■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
彼の地のトラック趣味
ホビーショーの余韻もようやく冷めてきた所ですが、知り合ったモデラーの方々のいずれ劣らぬマニアックな拘りぶりに、改めて感心しきりの今日この頃であります。

で、そんなマニア(エンスーと言ったほうがいいのかな?)つながりの話。

コンボイのネタの際にちょこっと紹介しましたこちらのサイト
筋金入りのマニアの方が、朽ち果てた撮影車両を探し出してレストアを行い、なんと1/1スケールのラバーダック号を再現(再生?)しちゃってます。

4561448909_ff06730a03_b.jpg

その情熱やスケールの違いにはただただ感嘆するばかりなのですが、ウサギ小屋に暮らす日本人から見ると、お金はともかく、いったいどこに置いておくの?と、いらぬ突っ込みを入れたくなってしまいます。

しかし、さすが彼の地は広大ですね。
このラバーダック号以外にも、いろいろな有名どころのトラック達が再現、所有されているんですな。
なのでいくつか勝手にご紹介。画像は全て拾いです。m(__)m

まずはこちら。
ご存知、映画『激突!』で主人公の赤いクルマを追い回すピータービルトのタンクローリー。

gekitotu.jpg

ダメージ塗装なんだか本当に朽ちてるんだか、今見ても怖いですな(^_^;)。
こんなのミラーに映ったら速攻で逃げます。
ちなみに映画ではピータービルトのエンブレムは外されていました。

お次はこれ。
TVドラマ『トラック野郎BJ』(原題 BJ & the Bear)で主人公のBJマッケイ(グレッグ・エビガン)が駆る、ケンワースのCOE、K100エアロダイン。

100_0552.jpg

特徴的な赤白のカラーは、実はメーカー純正のカラースキームでして、左右ドアに書かれたBJマッケイのネーム(看板)がオリジナルな部分。
相棒のチンパンジー(ベアー)がなかなかの役者でした。

bj.jpg

余談ですが、当時ワタシの住む地方では日曜の夜10時半という半端な時間帯が、アメリカンTVシリーズ枠だったんですよね。
『ジョン&パンチ』とか『ナイトライダー』とか、カーアクション物が多くてよく見てました。
で、コンボイで火のついたワタシのアメリカントラック熱は、BJでめでたく昇華してしまうのでした。

それからこちらもカッコイイですな。映画『トランザム7000』で、バートレイノルズ扮する主人公、バンディットの黒いトランザムと伴走するケンワースのW900。

snowman-and-concept-truck-replica-s-rig-from-smokey-the-bandit-219261.jpg

バントレーラーに描かれた馬車強盗の巨大なイラストがカウボーイっぽくてイイですね。

これを運転していたスノーマンに扮していたのは、ジェリー リード。既に故人となってしまっていますが、彼の本業はカントリー&ウェスタンのアーティストで、主題歌の《EAST BOUND and DOWN》も彼が歌っています。

実はギターの腕前も相当なもので、映画『バニシングポイント』のサントラに収められている《ウェルカムトゥネバダ》というインスト曲では、とても粋なギタープレイを聴かせてくれます。

マニアが集まると凄いですな。劇中でトレーラーに突っ込み、ルーフの無くなってしまったパトカーまで作っちゃってます(^_^;)。

TA20with20rig20and20sheriff20cars.jpg


最後はこのトラック。
TVシリーズ『爆走トラック16トン』のケンワースW900。

PICT0623-1.jpg

実はこのドラマ、見たことありません(T_T)。田舎では放映されていなかったんですよね~。
主役の俳優、クロード・エイキンス氏は、その後トラック野郎BJで宿敵ロボ保安官を演じていました。

moningon.jpg

このTVドラマ、放映はコンボイの公開よりも前なんですよね。当時見ていれば絶対ハマっていたのになー。残念。


おっと、こいつを忘れちゃいけませんな。

real-peterbilt-optimus-prime.jpg

ご存知オプティマスプライム。ピータービルト379です。スリーパーのルーフがちょっと違ったり、完コピ仕様ではありませんが、雰囲気はバッチリ再現されてるようですね。

いやはや、まったく羨ましい限りです。(^。^)
スポンサーサイト


アメリカントラックな話 | 01:00:22 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
うさぎ小屋どころか
ハムスター小屋みたいな狭い部屋に暮らしている私にとって、
「1/1スケール」は不可侵領域です(汗)。
それに、メカに限らずフィギュアも等身大にはなぜか惹かれず
スケールダウンしたモデルでどこまで精巧に再現されてるかに
フガフガしてしまうものでw
唯一オプティマスに関しては・・・・大きめなモデルが最高♪
2014-06-16 月 13:31:02 | URL | ハチべえ [編集]
ウチなんか…
ハチべえさん、こんちには。

ワタシなどはスケールモデルすら飾るスペースが無く、オプティマスもバッファローも押し入れで強制冬眠中であります(泣)。


海外では実物大(?)のロボットモード オプティマスとか作ってる方もいるようですが、やはり大味になっちゃいますねぇ。
まあ、本人が満足できればそれでOKですけどね。

そう言えばタミヤのラジコン(1/14)がピート風(フェンダー一体のライトは要改造)ですが、アレでオプティマス作るヒトはいないんですかね。
ラバーダック作ったヒトはいましたが。(^_^;)
2014-06-17 火 15:41:02 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad