■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
ガスギター
そう言えばと思い出した話。

ワタシが中坊の頃(もう30数年前ですが)、親戚の兄貴の部屋で見たプレイヤーマガジンに、ちょっと変わったギターの記事が載っていました。
その名も『ガスギター』。

ガスと言うブランドではありません。エレキでは無く、ガスでアンプを鳴らすという超ビザールなそのギター。
オール電化が当たり前の現代のLM楽器ですが、過渡期にはガス駆動の楽器もあったのかと、いたいけな中坊には強烈に印象に残ったのでした。

そのギター、外観はレスポールっぽい普通のギターなんですが、シールドケーブルの代わりに繋がれてるのはガス管。
コントロールパネルにはガスのコックや、種火確認用の小窓などが追加されていました。

話が飛びますが、昔のガス風呂釜って、この種火の点火が結構難しかったんですよね。同年代ならわかるでしょうか。

このガスギターも御多分に洩れず、種火の点火は根気のいる儀式だったそうです。

他にも、誰かがホースを踏んでると音が出なかったり、都市ガスに対応してなくてその度にガス屋を呼んだりと、結構不便な面も。
でもカセットボンベを使えば、ワイヤレス状態での演奏が可能だったとか。

そんなこんなで結局は時代に淘汰されてしまったガスギターなんでありますが、その後、全く話題に上がらなくなってしまいました。

知る人ぞ知る、謎のガスギター。真相やいかに?
スポンサーサイト


音楽的な日記 | 08:27:12 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
初耳ですね
毎度です。
師匠とは中学んときにほぼ毎日ツルンでいましたが、
そのようなギターは聞き覚えが無いですね。
多少ググってみましたが、らしきものにはヒットしませんね。

ガスで鳴らす・・・、イメージがつかないですなぁ。v-12
2014-04-06 日 23:38:03 | URL | ひな親父 [編集]
実はf^_^;)
ひな親父さん、毎度です。

ガスギター、パロディです。
四月一日のネタとしていつか書いてやろうと思っていたのでした(^人^)。

しかし、ここに書いた事自体は実話でして、本当に当時のプレイヤーマガジンに記事が載っていたんですよ。
元ネタはみうらじゅん氏のパロディらしいんですが、リアルにでっち上げたガスギターの写真に、LM楽器初心者の少年は見事に騙されてしまったと言うわけです。
失礼しました。チャンチャン。

2014-04-07 月 22:22:06 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad