■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
オプティマスプライム製作記~塗装編~
年頭所感で製作宣言しておきながら、相も変わらず更新が滞っているオプティマスプライム製作記。
決してなげてしまったわけではありません。製作ペースが異常に遅いだけです。

しかし、いかんせんそろそろ更新しないと忘れられてしまいますねぇ・・・。
で、久々の更新。今回のお題は塗装です。
optimus 完成イメージ


当初の段取りでは、すべてのパーツのフィッティングを調整してから最後に塗装にかかる予定でしたが、なかなかカタチが見えて来ずイメージ(=製作意欲)が沸かないので、景気付けにとりあえず先に塗装しちゃうことにしました。

さて、色を付けるにあたり1番のポイントは炎の模様をどのようにして表現するかなのですが、とりあえず絵柄を割り出さなきゃ始まらないので、ネットからオプティマスの画像を拾いまくりました。

サイド面は画像も豊富で比較的楽に抽出する事ができましたが、案外資料が乏しいのが上面。特にキャブのルーフ部分に関しては全くと言っていい程画像がありません。
まぁ背の高いクルマですからこの辺は仕方ないですね。
あと、フェンダーなどの曲面も平面に書き出すのはなかなか厳しい。
なので、その辺はDVDの映像などから探して、適当に書き出してみました。

このファイヤーパターン。当初エーワンの転写シールでデカールを自作しようかと思ったのですが、曲面や発色などいろいろと不都合がありそうなので、今回は塗装で塗り分ける事にしました。

塗装の手順は・・・
①メタルプライマー(キャブとエンジンフード)
②サフェーサー
③赤系塗装
④ファイヤーパターンのマスキング
⑤青系塗装
⑥クリヤーコート
…ってまぁだいたいこんな流れですかね。

かなりはしょった手順でありますが、オヤジモデラーは準備&撤収がなにかと大変なので、塗装はなるべく少ない回数で効率良く済ませるようにしたい訳です。
磨ぎだしとかそんなメンドクサイ事もやりません。

今回は、GSIクレオスのメタリックブルーとメタリックレッドがよさ気なのでそのまま使用します。

お先にメタリックレッドまで塗装した所です。
赤 フード
エンジンフード&フロントフェンダーはグラデーションになっているので、オレンジとメタリックレッドの二色でそれらしく表現してみました。中間色などは作りません←手抜き。

さて、お次はマスキングの準備。
以下の手順は必ずしも王道ではありませんので念のため。

拾い集めた画像から、Photoshopなどで抽出したファイヤーパターンを、サイズを揃えてWordで出力したものです。(色分けにあまり意味はありません)
Image758.jpg

次はカッティングマットに幅広のマスキングテープを貼付け、カーボン紙を使ってパターンを写し取ります。
Image759_20100518003519.jpg
結構根気のいる作業です。

全部写して、カッターで切り込みを入れました。
これまた根気のいる作業…。
DSCN5977.jpg

切り取ったマスキングテープの不要部分を剥がします。
DSCN5979.jpg
そして上から別のマスキングテープを被せ、そのテープでカッティングマットから剥がし取り、パーツへと乗せます。
DSCN5981.jpg DSCN5982.jpg DSCN5983.jpg

面倒ですが、細かい模様なのでこうしないとヨレヨレしちゃって作業しにくいのです。

(ここでは一つのマスキングテープを使っていますが、本当は粘着力の違うテープを組み合わせたほうが作業しやすいです)

赤い炎の部分は比較的楽ですが、青い炎の部分は炎以外の部分をマスキングするのでチト大変です。
DSCN5986.jpg

貼ってみてわかりましたが、かなり寸法がいい加減でした。
まぁいいか。ちっちゃい事は気にすんなっと。

次はブルーを塗装。
DSCN5987.jpg
下地のレッドを隠蔽する為にかなりの厚塗りとなってしまいました。
手抜きしないで一度サフを吹けばよかったかな・・・。

いよいよマスキングを剥がします。
DSCN5989.jpg
この瞬間はいつもドキドキワクワクします。

あー、やっぱり。
リベットのモールドなどでマスキングが浮いてしまった所に毛細管現象で青の塗料が流れ込んでしまいました。
DSCN5993.jpg
ゆっくり時間をかけて作業すれば回避できたのですが・・・。焦り&厚塗りの悪影響ですね。ま、いいか。


うわぉ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/やってもうた!
しっかり食いついていなかった塗装が、マスキングテープで剥がれてしまいました。悲惨・・・
DSCN5994.jpg
メタルプライマー使ったのに1番恐れていた事が・・・。ちょっと地肌をツルツルにしすぎましたねぇ~。
しかしここはめげずにリカバリします。とりあえず筆でリタッチ。遠目にはOKと言うことで作業続行です。

全体的にはこんな感じ。似てますか?
DSCN5996.jpg

窓枠なんかのメッキ部分におなじみのメタルックを貼り込みます。
メタルック

不要部分を切り取って…いい感じになってきました。
メタルック終了

最後は全体にクリヤーを吹いて塗装終了です。三回塗りの吹きっぱなしです。
DSCN6114_20100512010105.jpg

うん、まあまあですかね。一応イメージどおりに仕上がりました。自己満足。
失敗はいろいろありましたが、とりあえずヤレヤレです。

これで製作に勢いが付・・・けばいいんですけどねぇ・・・
スポンサーサイト


オプティマス製作記 | 00:31:21 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
いよいよ
再開しましたね。
お待ちしておりました。

毎回作業の細かさに驚きの連続です。

自分なら、ファイヤーパターンを塗装で表現するということは、絶対に思いつかないです。

色が着くと大分雰囲気が変わるんじゃないですか?
2010-05-24 月 08:23:42 | URL | ひな親父 [編集]
どうか長い目で・・・
いやー、やっと更新できました。v-410

ここまでの作業、実は四月の頭くらいに終わっていたのですが、記事を起こすのに一月もかかっちゃった。
この辺のレスポンスの悪さが、作業が滞る原因なんでしょうな。v-390

おっしゃる通り、パーツの雰囲気ががらりと変わったので、全体像がはっきりと見えてきましたね。
この勢いで前進あるのみ…なんですが、お察しのとおり、現在ここで止まっております…。あちゃー。v-393
2010-05-25 火 00:05:35 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad