■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
追憶のトラック ~「火曜日のあいつ」、バッファロー号
さて、バッファロー号のお話の続きですが、ここからは本題の模型寄りのネタ。

ワタシが初めてバッファロー号を作ったのは小学生の時。
ベースとなったのはコレ、バンダイのトラック野郎「一番星」。

ep01.mp4_snapshot_00.26_[2012.05.28_23.57.54]

1/48という半端なスケールながら、忠実な箱絵や装飾、なにより子供の小遣いで気軽に買える値段で結構人気がありました。
この一番星号、バッファロー号と顔が同じなので、ベース車両にはちょうどよかったのですな。

『火曜日のあいつ』放映よりもかなり前に遊び倒したこのキット、お役御免で押し入れの中で眠っていたのを引っ張り出して改造へ走ったのでした。

とは言っても小学生のやることですから、まぁ出来は推して知るべし。
筆でペタペタと塗装して、荷台には牛だかネズミだかわかんない絵柄を書いて、はい完成。
当然ながらとっくにゴミ箱行きとなってしまいましたが、当時はそれでも結構満足しておりました。


それからン十年後、大人になってから思い出したように製作した二台目のバッファロー号がこちら。

buffaro.jpg


たまたま入手したアオシマの「西部警察トランスポーター」というキットのキャブがふそうFタイプだった(このキット、キャブがふそうとUDの二種類存在)事から、焼けぼっくいに火が付いたという次第。
同じくアオシマ製のミニデコトラのボディーと組み合わせて再現しています。

が、なにしろ資料がEPレコードジャケットの写真だけ。

ep2o.jpg ←コレね

なぜか『火曜日のあいつ』は映像資料に恵まれないんですよねぇ。(この辺の事は後述)

ですから車両右側と後面は記憶を頼りにでっちあげております。

キットの荷台をそのまま使ってしまったので、リヤが寸詰まりなのはご愛敬。
今改めて見るとグリーンもちょっと濃すぎですな。

でも10数年前当時のワタシにすれば会心の出来。
キットは後期型ブラックマスクだったので、頑張って前期型グリルを自作した、お気に入りの作品であります。


さて、ここまで思い出を具現化した所で『バッファロー号』への憧憬は一区切り。
ですが、いつかは1/32スケール(日本のトラックモデルの標準サイズ)で再現してみたいなーという思いは漠然とありました。

そんなところへ近年リリースされたのがこのキット。
アオシマの1/32、ふそうFU冷凍車。

IMGP1883.jpg (箱デカっ!)

おお・・・これはこれは・・・

アオシマからは先に、新金型フルディティールのトラック野郎『一番星』号がリリースされていましたが、これはそれのノーマルバージョン。

バッファロー号の冷凍バンボディーは、アルナ工機という架装メーカー製の液体窒素式の冷凍車という事(ウィキペディア調べ)なんですが、このFUのキットで再現されている箱も、ズバリそのものなのです。

という訳で、バッファローの製作ベースには、まさに決定版なキットなんであります。

プラモデルとしては比較的高額なプライス(8000円越え!)になかなか手が出せずにいましたが、今年のホビーショーにて、思いきってようやく入手しました。

子供にはとても手が出ない価格設定ですが、それもそのはず、新設計のコレは数年前に出回っていたトラックのキットとは段違いの精密さで、さながらタミヤのミリタリーシリーズのような細かいディティールを再現しているのです。
必然的にパーツ点数も多くなるので、このプライスはかえって安いのかもしれません。
(ちなみに装飾パーツが追加された一番星号に至っては、定価は15000円越え。)

という訳で、いよいよ次回から製作開始と参りますです。

(今度はオプティマスみたいにダラダラやらないぞ-と。)


スポンサーサイト


バッファロー号製作記 | 18:27:32 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
う~ん火曜日のあいつ
ストーリーとか細かな設定とかは覚えていませんが、そんなドラマがあったと言うのは、何となく覚えています。
たぶん、それは拙者が石橋しょうじのファンだったからだと思います。
ちなみに、その番組が終了した後は、どんね番組が始まったのですか?(アレじゃないよな~)
2012-10-28 日 21:10:16 | URL | omitsudesu [編集]
やっぱり
omitsudesuさん、こんにちは。

うーん、やっぱりあまり記憶にないですか。当時なにか面白い裏番組でもあったんですかね。

このドラマ、映画「トラック野郎」のブームを受けてのものでしたが、整備代金の支払いとか積み荷の保険とか、割とリアルな描写も多くて小学生にはちょっと「?」な部分もありましたね。

石橋正次氏といえば、当時では「アイアンキング」や「夜明けの刑事」なんかが印象深いです。
だから「太陽にほえろ」の殿下(小野寺昭)とのコンビで「二人とも刑事じゃん」と思ったものでした。


この後番組は全く覚えていませんが、ググってみた所「結婚するまで」(主演・田村正和)というドラマだったようですよ。
2012-10-30 火 12:22:16 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad