■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
スタンリークラークが来ます
還暦目前にして、今なおベース界のトップに君臨するカリスマ的ベーシスト、スタンリークラーク。

DSCN0284.jpg

ルイスジョンソンと並んでワタシが多大な影響を受けている心の師であります。

トレードマークであるアレンビックのエレクトリックベースを駆使した、速弾きやコード弾きなどの縦横無尽な超絶プレイ、また、ルイスジョンソンとは一味違ったチョッパーも、独特な奏法でカッコいいのです。
Stanley_Clarke_and_George_Duke.jpg


そのスタンリーの独特な奏法を含めた定番リフは早い時期に確立しちゃっており、また、セルフアレンジ、セルフリメイクも多く、過去の自身の楽曲のお気に入りフレーズは何度でも引用するので、新しいアルバムを聴くたびに「あれ?また同じ事やってる…」と思う事もしばしば。

でも逆に、その相変わらずのカッコ良さに安心してしまったりするからファンというのは勝手なもの。
その辺の不思議な説得力もまた、スタンリークラークの持つ魅力の一つでもあるのです。


前置きが長くなりましたが、そのスタンリーの最新作、『ザ・スタンリークラーク バンド』。
stanley_clarke_band.jpg

バンド物とはいえボーカルの無いインストアルバムで、楽曲は結構バラエティに富んでいます。
ワタシ的には、緩急の変化が面白い一曲目がなかなか良かった。
他の曲でもお約束のスタンリー節は健在で、カッコイイベースを弾いています。

「バンド」ということでアルバム一枚、ほぼ同じメンバーでの演奏ですが、今回わざわざ「フューチャリング ヒロミ」と銘打ってあるとおり、上原ひろみ嬢がピアノでゲスト参加しているのも特筆すべき所です。


ひろみ嬢については、スタンリーの前プロジェクト、2009年にリリースされた『ジャズ イン ザ ガーデン』について少々触れなければなりません。
4b41ba405fe826509c0e0298176f1199.jpg

これはドラムにレニーホワイト、ピアノが上原ひろみのトリオ編成のストレートなジャズアルバムでした。

70年代からずっと、アレンビックベースでファンク、フュージョン、時にはロック寄りのベースを弾きまくっていたスタンリーですが、ここ数年は原点回帰指向が強くなったのか、自身のアルバム内でもウッドベースのプレイが増えていました。
で、その流れの頂点がこの『ジャズ~』で、アルバム全曲でウッドベースをプレイしています。

もともとがコントラバスのプレイヤーだった彼は、ウッドベースでもかなりの「技」を見せるのです。


それにしても凄いのはひろみ嬢。
スタンリーとレニーと言えば、あの「リターントゥフォーエバー」の超絶技巧リズム隊なんですが、その二人と互角に渡り合っているのを聴いて、日本人でここまで!と、正直驚きでした。(ちなみにリターン…のピアノはチックコリア)


この『ジャズ~』の時の印象がよほど良かったのか、今回の新作には、スタンリーのほうが「もっと一緒にプレイしたいよん」とラブコールを送ってのゲスト参加となったとか。
ひろみ嬢、自身のアルバムではシンセなどもバリバリと弾き倒すのですが、今回はピアノに徹し、更に楽曲も提供。
いやはや、たいしたもんです。


それから嬉しい事に、このスタンリー、レニー&ひろみ嬢のトリオで来日公演があるのですが、なんと静岡にも来るんですね。

ちょっとはエレクトリックもプレイしてくれるといいなぁーと、期待しているのですが。
スポンサーサイト


BASS寄りな話 | 00:14:42 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
ご存じですか?
むか~し、むかしの話なのですが、
クラーク師が、ストーンズのキースとロニーと一緒に「ニュー・バーバリアンズ」と言うBANDで
活動していた事をご存じですか?
2010-11-02 火 17:51:57 | URL | omitsudesu [編集]
よくご存知で!
omitsudesuさん、またカルトなネタをよく知ってますね。
「ニュー・バーバリアンズ」の名前はスタンリーの記事かなにかで聞いたことあったのですが、実態がどういうものだったのか知ったのはつい最近のことなんです。

確か、キースの彼女のゴタゴタがらみでやる羽目になった慈善コンサートの為のバンド・・・でしたっけ?
最近ではyoutubeでも映像が出てますね。

それにしてもなんでスタンリーだったんでしょうねぇ~・・・。



2010-11-04 木 00:39:26 | URL | keeju [編集]
ほほー
静岡でライブですか。
師匠、近くで開催されて良かったですね。v-8
スタンリー~といえば、私的には
・Time Exposure
・Rocks, Pebbles and Sand
ですね。
特に「Time~」は、今でもカーナビの中に入っていて、
お気に入りのアルバムで、車の中で聴いてますよん♪
またレポート楽しみにしております。v-8
2010-11-04 木 00:46:15 | URL | ひな親父 [編集]
ワタシも
その二枚は大好きでありますよん。(^^)
「TIME EXPOSURE」ではタイトルチューンとラストの曲でジェフベックがギターを弾いていますね。
そういえばこの二枚とも、ルイスジョンソンがゲスト参加していますが、どの曲かわかりますか?

ワタシは「Rocks・・・」からスタンリーを聴き始めたのでこれもまた思い入れがあるのです。

あの頃のスタンリーの演奏が大好きなんですが、今度のコンサートはジャズトリオということなんでねぇ・・・。
ま、あの三人ですから大人しくはないでしょうけどね。
2010-11-04 木 01:27:09 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad