■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
本日貸切~。
whoooo


たまには普通の日記。
ワタシの住んでいる地区では、子供は4年生にならないと自転車で公道を走る事ができません。
だからそれまでは、こうやって公園などに自転車持参で遠征するのです。

コイツは下のチビ(2年生ナリ)。先に公道デビューを果たした兄貴に置いてかれたので、ワタシと公園でサイクリング。

普段は結構にぎやかな中央公園ですが、なぜかこの日、土曜日だと言うのに公園はガラガラ。ほとんど貸し切り状態でありました。

平和やねぇ~。
スポンサーサイト


普通の日記 | 23:27:35 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
のどかですなあ
ホンと貸し切り状態ですねえ (~o~)

しかし、のどかな風景ですなあ・・・
平和をつくづく感じます (^^♪

うちの次男坊もまだ公道デビューはしていないので、
同じようにチャリ持参で公園まで行きます。

うちは子供が走っている間、芝生で寝ています。(^_^;)
2007-06-27 水 00:14:28 | URL | ひな親父 [編集]
遠い過去を思い出しました
そう言えば、この記事を読んでいて思い出した事があります。
現在、中学生の我が次男の過去のお話なのですが、
この次男、チャリに関して物凄いバランス感覚を持っていまして
幼稚園に入園する前にすでに補助輪無しの自転車に乗れていたのです。
(まあ母親が、近所でも有名な“補助輪外しの鬼”と呼ばれていたのですが・・・)
ある日、最終的に補助輪が外れて、道路を走っていた時の風景です。
直前まで“補助輪外し”の修行を行っていた母親、近所のおばさん、
それに付き合っていた近所の子供達が、次男の乗るチャリの後ろを
駆け足で追いかけているのです。
(転んで車にでもはねられると心配なので)
そして拙者は、次男の進行方向側にある駐車場から徒歩で家に向かっていました。
向かってくる補助輪の取れたチャリに乗る次男に話しかけようとしたのですが、
彼は、運転に必死になっていて余裕が無さそうな様子・・・。
危ないから、声を掛けない方がよいかな~と思っていると、
チャリは、拙者の横までやって来ていました。
なにやら次男は、歌を歌っているのでした。なんだ余裕じゃんか!と歌を聴いてみると、
「♪せまるぅ~、ショッカー♪」
仮面ライダー1・2号の主題歌を、誇らしげに歌いながら、3才の彼は運転していました。
そう、彼は仮面ライダーに変身し、サイクロン号を運転している妄想に入っていたのです。
拙者の方向から見ると、まるでサイクロン号に乗る仮面ライダーをショッカーの怪人達が、
走って追いかけているようにも見えました(笑
オヤジが見せた仮面ライダー1号・2号のビデオに思いっきりハマっていた
次男の過去のエピソードでした。(長文失礼)
2007-07-06 金 09:54:43 | URL | omitsudesu [編集]
面白い~
幼稚園以前に補助輪無しとはすごいですねv-12。ウチのチビはそこまでのスピードに達してなかったですよ。
それにしてもサイクロン号で逃げるライダーを追うショッカーども、想像するとなんとも可笑しいです。
2007-07-07 土 23:19:05 | URL | Keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad