■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
『RUSH』
久々の映画ネタ。70年代のF1レースにおける実話を描いた『RUSH』を見てきました。

IMG_1054.jpg

メインの舞台となるのは1976年のF1シリーズ戦。史実が元になっているので、どのレースで誰がクラッシュするとか誰が勝つとか、大まかなストーリー展開はネタバレ済みと言うか周知の事実なんですが、レースなど全く知らない方のほうがかえって面白いのかも。

事実は小説よりも奇なりで、手に汗握る事請け合いな映画です。

かく言うワタシも当時は小学6年生。おりからのスーパーカーブームにどっぷりと浸かり、その延長線上に登場してきたフォーミュラカーにハマって行ったのは当時の男子に共通の経験なんじゃないかな?
特にこの年はタイレル(ティレルとは言わない)が、6輪車といういかにも子供達が食いつきそうな異形のマシンを登場させた事もあって、にわかF1ファンが増殖したのでした。

6輪タイレル タミヤ本社にあるP34

でもそこは小学生なので、車名やドライバーなど上っ面の知識を詰め込むだけ。

マルボロやJPSがタバコのブランドだったりelfが石油会社なんて事は全く知らず、チームやスポンサーなんて、なんのこっちゃか全然分かっていなかったですね。『マルボロマクラーレン』とか『JPSロータス』って、『トヨタカローラ』とか『ニッサンスカイライン』みたいな車名だと思ってましたから。

シリーズ戦ということもよく分かっていなかったので、最終戦で『◯◯が一位でゴール!総合優勝は△△!』って、いったい誰が勝ったの⁇という程度。
それでもたまに行われたTV放送では、異次元のスピードとサウンドの勇姿に、当時の男子は釘付けになっていたのでした。

で、この『RUSH』。まさに子供の頃夢中になったマシン達が現実に走り回るのですからたまらない。
撮影では現存する当時の実物(!)を実際に走らせているのですが、現代のF1と比べると音も挙動も荒々しくて良いんですよ。コレが。(^^♪

IMG_1052.jpg

また、当時はまだ無かったオンボード映像なども織り交ぜて、大迫力のレースシーンを再現しています。

シリーズ最終戦の舞台となった富士スピードウェイのディテールが?の部分もありましたが、6輪車のカウルにはちゃんと『たいれる』と書かれており、思わずニャッとさせられる場面も。

IMG_1053.jpg

まさに『コレが見たかったのよ!』といった感じの映画でした。

物語の主題であるジェームズ・ハントとニキ・ラウダの確執と友情についてはラウダ本人もお墨付きを与えたほど、リアルに描かれていたようです。その辺りはぜひ映画をご覧頂ければと。

IMG_1055.jpg

役者さんも実在の人物にソックリな雰囲気の方ばかりで、エンツォフェラーリなんて本人かと思ったくらい(あり得ませんがf^_^;)。
他にもスターリングモスや高原 敬武、長谷見 昌弘などの役名もクレジットされていたようですが、劇場では気付きませんでした。
その辺はまた映像ソフトが出たらじっくり見たいと思います。


ちなみに、今回一緒に劇場に足を運んだのは親友のひな親父さん。彼はこの76年の富士スピードウェイでの最終戦、なんと当時グランドスタンドで観戦しているんです(◎_◎;)。まさに時代の生き証人ですな。

映画を見終わったあと、一杯ひっかけながら当時の話で盛り上がったのは言うまでもありません(≧∇≦)。

スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

映画の話 | 18:59:01 | Trackback(0) | Comments(4)
オプティマスちょこっとお色直し
久しぶりに明るい所に出て来たオプティマス。

optimus prime

一応完成してはいるものの、久しぶりに改めて眺めてみると、やはりラストの突貫工事感が否めません。

特に燃料タンク。若干寸足らずなのと、メタルックシワシワ感な仕上がりは以前から直したかった部分です。
ホビーショーに連れて行き、人前にお披露目するにはちょいとアレな部分もあるので、改修することにしました。

で、密かに調達していたパーツがコレ。

IMG_1034.jpg

ホームセンターにあったパイプ。水道管でしょうか?太さも長さも丁度良い。

それと100均で見つけたコレ。
IMG_1030.jpg

くるみボタンって言うヤツですね。嫁さんもたまに作るんでモノは知っていたのですが、このサイズを発見した時は感動しました。

で、この二つがどうなるかと言いますと、これが測ったようにピッタリ合うんですよ(T ^ T)。
IMG_1033.jpg

このカタチ、もう燃料タンクそのものじゃありませんか。(ってオラだけ?)

ステーはプラ板で工作。あまり見えない部分は相変わらずテキトーです。
IMG_1032.jpg

タンクもバンドもステンレステープを貼り付けているので金属感は申し分なし。
IMG_1031.jpg

実車はアルミバフがけの鏡面仕上げなんで、若干光り方が違うんですけどね^_^;。

IMG_1029.jpg 

給油口のディテールがなかったり実車と比べるとちょっと長すぎたりしましたが、見た目はかなりスッキリしました。隙間がなくなってかえってカッコイイかも。(^^)

できれば塗装のファイヤーパターンにライトブルーの縁取りを入れたかったんですが、この状態で強行すると大失敗は明らかなのでやめときました(ー ー;)。

如何せんもうバラせませんのでねぇ〜(~_~;)とりあえずこの状態で参加させましょ。















テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

オプティマス製作記 | 11:09:33 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad