■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
スペアタイヤについて
先日、仕事中に嫁さんからSOSが入り、タイヤがパンクしたみたいとの事。

嫁さんのクルマ(ダイハツタント、中古)には、最初からスペアタイヤが装備されておらず、応急修理キットなるものが積まれています。(でもなぜかジャッキとタイヤレンチは載っている・・・)
最近こういうクルマ、多いみたいですね。
パンク修理セット


パンク修理剤をボンベで注入した後、付属のコンプレッサでエアを充填するのですが、なんかその後の処理が面倒臭そうだったので、とりあえず手元にあった軽自動車のタイヤを持っていくことにしました。

いざ現場に着いてみると、完全にエアが抜けた状態。しかもそれで数メーター動かしてしまったようで、タイヤのビードが完全に落ちてしまっていました。これじゃあ修理キットは使えないなぁ~、タイヤ持ってきて良かった。

パンクしたタイヤはダメもとでエアを充填してみた所、ビードは問題なく戻り、サイドウォールもなんとか無事。エアが抜けたのはショルダー部分に穴があり、ここはパンク修理。
通常なら刺さったものが残っていて徐々にエアが抜けるのですが、何も残っておらず、しかも駐車中という事で、もしかしたらいたずらされたのかも・・・

何年か前の調査で、廃車されるクルマのスペアタイヤの八割くらいが一度も使われていなかったとか。そんなこんなで最近スペアタイヤレスのクルマが増えているようです。

しかし今回の教訓。オプションでスペアタイヤと修理キットが選べる場合、迷わずスペアタイヤを選択しましょう。修理キットでは役に立たない場合があります。

ちなみにワタシは今のクルマが四台目ですが、すべてのクルマでスペアタイヤのお世話になっております。
スポンサーサイト


クルマの話 | 19:50:52 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
うちのはどうかな?
奥さんかなり焦ったんじゃないですか?
安全を見てスペアを持参して救援に行けるところが、
さすが師匠ですねえ。

そういえば、うちの嫁のキューブも、
スペアが乗っかっていなかったような気がする・・・
今度調べておこう。

あっしは今まで購入した車(嫁やご隠居の車を含めて6台)で、
スペアのお世話になったのはR32で一回だけですね。

こうやって考えると、スペアタイヤの必要性が見直されるというのも、
うなずける話ですね。
2008-08-25 月 14:12:37 | URL | ひな親父 [編集]
考えてみると・・・
クルマにはいろんな故障があるのに、タイヤだけ予備を積んでるってのも、おかしな話ですね。

舗装されていない道路が多かった昔はともかく、最近の道路ではパンクトラブル自体が少なくなったんでしょうね。

しかし、そんなご時世にコンスタントにクギを拾ってるワタシっていったい・・・v-405
2008-08-25 月 23:20:16 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad