■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
ルイスジョンソン 『REVOLUTION』
最近手に入れたマニアなCD。
ルイスジョンソン唯一のソロアルバム『レボリューション』(1985年)。
revolutionカッコいいなぁ~。


ある意味、究極のルイス寄りアルバムで、本来、『ルイス寄り・・・』のカテゴリーでは真っ先に紹介されるべきだったんですが、実はコレ、日本では幻のソロアルバムだったんです。

今から20数年前に創刊されたベースギター専門誌の『ベースマガジン』。その創刊号の中にルイスジョンソンのインタビュー記事がありました。
その中で彼は「今、ソロアルバムを作ってるんだ。タイトルは『レボリューション』。」と、自身のソロプロジェクトについて語っており、突然の朗報に期待したものですが、当時、このアルバムについての情報ってのは、このルイスのインタビュー記事しかありませんでした。

しかし、それから待てど暮らせどアルバムのリリース情報が入って来る事はなく、行き着けの楽器屋(隣に輸入盤屋があった)では「アレはお蔵入りになったみたいよー」との悲しい情報が…。

かくしてワタシの中ではルイスの『レボリューション』は幻のソロアルバムとして記憶の隅に片付けられていたのですが、ところが最近になってコレのCDが存在する事を知ってびっくり仰天。

実は当時、なんとこのアルバムはヨーロッパ限定でリリースされていたようなんですね。全く知らなかった・・・。不覚。

なので、日本はもちろん、アメリカ本国でもリリースされていなかったのですが、そのアルバムが、近年CDとして再販されていたと言う訳です。

もちろんコレも日本盤ではないんですが、当時と違い今はインターネットというモノがあり、今回20数年の時を経て、めでたく入手する事ができました。
有り難や有り難や。


さて内容はと言いますと今ではいささか古さが否めない八十年代打ち込みブラコンサウンド。

ベースプレイは全編にわたってルイス節チョッパーのオンパレードでなかなか良いのですが、ワタシのほうがこの20年で耳が肥えてしまったのか、「これは!」という、思わずコピりたくなるリフがなかったのがチト残念でした。
時期的にはスタンリークラーク、松任谷由実、ジョージデューク、アールクルーなどなど、大物アーティストのアルバムで素晴らしいプレイをしていた時期だけに、ちょっと期待はずれ。

しかし、このアルバムでのルイスの入魂ぶりはかなりのもので、一部のソロパートにゲストミュージシャンが参加しているものの、基本的にはドラムからギター、キーボードまですべての演奏をルイス自身が行っています。(どこまで打ち込みなんだかよくわかりませんが)
歌モノのアルバムでボーカルも全編ルイスが歌ってるんですが、ルイスの声はイマイチ歌向きじゃないかな・・・。

結構な人脈があるんだから、もっといろんなミュージシャンと一緒に作ったほうがもっとサウンドに厚みが出たんじゃないかな?そして、ルイス自身、もっとベースに専念出来れば更に生きのいいプレイが出来たんじゃないないかなーというのがちょっと悔やまれる所です。

でもそれは今日の視点での話。八十年代当時に聴いていたらきっと両手を挙げて狂喜乱舞していたことでしょう。
ルイスファンとしては、夢にまで見た貴重な音源である事に違いはありません。
できればあの頃に聴きたかった一枚でした。


ちなみにこのジャケットでルイスが構えているのは彼のオリジナル「サンダーベース」。
しかし、アルバム中で使用されているのはヤマハのベース、BB5000であります。
しかも現在はもっと太って頭も・・・
スポンサーサイト


ルイス寄りなアルバムレビュー | 00:36:56 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
なかなか・・・
貴重なアルバムのようでv-405

確かに今の時代、たとえ国内販売していなくても、
なんとか入手できるようになりましたからね。
そういった意味では、便利な世の中になりましたねv-8

さて肝心のサウンドの方では・・・
なんか微妙なレポートですねぇv-11・・・
是非オイラにも、聞かせてくださいv-436

1985年といったら、師匠からジョージデュークや、スタンリークラークを薦められた頃ですよね。
小生、今も車の中でタイムエクスポージャなんかを聴いてますが、あのアルバムは凄い好きですねv-10
2009-12-17 木 13:21:16 | URL | ひな親父 [編集]
お久しぶしです
マニアックな盤を手に入れられたみたいですね。
ソレガシもこの盤のことは聞いたこともありませんでした。

グループで活動されていたり、誰それのバックで素晴らしい演奏をしていたりする方が
soloアルバムを作ると、なぜか評価の低い作品が出来てしまうことが多いですよね。
ソレガシも勇んで買ったsolo発表もので、あまり当たった事がありません。

12月にアルと思われていたPATYは、どうやら無いみたいです。
(お施主様からの連絡が、一向に入りません。)
2009-12-17 木 16:02:02 | URL | omitsudesu [編集]
それでも特別なアルバムです
>omitsudesuさん
一度は諦めた幻のアルバムですから、自分の中でも過度に期待してしまった部分があるんでしょうね。
ファンなんだからもっとミーハー的に喜べばいいんでしょうけど、あの頃より『弾ける』自分がいるのもまた事実・・・。v-13

このアルバム以降、ルイスの活動がおとなしくなってしまった事もあり、なにか因縁めいたモノも感じてしまいます。

>ひな親父さん

こりゃまたよくご存知で!
タイムエクスポージャー、いいッスねぇ。v-10

あのアルバムの一曲目、いきなりパンチを喰らうようなルイスのベースはホントにカッコイイですね。v-290

あのアルバムと同じ年代ですからあんなプレイを期待してたんですが、全編歌モノということもありちよっと消化不良気味でした。
同時期のブラジョンのアルバムよりは、はるかにチョッパーしてるんですけどね。

ぜひ今度聴いてやってください。
2009-12-19 土 01:32:59 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad