■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
5月21日の独り言
『THE FANKIEST BASS PLAYER』



2015年の5月21日。ワタシが最も影響を受けた、いや、多くのファンキーベーシストに直接、あるいは間接的に影響を与えたであろう
ベースプレイヤー、ルイス ジョンソンが癌のため亡くなりました。

この21日でちょうど一年。神様のように崇める大ファンでありながら、その訃報をキャッチできないまま3か月。気付けば追悼特集が組まれたベースマガジンも買いそびれるという大失態。
自己嫌悪と訃報が信じられない気持ちとごちゃ混ぜのまま迎えてしまった一周忌。

件のベースマガジンもその後慌てて入手したものの、ページをめくる事なく今日に至っています。
晩年は第一線での活躍の報も聞こえず、更に遠い存在であった為か、亡くなったと聞いてもなんだかピンと来なくて。

ワタシの中では生きてるんですよね。まだまだ自分は彼の背中を追い続けています。



思えば、ルイス ジョンソンという凄いベーシストがいるんだよーということを少しでも広めたいという思いで始めたブログでした。
途中からなんだか内容が多岐に渡っちゃって焦点がボケまくっておりますが、あらためてタイトルを見ると「日々BASS」。
ルイスの参加アルバムなど、まだまだ紹介したいモノはあるんですが、レビューも中途半端で止まっています。


な の で。

一周忌の追悼記事を書くつもりでしたがやめました。ベースマガジンもまだ開きません。あー、見ませんとも。

またぼちぼちと素人なりのアルバムレビューを再開していこうと思います。すべてやりきったと感じたら、その時に改めて追悼の想いを綴ろうかと思います。
彼は「凄かった」んじゃなくて、「凄い」んです。

この記事の冒頭、
『THE FANKIEST BASS PLAYER』とは、ジョージ デュークが82年の日本公演でルイスを紹介する際に言った言葉です。そのジョージも今は彼方の人。

とりあえず今は、彼らを偲んで献杯!といきますかね。献杯相手、募集中。






スポンサーサイト
ルイスジョンソン寄り | 00:12:57 | Trackback(0) | Comments(6)
静岡ホビーショー参戦記 その2



さて、1日目夜のどんちゃん騒ぎで日付けが変わってから宿に戻るも、朝五時半には目が覚めてしまったジジイです。ヽ(;▽;)ノ

今回はあまり企業ブースには行かなかったので、新製品とかそういう情報はほぼ皆無。だもんでその辺のレポートは他をググっていただくとして、ここでは作品展のほうを少々。
まぁこちらも大盛況ゆえ、あまり端から端までじっくりという訳にはいきませんでしたが、ちょっと気になった作品をいくつか(写真だけですが)紹介したいと思います。

マスタング大好きオヤジが思わず食いついたブリットのマスタング。製作は某有名プロモデラーの方です。



別キットのエンジンを改造して載せたFR最後のセリカ。



緻密ですねぇー



ちょっとシブいジオラマ。





アメリカントラックも少数ながら頑張っていました。


amtのカタログから出てきたようなケンワース


新旧インターナショナルの揃い踏み


トレーラーの長さの違いが興味深いです



こちらスケールモータースポーツフェアのカズキさんのバンブルビーカマロとナイトライダー。ボディの光沢がものすごいです。





今回一番のインパクトはやはりこれ。MM4に登場するウォータンク(!)




これは凄かった~、いったいどうやって作るんでしょうね。


最後は同スケールということで、たかぼう氏のTWとオプティマスのツーショットを。






楽しい二日間はあっと言う間に終了してしまいました。少しずつ知り合いも増えて、声をかけたりかけられたり。日常とは違う世界ですが、そんなところに末席でも自分の居場所があると言うことは、なんだかとても有り難いなーとしみじみ思うようになりました。

とりあえず皆さんお疲れ様でした~。また元気でお会いしましょう(^-^)/。

おまけ


↑こういう洒落っ気のあるヤツ、大好きです。











模型寄りな話 | 11:55:30 | Trackback(0) | Comments(4)
静岡ホビーショー 2016 参戦記

5月の14.15の二日間、今年も静岡ホビーショーの合同作品展に参加してきました(^-^)/。


もう会場のキャパいっぱいいっぱいなんですが、それでも参加団体は年々少しずつ増えているようで、今年も模型オタクの熱気で会場はムンムン。

例によってほとんどが自分の参加したブースの紹介でありますが、さっそくレポートしちゃいましょう。

とりあえずブース全景。




もう完全にトラックに特化した内容となっています。

こちら今回の目玉。昨年に引き続き参加いただいた、たかぼう、はぎ☆てつ両氏の競作、ニッサンディーゼル TWのダンプトラック。







あまりの自然さにこんなキットがあるのかと思ってしまいますが、フレーム、足回りの一部とタイヤ以外はほぼスクラッチという超弩級の作品。

特にたかぼう氏のTWは1/24スケールという事もあって徹底的にディテールの追求がなされています。



どこを見てもスキがありません。



なんとエンジンも自作(!)



こんなとこや…



こんなとこまで…



写真撮り忘れましたが、ダンプ底の凹凸まで表現されておりまして、ヘソタイ度合いはかなりのもの。

道行くマニアな方々が、おぉっ?!と足を止めておりましたが、はたしてどこまで理解していったやら。なにしろ見えないフレーム内部の密度と言ったら尋常じゃありません。

※ 再度こちら参照
工作って楽しいね
「はぎ☆てつのプラモ部屋

さて、ダンプつながりでこちらは会長のG谷さん製作の前輪ニ軸のダンプトラック。車種選択からしてマニアック過ぎます。





これもこのようなキットがある訳ではなく、下廻りに大幅な改造を施しての力作です。

毎年群馬から参加のI井さん、今年は4台も製作してエントリー。



一台作るのに一年以上かかるワタシには異常な製作ペースです。

過去に製作されたモノも含め、実にこのブースの半分くらいはI井さんの作品群となっています。



今回エントリーのなかったヨーロッパの重トラクターを含め、I井さんの作品はこちらで拝むことができますよん。


で、この一角がワタシの作品。



危うく新ネタなしでエントリーするところでしたが、オプティマス司令官が久しぶりに静岡をパトロールにやって来てくれました。



(ハチベイ上官、ありがとうございました)( ̄^ ̄)ゞ

バッファロー号も参加ですが、さすがに3年連続ともなるとあまり声もかからなく…(^_^;)。



ん?

先ほどからチラチラ気になるのがこの二台。



特にこちら、臭ってきそうなウェザリングも生々しいオート三輪。



この二台を持ち込んだのはフィギュアにもなっておりますこの姐さん、その筋では有名な糸目京子さんです。



広島産のオート三輪(バキュームではない)を普段の足とする、商用旧車(だけではないが)マニアのヘソタイさんであります。
この二台、実はたかぼう氏の作品でありまして、その縁で今回遠くから駆けつけてきてくれたという次第。
やはり知る人ぞ知るという事で、あちらこちらでお声がけされていました。

そんなこんなで1日目はあっと言う間に終了。
糸目姐さんを交えての宴会は、旧車トラックの型式がポンポン飛び交い、いつもよりパワーアップした、変態マニアック度にワタシはとてもついて行けませんでした~(^_^;)。

てな訳で次回に続く。






模型寄りな話 | 13:00:38 | Trackback(0) | Comments(3)
’67バンブル製作記 その1
さてさて、重い腰を上げて取り掛かりますよ。

とりあえずパーツを洗浄しましてから、トランスキットのパーツを当てがってみました。





ホイールは固定されてなく、タイヤの上にボディが載った状態です。

ふむふむ。なかなかツボを押さえたトランスキットですな。このほかにドアミラーやリヤウインドガラスの抑え(?)のパーツなどもセットされていますので、このまま組み立ててマットブラックに塗装しちゃえば、それなりに雰囲気の良いモノが出来ちゃいそうですねぇ~。(ストライプのデカールも付属)



が、ここはもうひとひねりして、出来るだけ劇中の姿に近づけてみたいと思います。

この先何度となく仮組みを繰り返すので、まずはホイールを脱着し易いようにシャフト部の加工&補強をしました。





超極太リヤタイヤ(サイズいくつなんだ?)を収める都合上、リヤアクスルの両端を少々カットしてあります。

仕切り直してバランスを確認。





実車を見ると、それほどベタベタに車高が落ちてる訳ではないですね。この年代のクルマはこれくらいクリアランスがある方が好みです。個人的に。
データ的なモノは不明ですが、若干前下がりになっているような気もしますな。

キットのほうはフロントのオーバーフェンダーが全体的に太めですかねー。フロントタイヤは全体が見える感じなので。
リヤはタイヤに少々被るようになるのですが、肉厚なので実はタイヤと干渉しています。
まぁその肉厚なおかげでパーツがシッカリしてるんですけどね。

ここで車高なんぞの調整作業に入るところですがその前に。
キットでは、ロッカーパネルの下部とボディサイドのプレスラインに沿って装飾モールがモールドされています。



実車ではこれは取り外されており、またバーフェン端部の収まりも悪いので削り落としちゃいましたが、このモールドはプレスラインの意匠も兼ねていたので新たにプレスラインの表現が必要になってしまいました。





こんなもんでどうじゃろ。雰囲気雰囲気。


車高に関しては地味な作業でフロントを約1ミリ下げ、リヤのリーフ後端を気持ち上げることで、ほんの少し前下がりにしています。
バーフェンについては、リヤはとりあえず当たらない程度に削っておいて、フロントはかなり思い切ってシェイプアップしました。





で、仮組みですが、仮組みの際はドアトリムやファイアウォール、ガラスなど、なるべく多くの構成部品を参加させたほうがよろしいです。



特に古いキットなどでは、慎重に作業を進めたつもりでもガラスパーツを付けたらシャシが収まらなかった…(ノД`)なんてことがよくありますので。

しかしこのキット、リヤガラスのフィッティングは素晴らしい精度で、インテリアとの干渉など皆無でした。



さすが最近のキット、今回はどうやら杞憂だったようです。

で、また仮組み。






さてさて、当初より格段にバランスが良くなったと思いますがどうでしょ?
あまり違いがわからない?(^_^;)。

とりあえず今回も見た目のイメージを重視しておりますゆえ、車高に関してはコレでOKとしまして次回に続く。




’67バンブルビー 製作記 | 14:45:50 | Trackback(0) | Comments(4)
今年もこの季節が

そう、来週末は静岡ホビーショーであります。
今年もお声掛けをいただきましたので、有り難く参加させていただきます。

昨年に引き続き、今年もスーパーヘソタイモデラーのたかぼう氏とはぎてつ氏が、これまたスペシャルなスクラッチビルトモデルを引っさげて参加されるとのことなので今から楽しみです。
ワタシはと言えば今年も新作はありまへんので、正々堂々と他人のふんどしで相撲をとらせていただきます。

どんなモデルか気になる御仁は以下のリンクからチェックされるとよろしいかと。

工作って楽しいね
「はぎ☆てつのプラモ部屋

あと一週間か…何か持ってくヤツあったかな?手ぶらでもいいかな?(^_^;)




模型寄りな話 | 17:48:15 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad