■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
映画のカーチェイスが大好きでして・・・
『ムービー・カー・チェイス』。
洋書です。
IMGP1621.jpg

今も昔も、映画といえばカーチェイス&カースタントが大好きなのですが、そんな好き者の心をくすぐるなんともマニアックな一冊。
IMGP1625.jpg


まぁ、当然の事ながら全編英語なんで、書かれている事の一割も理解できないのですが、スチル写真のキャプションぐらいは、辞書を片手に頑張ります。

一部ではありますが、それらを見ているだけでも、カーアクションシーンの舞台裏などが垣間見えて、なかなか面白いのです。

最近のトランスポーターシリーズなどの、計算されたスマートなカーアクションも良いですが、やはりオイラは70年代のスタイル、フルサイズのアメ車が豪快にロールしながらぶつかり合うような肉弾戦が好きですね。
当時は『アメリカのクルマって頑丈だなぁー』と、子供心に感心したものです。

特に最近のカーアクションシーンではCG処理されたクルマも多いのですが、そんな中でも007シリーズなどは徹底して実写にこだわってる映画の一つでしょう。

この本でも驚きの舞台裏が紹介されていたのですが、それがこれ。
IMGP1622.jpg

興味のない方々にはナニやらさっぱりな一枚でしょうが、これは『ダイ・アナザー・デイ』で、ジャガーと氷上バトルを繰り広げたアストンマーチン・バンキッシュのエンジンルーム。
なんとアストンのV12エンジンがフォードのv8に換装され、さらに四輪駆動化されておるのでした。
なるほど、道理で氷の上であれだけ動ける訳ですな。
bond.jpg

しかし、ン千万のクルマ、よく思い切って切った貼ったできるものです。


で、この本の後半に、ベスト20と銘打って代表的なカーチェイスムービーが挙げられているので、ちょっと御紹介しちゃいます。
ワタシ自身も未見の映画がいくつかありましたが、ほとんどのカーチェイスシーンはYoutubeで見ることができますので、興味をそそられた御同輩はぜひ検索してみて下さい。(画像はほとんど拾いです。あしからず)

No.20 THUNDER ROAD(サンダーロード)-1958
   334.jpg

    ※白黒映画。おそらくカーアクション映画の元祖的なモノではないかと。

No.19 TERMINATOR2(ターミネーター2)-1991
   T2.jpg

NO.18 THE ROCK( ザ、ロック)-1996
   rock.jpg

No.17 TO LIVE AND DIE In LA -1985
   la_.jpg
    
No.16 THE MATRIX RELOADED(マトリックス2)-2003
   matrix2.jpg                                                       
      ※この映画で使用されたハイウェイが撮影用に建設された巨大セットだというのが驚き。
     そりゃーやりたい放題できますな。

No.15 THE FRENCH CONNECTION(フレンチ コネクション)-1971
   
french.jpg                                                                                  
      ※ブリットと同じプロデューサーの制作。ブリットと並んでカーチェイスの代名詞となっている映画ですね。

No.14 007/DIE ANOTHER DAY(ダイ アナザー デイ)-2002
   
007.jpg

     ※007シリーズのカーアクションはどの作品も捨て難いですが、ここでは当時の最新作がランクイン。
    

No.13 TAXI/TAXI2 -1998/2000
   taxi2.jpg

No.12 VANISHING POINT (バニシング ポイント) -1971
   vanish.jpg

    ※全編にわたって走り続けるダッジ・チャレンジャーが、とにかくタフでカッコイイ。
     が、最後、重機に突っ込んで炎上してるのは、実はカマロだったりするんですね。

No.11 GONE IN 60 SECONDS (バニシング イン 60)-1974
              (60セカンズ)-2000 
    gone-in-60-seconds.jpg 60_seconds.jpg

    ※いいですねぇ。特にオリジナル版は何度見たことか。ワタシがムスタング好きになったきっかけの映画でもあります。
    リメイク版もオリジナル版を踏襲したシーンがあって、思わずニヤッとさせられます。

No.10 SMOKEY AND THE BANDIT (トランザム7000)-1977
  tzm.jpg

    ※もうこのあたりは手放しで面白いですね。とにかく豪快、痛快。
     やっぱりカーアクションはアメ車が一等賞だな。

No.9 THE BLUES BROTHERS (ブルースブラザーズ)-1980
   blues_brothers.jpg

    ※さりげなく凄い技を見せる払い下げパトカーが、だんだんカッコ良く見えてくるから不思議です。
    ラスト近く、これでもかと潰れまくるパトカーの山がすごい。

No.8 RENDEZVOUS -1976
   Rendezvous.jpg

※投稿作品ならお縄モンの街中暴走映画。10分弱の短編映画なので、ようつべでフルに見れます。
     ちゃんと撮影許可取ったんだろか?という一本。

No.7 THE ROAD WARRIOR (マッドマックス2) -1981
   5.jpg Truck2.jpg
   ※クルマ的なカッコよさは、1のブラックインターセプターが別格なのですが、トレーラーも絡んでガシャガシャと潰し合うラストのカーチェイスは2のほうが派手ですね。クルマは汚いけど迫力あります。

No.6 THE BOURNE IDENTITY (ボーンアイデンティティ)-2002
   35.jpg


NO.5 LE PROFESSIONNEL (ラ、プロフェッショナル)-1981
   0011.jpg


    ※懐かしのジャン・ポール・ベルモンド主演。
     小型の大衆車がヨーロッパの街中で追いかけっこしてます。そんな所走って怒られない?

NO.4 THE ITALIAN JOB (ミニミニ大作戦)-1969
   the_italian_job_.jpg
   

    ※ヨーロッパの狭い市街をミニがチョロチョロと走り回るのが面白い。
     しかしそれよりも衝撃的なのは、冒頭のシーンで崖下に落とされるランボルギーニ・ミウラだったりします。

No.3  THE SEVEN UPS (ザ、セブンアップス) -1973
   7-ups.jpg


※この映画の監督は「ブリット」「フレンチ・コネクション」のプロデューサーだそうで。
     典型的な70年代スタイルのカーチェイスで、アメリカンV8サウンドがカッコ良い。

No.2  RONIN (ローニン)-1998
   1343.jpg


    ※ドラえもん...じゃなかった、ジャンレノ主演。

No.1 BULLITT (ブリット)-1968
   bullitt.jpg
   
    ※やはりこれが一等賞でした。
    アップダウンの激しいサンフランシスコの市街を縦横無尽に駆け抜けるムスタング&マックィーンが最高 にカッコイイ。
今の目で見ても、全く遜色のないカーチェイスだと思います。




と、まあこんな感じでまとめられております。
2006年出版の本ですから「マトリックス2」が一番新しめの所ですかね。

順番にあまり意味はないような気もしますが、やはりブリットは別格のようですな。
個人的には「アレやアレが入ってないじゃん」みたいなのもありますケド。


ここでは主に乗用車モノが紹介されていましたが、大型トラックなどが活躍するカーアクションでも捨て難い映画が沢山あるんですよね。

その辺はまた改めて綴ってみることにしましょ。
スポンサーサイト


映画の話 | 10:46:13 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
イイですね
やっぱりアメ車のカーチェイスシーンはイイですね。
確かに個人的には「アレがない」という作品もありますが、
ブリットが1位なのはちょっと許せるかな。

あの枯れたアメ車サウンドと坂道のカーチェイスは、
何度見てもカッチョいいです。

やっぱりアメ車はハイブリッドとは無縁な世界を突っ走ってほしいものです。
2012-08-14 火 22:51:39 | URL | ひな親父 [編集]
読めもしないのにね
ひな親父さん、毎度です。

またこんな読めもしない本を買ってしまいました。
今度翻訳をお願いします。

こう並べられたのを見ていると、やはり映画のカーアクションって70年代のアメリカ映画がベースになっているんだなぁ…と感じますね。
最近の映画のカーアクションは一昔前よりもスピードがかなり上がっているので、正直言って目が付いていけない時もあります。

まぁ今はDVDとかでいくらでも見直す事ができるから幸せですよね。
2012-08-15 水 09:23:15 | URL | keeju [編集]
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012-11-13 火 08:50:31 | URL | 投資の入門 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad