FC2ブログ
 
■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
静岡ホビーショー 2016 参戦記

5月の14.15の二日間、今年も静岡ホビーショーの合同作品展に参加してきました(^-^)/。


もう会場のキャパいっぱいいっぱいなんですが、それでも参加団体は年々少しずつ増えているようで、今年も模型オタクの熱気で会場はムンムン。

例によってほとんどが自分の参加したブースの紹介でありますが、さっそくレポートしちゃいましょう。

とりあえずブース全景。




もう完全にトラックに特化した内容となっています。

こちら今回の目玉。昨年に引き続き参加いただいた、たかぼう、はぎ☆てつ両氏の競作、ニッサンディーゼル TWのダンプトラック。







あまりの自然さにこんなキットがあるのかと思ってしまいますが、フレーム、足回りの一部とタイヤ以外はほぼスクラッチという超弩級の作品。

特にたかぼう氏のTWは1/24スケールという事もあって徹底的にディテールの追求がなされています。



どこを見てもスキがありません。



なんとエンジンも自作(!)



こんなとこや…



こんなとこまで…



写真撮り忘れましたが、ダンプ底の凹凸まで表現されておりまして、ヘソタイ度合いはかなりのもの。

道行くマニアな方々が、おぉっ?!と足を止めておりましたが、はたしてどこまで理解していったやら。なにしろ見えないフレーム内部の密度と言ったら尋常じゃありません。

※ 再度こちら参照
工作って楽しいね
「はぎ☆てつのプラモ部屋

さて、ダンプつながりでこちらは会長のG谷さん製作の前輪ニ軸のダンプトラック。車種選択からしてマニアック過ぎます。





これもこのようなキットがある訳ではなく、下廻りに大幅な改造を施しての力作です。

毎年群馬から参加のI井さん、今年は4台も製作してエントリー。



一台作るのに一年以上かかるワタシには異常な製作ペースです。

過去に製作されたモノも含め、実にこのブースの半分くらいはI井さんの作品群となっています。



今回エントリーのなかったヨーロッパの重トラクターを含め、I井さんの作品はこちらで拝むことができますよん。


で、この一角がワタシの作品。



危うく新ネタなしでエントリーするところでしたが、オプティマス司令官が久しぶりに静岡をパトロールにやって来てくれました。



(ハチベイ上官、ありがとうございました)( ̄^ ̄)ゞ

バッファロー号も参加ですが、さすがに3年連続ともなるとあまり声もかからなく…(^_^;)。



ん?

先ほどからチラチラ気になるのがこの二台。



特にこちら、臭ってきそうなウェザリングも生々しいオート三輪。



この二台を持ち込んだのはフィギュアにもなっておりますこの姐さん、その筋では有名な糸目京子さんです。



広島産のオート三輪(バキュームではない)を普段の足とする、商用旧車(だけではないが)マニアのヘソタイさんであります。
この二台、実はたかぼう氏の作品でありまして、その縁で今回遠くから駆けつけてきてくれたという次第。
やはり知る人ぞ知るという事で、あちらこちらでお声がけされていました。

そんなこんなで1日目はあっと言う間に終了。
糸目姐さんを交えての宴会は、旧車トラックの型式がポンポン飛び交い、いつもよりパワーアップした、変態マニアック度にワタシはとてもついて行けませんでした~(^_^;)。

てな訳で次回に続く。






スポンサーサイト



模型寄りな話 | 13:00:38 | Trackback(0) | Comments(3)