■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
静岡ホビーショー 追記
さて、今回ホビーショーに参加しましたのは、もう一つ理由と言うか下心がありました。

と言うのも、今回の出展ブースで背中合わせになった某有名モデラーズクラブの親分さんが、昨年末にバッファロー号が入賞したモデルカーズ誌のコンテストで審査員を務めたプロモデラーのK沢さんそのお方なんですな。

こりゃプロの方とお話する滅多にないチャンスと言うことで、ちょうどウチのブースの前を通りかかった際にお声がけして、ご挨拶がてらバッファロー号の現物を見ていただきました
(^ ^)。

特に調色に難儀したグリーンの色味を誉めて頂いて感激しきり。いろいろと興味深い話も聞かせてもらいました。
雲の上のプロモデラーさんですが、とても気さくないい方でしたよ。K沢さん、足を止めて頂いてありがとうございました(^-^)/。

そうそう、塗装と言えば今年は久々にGSIクレオスさんの出展がありましたねぇ。
大人の事情が解消したようでなにより。個人的にはクレオスの色見本パンフをもらって帰るのがホビーショーの恒例でしたからね。
でも日曜には品切れしてました(ー ー;)。来年はもっとたくさん用意しといてください。



さてさて、ウチのブースの全景写真ですが…



約一台、場違いなクルマが混ざっていたのにお気付きでしょうか?



コレ。ひっそり紛れ込んでいた、シェルビーGT350R(モノグラム1/24)。




今年のブースが昨年の2倍のスペースと言うことで、スキマが空いちゃったら埋めようかなーと持参したんですが、結果的に必要無かったようですf^_^;)。
が、せっかくなんで隅っこの方に置いちゃいました。

場所が場所だけに目を止めた方はほぼゼロでしたが、会場の明るい照明の中に並んだシェルビーは3割り増しくらいカッコ良く見えました。ま、自己満足ですケド(*^^*)。

かなり前に製作した作品ですが、実はフル開閉、フルディテールに挑戦した力作なんであります。





いずれまたちゃんと紹介しましょかね。(^ ^)


スポンサーサイト
模型寄りな話 | 12:27:30 | Trackback(0) | Comments(4)
昔のクルマで出ています

という訳で、去る5月の17日、今年も静岡ホビーショーのモデラーズクラブ合同作品展に参加して参りました。

現在、極秘製作中のブツがなかなか完成に至らないのでいわゆる新作というモノはないんですが、会長さんのぜひまた見せてくださいなんていうありがたいお言葉を真に受けて、またまたバッファロー号とオプティマスを連れてノコノコと静岡へ。
日曜のみの参加ではありましたが、それでも今年も声をかけて頂いたりしてヨカッタヨカッタ(^ ^)。
バッファロー号、まだまだ潜在的な好きモノ達がいるようで嬉しい限りです。


という訳で、まずはウチのブースから何台かご紹介。毎度の事で非常に偏ったレポートで悪しからず m(_ _)m。

ピンクのトラックは群馬から参加の石◯さん。



エアサス仕様ですがサスペンション可動という不思議な改造がなされています。これは娘さんのリクエストで製作されたとか。
家族で同じ趣味っていいですねぇ。静岡には一家で来場とのことでした。

こちらの荷台スライドタイプのセルフローダーは会場のG屋さんの作品。


これは某模型誌のコンテストで入賞の実績のある、知る人ぞ知る力作です。


今回ウチのクラブには、埼玉のFD830さんの知り合いの方が二名、飛び入りで参加されたのですが、両名とも凄い作品を持ち込まれたのでとても見応えのある展示となりました。

まずはたかぼうさんのふそうFV セルフローダー仕様。とりあえずはその驚異の作り込みをご覧あれ(@_@)。










いやーすんごいですねぇ~( ̄◇ ̄;)。
実車を隅々まで取材されて、補機類やら配管やらまで完璧に再現されたディテールは圧巻の一言。特に下回りはミッション、デフ、シャフト類に至るまでほぼ自作のパーツで固められています。もう変態(誉め言葉)の域ですな。

本職がモデル製作業(プラモとかじゃなく)ということで、なるほど納得。実はネット上では結構有名な作品でもあります。


こちらは伊豆半島から参加のはぎてつさんのこれまたセルフローダー。なぜかセルフローダーって人気です。



こちらもアウトリガーのディテールや配管など変態的(誉め言葉ね)なクオリティであります。





シャシ後方に搭載されたウインチのワイヤーがちゃんと前方まで引き回されていたりして、もうたまらんですね。
「見えない所はテキトーに」が最近の作風であるワタシには衝撃的な二台でありました。

ブースの全景。昨年の倍のスペースを確保してます。






ここからは他のクラブでおっ?と思った作品をほんの少し。ホントに少しだけ。

ガルウイング繋がりですかな?



うーむその手がありましたか。ナイスアイディア。


一見普通のいすゞのトレーラー。



このカラーリングと引っ張っているトレーラーでピンと来る方はお友達になれます。
映画コンボイに出てくるスパイダーマイクのトラックのカラーリングですね。センスいいなぁ。

最近、実在の個体をいかに再現できるかみたいな作品ばかり作ってたんで、こういう遊び心のある作風っていいなぁと思いました。


最後にすんごいのを一つ。



とてもマネできないと言うか、する気にもならないですね。ここまで凄いと。

会場ではこの様な作品があちこちで見られます。毎度ながらとても濃い1日でした。

お声がけいただきました皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m












模型寄りな話 | 12:39:49 | Trackback(0) | Comments(6)
一年なんてあっと言う間
早いもので来週 16.17日は静岡ホビーショーです。

去年はバッファローとオプティマスをお披露目したんだよなぁ~。もう一年か。

で、有難い事に今年も声をかけていただきましたんで、性懲りもなく参加しちゃいます。
でも去年総動員しちゃったからなー。更に古いヤツでも持っていきますかね。

土曜日は野暮用があるので日曜だけの参加ですが、また同好の士と再会できるのが楽しみです(^_^)。

模型寄りな話 | 20:23:57 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad