■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
ついつい…
オマケ付きの缶コーヒーって手が出ちゃうんだな。


んで、ラリー仕様のストラトス。
懐かしいですね。ストラトスと言えばこのカラーリング。
当時は航空会社だなんて知る由もありませんでした。

自身もトヨタ2000GTを所有する「唐沢部長」セレクションということで、なかなかツボを押さえたラインナップとなってるようです。

チョロQと違ってタイヤが前後同サイズなのがイイ感じ(^。^)
スポンサーサイト


普通の日記 | 16:20:29 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
懐かしいですね
ランチア・ストラトスですか。
生者は一度だけ走っているのを見ましたが、
案外うるさかったような記憶があります。

にしても、食玩(とは言わないかな・・・?)好きですねぇ。
これはブラインドボックスじゃないから選べるのかな?
でも、コンビにだと「先入れ、先出し」に並んでいるから、
奥から引っ張り出すわけにはいかないかなv-8
2010-09-24 金 07:53:07 | URL | ひな親父 [編集]
ひな親父さん、毎度です。

ミニチュア好きの性ですねぇ、完全に販売戦略にはまってますねf^_^;。

わざわざお金を出して買う程のモノではありませんが、オマケとなるとなんか得した感じになっちゃいます。(^。^)
ツボな車種ならば奥からでも引っ張り出しますよ~。(常識の範囲内でね)

このストラトス、ストリート仕様もあるのですが、さりげなくフロントグリルの形状が変えてあったりして、ちょっとマニア心をくすぐるんですよ。

そういえばストラトスのエンジンってフェラーリディノのV6でしたね。
2010-09-25 土 13:19:03 | URL | keeju [編集]
赤のストラトス
今春まで住んでいたアパートの斜め隣に
豪邸があったのですが、その豪邸に年に1度ぐらい
赤のランチア・ストラトスが停まっていることがありました。
東京方面のナンバープレートが付いていたので
この家の親戚か何かが、乗ってきているのかな~?
なんて考えながら眺めたものでした。
たしかにエンジン音はデカかったですね。
そうです。ディーノ246GTのエンジンが搭載されていた車ですね。
そう言えば、フィアットにもこのエンジンを載せた、いすず117クーペに似た
スタイルの車がありましたよね。
2010-10-01 金 17:23:47 | URL | omitsudesu [編集]
さすが
omitsudesuさん、またマニアックなクルマをご存知ですね~。
w(゜o゜)w

フィアットディノって言いましたっけ。ワタシもうろ覚えだったのでちょっとググってみました。
そしたら117クーペと同じく、ジウジアーロがデザインしてたんですね。
年式もほぼ同じで、両者が似てる訳ですね。
(^^)

以前フジミのストラトスのプラモを作ったのですが、このキット、エンジンパーツは同シリーズのディノのキットのモノが、ランナー丸ごと入っているんです。

当然不用パーツがいっぱいなんですが、実車と同じ構成に、好き者達は思わずニヤリとしてしまうのでした。
(^.^)
2010-10-02 土 12:17:01 | URL | keeju [編集]
プラモデル
プラモデルメーカーも、粋な演出しますな~!
しかし、プラモデルは中学生ぐらいの時に作ったのが最後じゃないかな~?
たまに、ホビヨンとかへ行くとプラモコーナーを見てみるのですが、
プラモってあんなに高かったんでしたっけ?
拙者のYdaysのトップページに出てる、911RSRターボのプラモを
小学4・5年生の時に、良く作りました。(何台も何台も)
ヨーロピアン・スーパーカーに狂っていた時代ですね。
当時、富士の駅南にあった「富士科学模型センター」という所に、プラモの車の
レース場がありまして、そこへ自作プラモを持ち込んでレース大会があったのです。
いろんな改造が施されたプラモ達が集まるのですが、平均すると
そのメーカーシリーズの911RSRターボと3.5CSLが上位に集まっていたのを記憶します。(なんというメーカーだったか忘れました)
拙者のRSRは、なぜかボディをダークグリーに塗り、マルティーニの
複雑なデカールで飾っていました。
フロントのタイヤに、Gが掛かるとコーナーに併せてタイヤが切れていくシステムの改造とか、得意になってやっていました。
ニッカド電池を使うと、電圧が低いくせに瞬発力だけはやたら素晴らしいので
カドニカ充電池も使っていました。

車の形が今よりも美しく、芸術的な古き良き時代でしたね。
2010-10-04 月 11:02:07 | URL | omitsudesu [編集]
いいなあ
富士の模型のメッカではそのような高度なイベントが行われていたんですねぇ。うらやましい。
ワタシらはせいぜい外部電池ボックスを付け、リモコン仕様(前後進だけですが)で楽しんだくらいですね。

以前ロータスのF1で、ダークグリーンにマルティーニストライプという仕様がありましたが、omitsudesuさんのポルシェはそのイメージで?


それにしても最近のプラモは高くなりました。
ワタシらが小学生の頃は、なんとなく1/24が500円、1/20が1000円って感じでしたが、今のタミヤのGTRなんか1/24でも4000円OVERですからねぇ。
まぁエッチングパーツなんかも最初から同胞されて、クオリティーは確かに高いんですけど、最近発売された新金型のトラック野郎一番星号などは15000円(!)ですよ?
これではもはや小学生が気軽に買えるシロモノではありません。だいたいモーターライズじゃないですから。

もっともそれ以前の話で、最近はクルマ好きな子供が減ってしまいましたね。

クルマの『顔』に個性のあった時代が懐かしいです。
そんなオヤジがこういうオマケに釣られてしまうんですね。
2010-10-05 火 11:12:21 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad