地を使うよりは、いくぶん良い感じかなと。
IMG_0642.jpg


さて、気を取り直してバッファロー号の製作記、最後にしてメインの作業となりました。
バッファロー号のバッファローたるゆえんであるリヤボディのイラストであります。
baffaSave0002_20121021161700.jpg

物語では第一話の最後、新生中原運送店のスタートに当たって、12トントラックの荷台に大きなバッファローのイラストが奢られました。(中原運送店、よくそんなお金があったな…なんてことは言いっこナシ!)
みんなで洗車をしながら、石橋正次アニキが『バッファローかぁ〜』と一言。ここで初めてバッファロー号と言う愛称が生まれるのでした。
(余談ですが、原作本では新車納車時点ですでにバッファローのイラストが描かれており、最初からバッファローと呼ばれています。)


イラストのデカールにはコレもエーワンの転写シールを使用。
サントラレコードのジャケットのイラストを加工して作成しました。
121021_162658.jpg  IMG_0639.jpg 
文字も若干修正してます。

これ、サクッと作ってるように見えますが、画像編集ソフトを使い慣れていないアナログオヤジにとっては結構大変な作業だったのであります ( ̄◇ ̄;)。

そういえばマーキングの時に書き忘れてましたが、この用紙の注意事項として、アイロン転写のように印刷面の上側に糊が付く関係上、絵柄を反転させて印刷する必要があります。(文字の場合も)
これはウチのプリンター(キヤノンのまあまあいいヤツ)に限ったことかもしれませんが、印刷時に反転設定するよりも、予め画像編集ソフトで画像を反転させておいて普通に印刷した方がキレイに印刷できました。(気付くまで何枚か用紙を無駄にしてしまった‥‥)

ここは下地が白いので透明タイプが使えます。バッファローのイラストをきっちり切り抜くのは至難の技ですからねー。
ただ、デカールのように濡らしてズラすという事ができないのが難点。位置決めはかなり慎重さが要求される一発勝負です。
IMG_0629.jpg


・・・という訳で、ようやく完成しました!

b2.jpg b19.jpg


IMG_0631.jpg  IMG_0635.jpg  

IMG_0640.jpg IMG_0643.jpg 

IMG_0638.jpg  ←奥にボンベが見えます。

IMG_0645.jpg  ff.jpg

_55_.jpg コクピットのアップ  
__.jpg  ←カーテンに見えます?(^_^;)

IMG_0634.jpg  配管が良い感じです。

IMG_0633.jpg   やっぱりバッテリーは見えなくなってしまった・・・。

b17.jpg


b12.jpg b20.jpg


むーん、我ながらカッコいいじゃんか‥‥(T ^ T)。

製作期間は約一年半。改造箇所の割りに時間が掛かり過ぎの感は否めないですが、スキマ時間オヤジモデラーとしては、今回はまずまずのペースだったかな。
オプティマスの時もそうでしたが、実際に手を動かしている時間よりも、考えている時間の方が長かったですね。

端折った部分やあまり正確でない部分(冷凍機BOXの中身や木製道具箱etc‥)も若干あるのですが、ワタシにとっては現時点でベストなカタチで仕上がりました。
ン十年来の願望がようやく実現できて、なんとも感慨深いものがあります。
まぁ自己満足の範疇ではありますケドσ(^_^;)。

今回の製作に当たり、改めてバッファロー号を隅々まで観察した訳ですが、そのカッコ良さに改めて惚れ直してしまいました。

子ども心をガッチリと掴む迫力あるバッファローのイラストや、グリーンと白のツートンカラーの絶妙な色合い。そして、この時代のクルマならではの個性豊かな『カッコイイ顔』とあいまって、単なる劇中車両を超えた、何か意志を持った一つのキャラクターのように思えます。

今のトラックに同じカラーリングをしたらどうなんでしょうね。ちょっと興味ありますけどね、『火曜日のあいつ2013』とか( ^ω^ )。

今後、まかり間違って火曜日のあいつのDVDBOXなんかが発売されちゃったりすると、『なーんだ、ここが違うジャン』なんてツッコミどころが多々あるかもしれませんが、そこはどうかひとつ長い目でみてやってくださいませ(^_^;)。

このトラックのモデルが、『そう言えばこんなドラマあったなー』って『火曜日のあいつ』の事をちょっとでも思い出してもらえるきっかけになってくれれば、作者としても嬉しい限りでございますです。


てな訳でバッファロー号製作記、これにて完結。お付き合い頂いた方々、ありがとうございましたm(_ _)m。

Specialthanks to
Mr.koushin & Mr.doyoubi

最後はお約束の空撮ショットで(^-^)♪
IMG_0637.jpg





スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

バッファロー号製作記 | 11:19:09 | Trackback(0) | Comments(20)