■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
静岡ホビーショー 追記
さて、今回ホビーショーに参加しましたのは、もう一つ理由と言うか下心がありました。

と言うのも、今回の出展ブースで背中合わせになった某有名モデラーズクラブの親分さんが、昨年末にバッファロー号が入賞したモデルカーズ誌のコンテストで審査員を務めたプロモデラーのK沢さんそのお方なんですな。

こりゃプロの方とお話する滅多にないチャンスと言うことで、ちょうどウチのブースの前を通りかかった際にお声がけして、ご挨拶がてらバッファロー号の現物を見ていただきました
(^ ^)。

特に調色に難儀したグリーンの色味を誉めて頂いて感激しきり。いろいろと興味深い話も聞かせてもらいました。
雲の上のプロモデラーさんですが、とても気さくないい方でしたよ。K沢さん、足を止めて頂いてありがとうございました(^-^)/。

そうそう、塗装と言えば今年は久々にGSIクレオスさんの出展がありましたねぇ。
大人の事情が解消したようでなにより。個人的にはクレオスの色見本パンフをもらって帰るのがホビーショーの恒例でしたからね。
でも日曜には品切れしてました(ー ー;)。来年はもっとたくさん用意しといてください。



さてさて、ウチのブースの全景写真ですが…



約一台、場違いなクルマが混ざっていたのにお気付きでしょうか?



コレ。ひっそり紛れ込んでいた、シェルビーGT350R(モノグラム1/24)。




今年のブースが昨年の2倍のスペースと言うことで、スキマが空いちゃったら埋めようかなーと持参したんですが、結果的に必要無かったようですf^_^;)。
が、せっかくなんで隅っこの方に置いちゃいました。

場所が場所だけに目を止めた方はほぼゼロでしたが、会場の明るい照明の中に並んだシェルビーは3割り増しくらいカッコ良く見えました。ま、自己満足ですケド(*^^*)。

かなり前に製作した作品ですが、実はフル開閉、フルディテールに挑戦した力作なんであります。





いずれまたちゃんと紹介しましょかね。(^ ^)
スポンサーサイト


模型寄りな話 | 12:27:30 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
フル開閉だったんですか〜!
嗚呼〜!
フル開閉とは気がつかなかった〜。
ちゃんと解説付きでジックリと拝見したかったです〜orz
自分に反省(ペチペチ)

ワタシにとっては未知の世界ですので、みっちりとレポートをお願いしま〜す♪
2015-05-24 日 20:05:13 | URL | たかぼう [編集]
お忍びで並べましたので( ̄▽ ̄)
たかぼうさん、毎度です〜(^-^)/

コレ、フル開閉が目的ではなかったんですけど、トランクに移設したバッテリーや追加された窓枠などを再現してるうちにフル開閉となってしまったんですわf^_^;)。

本当はノーマルマスタングや前後期のGT350などと作り比べるつもりでしたが、この一台で力尽きました( ̄▽ ̄)。

またいずれゆっくり紹介しますね〜(^-^)/
2015-05-26 火 12:22:02 | URL | keeju [編集]
クオリティ高いっすな
師匠、毎度です。
しかし相変わらず皆様クオリティが高いですね。

GT350、詳細レポ楽しみにしてます。
2015-06-11 木 12:36:25 | URL | ひな親父 [編集]
レベル高くて付いていけません(^_^;)
ひな親父さん、毎度です。

いやー、みなさんの作品どれもハイレベルで思わず唸っちゃいます。
特装車などはみなさん基本的に実車取材をされてるようで、隙の無い作り込みは圧巻です。

模型作りって資料が多ければ多いほど自分の首を絞めるハメになるんですが、下廻りまで潜り込んで取材してくるあたり、やはりモデラーってのは基本的に変態なんだなぁと実感しました。
2015-06-12 金 08:16:22 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad