■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
クリヤー層のひび割れを直してみた
先日オクで入手した、アルミホイール用のセンターキャップ。
IMGP1954_convert_20120718000719.jpg

相応のヤレ具合で、表面のクリヤー層がひび割れてしまっています。

磨いてイケるかと思いきや、これがなんか微妙にソフトな素材でして、垢すりのように、いつまでも削れてしまうし、表面がなんかペタペタとしています。
IMGP1953_convert_20120718001554.jpg


ウレタンクリヤーみたいな樹脂塗料で固めてしまおうかとも思いましたが、今回は嫁さんが愛用しているアイテムをちょいと拝借してみました。

IMGP1957_convert_20120718001013.jpg IMGP1958_convert_20120718001053.jpg

「UVクラフトレジン液」というこのシロモノ。
最近流行りつつある手芸用品でして、クリヤー層の中にいろいろなモノを封じ込めたアクセサリーを作る為の材料です。

コレの特筆すべき点は、紫外線で硬化する所。
つまり日光に当てると固まるんですな。
乾燥に溶剤の蒸発などを伴わないので、厚塗りしてもヒケる事がありません。

硬さもなかなかのモノなので、試してみる価値はありそうです。


そのままではあまりにボコボコなので、ひび割れが目立たないくらいまでペーパーがけします。

IMGP1959_convert_20120718001834.jpg
こんな感じ。

これにレジン液をペタペタと塗りたくります。
粘度はハチミツくらいですかね。
室内では全く硬化しないので、しばらく放置すれば表面が平滑になります。

ここで登場、嫁さんの秘密兵器。
IMGP1961_convert_20120718002210.jpg

紫外線マシーンであります。
これがあれば太陽を待つ事なく、雨でも夜でも工作が出来るってなモンです。

さて、待つこと数分。こんな感じで仕上がりました。
IMGP1962_convert_20120718002559.jpg

いやー、こんなに綺麗に出来るとは思わなかったな。ちなみに二度塗りしています。

120716_164344.jpg
取り付けてみました。
ちなみにこれ、ニッサンのホイールだったりします。(^_^;)

耐候性は経過観察が必要ですが、透明レジン、いろいろ応用できそうなアイテムであります。
スポンサーサイト


クルマの話 | 00:39:46 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
お見事
さすが師匠、お見事です。
もう新品ですな。
ホイールって小石が飛んだり紫外線や雨に当たったりで、どうしても傷むんですよね。
ここまで綺麗に修復出来たなら、案外安い買い物だったのでは?
2012-07-20 金 06:34:32 | URL | ひな親父 [編集]
センターキャップのみです
ひな親父さん、毎度でヤンす(^^)。

今回ゲトしたのはセンターキャップのみでして、アルミホイール自体は同僚のセレナ乗りからの頂き物なんですよ。(^_^;)

先日代替えしたので5穴ホイールがいらなくなったとの事で有り難く頂戴したのですが、ノア号にニッサンのセンターキャップが付いてるのもアレなんで、丁度いいものを物色してた所コレを見つけたという次第です。

キャップは4個で1000円でしたから、まあまあ良い買物でしたね。

ちなみにこのレジン液は一本で1000円弱します。
こちらの使用料は嫁さんに払っていません(^_^;)。
2012-07-20 金 11:43:10 | URL | keeju [編集]
職人技
いろんな優れ物グッズぐあるんですね。

もし拙者でしたら、ホームセンターで売っているクリアースプレーを吹く以外にアイディアが出ません(^^;)
しかし、ホイールのセンターキャップって、メーカーが違ってもサイズは同じなんですね?
知りませんでした。
2012-07-25 水 09:12:31 | URL | omitsudesu [編集]
なかなかのスグレモノです
omitsudesuさん、こんちは。

このセンターキャップはたまたま同じサイズでしたが、同じメーカーでも若干違ったりするようですよ。

取り付けてしばらくたちますが、今のところ耐久性に問題はなさそうです。
もともと紫外線で硬化するのですから、耐候性はあるんでしょうね。

紙などの上にも施工できますから、チャリ用のオリジナルエンブレムなんか作ってみてはいかがですか?
2012-07-26 木 23:43:53 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad