■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
ダットサンの日 Part2
さて、お待ちかねの記念庫の見学です(^^)。この中に数々の貴重なお宝が眠っているのです。
DNA GARAGE
各地で行われるイベントには、ここからクルマが運ばれていくのです。

この記念庫、以前は道路を挟んだ北側の棟にありましたが、別の工場跡の一角に引越してリニューアルされていました。
中に入るとこんな感じでお出迎え。
wooo!  もう辛抱たまらんです(@_@)。

一時間の時間制限があったのですが、あっという間に過ぎてしまいました。
とても全部は紹介し切れませんが、何台かご紹介します。

勢揃いは珍しい。R380と382、381と383。  
R380  R382
R381  R383

この迫力のテールがたまりません(>_<)。R382 リヤ


R390と、その公道バージョン。
R390 ロードカー  R390
公道バージョンのプライスは『億』だとか・・・w(゜o゜)w。

これは懐かしい。Zのパトカー。昔ミニカーを買いました。
Zパトカー

傷跡も痛々しいサファリラリーのZ。
Zラリー

ニスモGTR-LM。ルマン出場のホモロゲ(?)の為、一台だけ作られた、GTRながらFRのレイアウトのスペシャルマシン。
GT-R LM
お値段は、ン千万らしいです。

レース仕様のサニーとチェリー。いいですねぇ~。
サニー レーシング  チェリーレーシング

新旧ラリー仕様。同じカラーリングがミソ。
Z

出ました!トミカスカイライン。間近で見るとすごい迫力です。
トミカスカイライン

もちろん旧車もたくさん保管されています。
Old  Sunny

とても紹介しきれないので、まとめちゃいました。
記念庫まとめ


写真からもわかるように、ここは普通の博物館などと違ってロープなどの柵がありません。モノによっては億単位の価値のあるクルマを、匂いが伝わるくらいの至近距離で眺めることが出来ます。

もちろん要所要所でスタッフの方々が見守っており、当然おさわりは厳禁なのですが、そこはさすがクルマの価値のわかる人達の集まり。皆さん、畏敬の念を持って熱心に見学しておりました。
この辺の見る側と見せる側の信頼関係はすごいですね。
(このイベントが広く一般に告知されない理由はこのあたりにあるのかな)

機会があればぜひもう一度足を運んでみたいです。


追加。ブルUラリー車
ブルU fr  ブルU rr


スポンサーサイト


クルマの話 | 00:35:19 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
まさに、涎もの・・・
いやあ、良いですねえv-8
こんなに珍しいお宝が、直ぐ近くで見られるなんて、
夢のような企画ですね。
師匠から事前にお誘いを頂きましたが、
今回は別件の用事があったため、行くことが出来ませんでしたが、
機会があれば是非次回のイベントには、行ってみたいものです。v-10
Part1では懐かしいA14サニーが出ていましたが、
現役で乗っている方がいるんですね。
あの時代の車は、変な電子制御がない分、
ちょっとしたトラブルも、何とかなってしまうんですね。
2008-11-02 日 17:55:20 | URL | ひな親父 [編集]
まさに聖地です
ひな親父さん、以前お話した「ダットサン会」、おすすめですよ。
ワタシの先輩も乗ってるクルマはセレナですから無問題です。
ふだん、この記念庫は一般公開されていないですから、こういう機会でもないとなかなか見学のチャンスはありませんね。

いずれちゃんとしたニッサンの博物館なんかが出来てしまえば、こんなに間近でクルマを見る事もかなわなくなってしまうんでしょうね。

でも、不特定多数の人々が観光のついでに立ち寄るような博物館よりも、本当に好きな人がじっくり見られる(時間制限があっても)、こういう形態のガレージってイイなぁと思います。
2008-11-03 月 01:33:38 | URL | keeju [編集]
!!!失禁もの!!!
コ・コ・コ・コレは、仰天ものの記事ですね!
こんなイベントが存在するんですか?!
なにか特別なパスとかが無いと、参加できないイベントなのですか?

最近の車には、全くと言っていいほど興味がない拙者ですが
古い車には、目もハートも、○ャ○タマも奪われてしまいますよ。
紹介されているこの画像達、それこそ昔々にプラモデルの箱で見た
図柄その物の代物ではありませんか!
拙者も見てみたいー!

ブルーバードU1800sss4ドアなんかも実車が見られたのでしょうかね?
2008-11-03 月 17:31:54 | URL | omitsudesu [編集]
古い奴だと・・・・
古い奴ほど古い物が好きなんですよねぇ~(^^ゞ。
この中、もっと旧車の市販車があるのですが、どうしても競技車のほうに目が行ってしまい、気が付いたら時間切れでした。
あの「富士山めっせ」のこけら落しの際に展示されていた赤いケンメリGTRも、ここから運ばれた一台です。

この記念庫は前述の通り普段は非公開です。
ダットサン会に入っている先輩の所に案内がきたのですが、今回は駐車スペースの確保や、保安上などの理由から事前の申し込み(&参加費)が必要でした。
同伴で付いて行く分には特別なパスは不要でしたが、何かしらのクラブに入っていないとアナウンスが受けられないんですよね・・・。

後で案内状を見せてもらったらバスでのアクセス法も載っていたりしたので、クルマじゃなくても入れるのかな?トヨタ車で見に来てる人もいたしなぁ・・・今度聞いてみます。

ブルUの4ドアSSSとはまた渋いですね。
ラリー車の画像を追加しておきましたんで、よかったら見てみてください。

2008-11-05 水 00:09:41 | URL | keeju [編集]
オオ、まさしくコレです!
ひっさびさに拝ましていただきました。
幼少の頃に、とても好きだったブルU。
実車はもちろん、ネットでの画像さえもなかなか拝めない1800sss
L20搭載の通称“鮫ブル”は、それでもネットサーフィンしていると
たまには出てくるのですが、この型が見れるのはこのブログサイトだけでは?
この車、ドアの枚数、グレード、マイナーチェンジの前・後等の車種で
バリエーションがたくさんありました。
当時、親戚の伯父が真っ白のコレに乗っておりまして、
子供ながらに、「なんてカッチョ良い車なんだろう」なんて見ていたので
心に焼き付いちゃったんでしょうね。

いや~良いもの拝ませていただきました。
2008-11-06 木 08:02:14 | URL | omitsudesu [編集]
アナタも好きねぇ~
ワタシが同行した先輩は510ブルフリークでして、歴代ブルのラインアップは相当詳しいです。その点ではomitsudesuさんと話が合いそうですね。

ブルUは他にもSSSでないやつとかもあったんですが、ここまで撮りまくった所でタイムアウトでした。もっと旧車も見てくればよかったです。
2008-11-08 土 01:12:28 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad