■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
巨大ジオラマに参加
学校二学期制の副産物、『秋休み』ということでちょっと横浜(またかよ)へ。

偶然かオヤジの策略か、俳優の石坂浩二氏主宰の模型クラブ「ろうがんず」の作品展が、「横浜人形の家」博物館の無料ギャラリーにて開催中との事で、ついでに(メイン?)立ち寄って来ました。

今回はジオラマの作品展だったのですが、プロの方の作品も多く、とても見応えのあるものでした。

一部ご紹介しますと…

これは石坂浩二氏による大きなジオラマ
DSCN6358.jpg 


雰囲気がイイですねぇ
DSCN6329.jpg  DSCN6327.jpg 


野ざらしのバキュームカーが朽ちる行く末は…あぁ怖い怖い。
DSCN6331.jpg  


これはひな親父さん御用達
DSCN6349.jpg 


圧巻の水族館。
DSCN6340.jpg 


映画ウォーターワールドのセット。凄すぎます。
DSCN6333.jpg 

こういうのいいなぁ。至福のひと時ですね
DSCN6359.jpg 


そして会場中央にあったのがこの横浜開港の巨大ジオラマ。
DSCN6342.jpg  DSCN6341.jpg

昨年開催されていた横浜開港のイベントに展示されていたものだそうですが、圧巻なのはその人物フィギュアの数。
この細かいフィギュア、なんと自分でペイントしてジオラマに参加できるのです。

で、子供達が参加させてもらいました(無料)
DSCN6346.jpg

こんなに小さいです。原形作った人は凄いー。
DSCN6353.jpg

で、好きな所に立たせてくれます。
DSCN6356.jpg  よい思い出になりました。

このジオラマ、歴史的資料に基づいてレイアウトされているのですが、こちらでその気の遠くなるような作業の全貌を見ることができます。

でも堅苦しさは全くなく、ちょいちょい遊んでいる所があってそれを捜すのも楽しいです。
これは長男が発見したのですが、黒船の先端に乗っているのは・・・あれ?
DSCN6345.jpg  DSCN6345_20101015002344.jpg

この作品展、24日まで開催されているそうなので、お近くにお越しの際は立ち寄ってみると面白いですよ。
スポンサーサイト


模型寄りな話 | 00:40:10 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ぬぉ~、
凄すぎです。
モナコのトンネル入り口ですな。
主役のF1マシン以外って、何を使ってどうやってこしらえるんでしょうか?
凡人には想像がつきません。

鈴木オートのジオラマは、もしかして静岡のホビーショウにも展示されました?
なんだか見覚えがあるような気がします・・・
勘違いだったらごめんなさい。
2010-10-18 月 18:15:53 | URL | ひな親父 [編集]
見事でした
ねー、どうやって作るんでしょうね。(゜-゜)

このモナコの一シーン、建物もさることながら、海の深さや波頭の表現が見事でしたよ。

いつも思うのですが、情景作品ってのは色彩や構図など、絵のセンスが重要だなぁと。
オラは絵心がまったくないので、こういうのはただため息が出るばかりです。w(゜o゜)w


鈴木オートの情景、見覚えあります?
これって映画「ALWAYS」の舞台のモータースですよね。
薬師丸ひろ子がおかみさんで。(*^.^*)
2010-10-19 火 16:33:00 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad