■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
追憶のトラック~バッファロー号製作記その5
久々の作業レポートですな。
番外編を除いては実に大晦日以来の製作記ですから、ぼちぼち忘れられてたりして(^_^;)

では気を取り直して行ってみましょう(^0^)/。


◎シャシ周りに戻ってその3(だったかな?)


さぁ、まずはリヤバンパーから。
ここは映像資料がないと、ちょっと再現が困難な部分ですね。

キットのパーツは左右の長さが短く、取り付け位置もかなり奥となっています。
IMGP2920 (1024x768)

が、バッファロー号のバンパーは荷台へのステップも兼ねていたようで、その為に左右に長く、取り付け位置もバックドアの面一くらいまで後退しています。
こちらはキットのバンパーを元にして改造しました。

IMGP2968 (644x483)

赤い部分がキットのパーツを芯にした所です。
プレスラインのないシンプルなデザインですが、上側は滑り止めの為にシマ板を使っていたようです。
シマ板はファインモールドのディティールアップ素材を使用します。


それとここまで作って気がついたのですが、ナンバープレートの位置がちょっと奥すぎるようですね。
なので、ナンバーステーの位置も後退させました。
IMGP2922 (1024x768)


そのままでは取り付けが貧弱なので、金属線をフレームに通してそこに固定するようにします。

IMGP2931 (1024x768)

改造リヤバンパー、取り付けるとこんな感じ。

IMGP2933 (1024x768)

バックランプですが、バッファロー号はバンパーの両サイドに組み込まれた形になっています。

キットにはバックランプのパーツはひとつしかないので自作せにゃなりませんな。
レンズ部分はキットの不要部品が使えそうです。
IMGP2969 (1024x768)



次にサイドバンパー。

高さの調整は終わってるので、補強のステーを追加しました。
IMGP2924 (1024x768)

燃料タンクなんかとの兼ね合いで、左右で追加位置が若干異なっています。
IMGP2923 (1024x768)



※オマケのネタ
リヤバンパーにバックランプ用の穴を開ける際、薄いプラ板に大きいドリルで穴開けしようとすると、刃が食い込んで割れてしまったりするので、今回、小型のリーマーを自作しました。
IMGP2926 (1024x768) IMGP2927 (1024x768)

小さめの穴を開けたあと、コイツでグリグリやって穴を広げますと、棒ヤスリで広げるよりもキレイな丸穴に出来るので便利です。
今後も何かと重宝しそう。(^ω^)


さて、とりあえず一旦締めまして…。
次回、キャブ廻りの製作に続きます。




スポンサーサイト


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

バッファロー号製作記 | 23:43:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad