■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
巨星落つ ~ モーリス ホワイト逝く


2月の3日、ご存知、アース・ウインド&ファイアーのリーダーであるモーリス ホワイトが逝ってしまいました。
享年74歳、まずは合掌。

以前からパーキンソン病と闘っており、長らくステージ等の第一線からは身を引いておりましたが、いつか復活してもう一度、あのパワフルなパフォーマンスを…という希望は叶わぬ夢となってしまいました。



彼についてのバイオグラフィーなどは他の方の記事を見て頂いたほうが良いかと思いますので、ここでは自分自身の思い出を少々。

80年代初めの高校生当時、部活仲間に貸してもらったLPレコードが「太陽神」と「黙示録」。




それはいままで聞いた事のないような重厚なアンサンブル、タイトなリズム、緻密な曲構成、フィリップベイリーのファルセットボイスなどなど、全てにおいて新鮮なサウンドだったのですな。

特に吹奏楽部でラッパを吹いていたワタシは、そのカッチョいい(としか言いようがない)ホーンセクションを聴いて一発でファンになってしまいました。

その後のアルバム、「フェイセス」「天空の女神」←ご存知、”レッツグルーヴ”が大ヒット。
それから「創世記」「エレクトリック ユニバース」と、リアルタイムで彼らのサウンドを追い続けたのでした。
もちろんベースオヤジとしても多大な影響を受けた事は言うまでもありません。

EW&Fはその後緩やかに下降線をたどってしまう(※参考過去記事)のですが、87年のアルバム、「タッチザワールド」で往年のビートが復活。その頃開催された東京音楽祭に合わせた来日公演で、初めて生のアースを聴いたのは貴重な体験でした。




そのヒットチューン ”レッツグルーヴ”と言えばこんな思い出が。
当時吹奏楽部でどうしてもこの曲をやりたかったワタシは、自分で適当なスコアを書いて部長という職権を乱用して文化祭の選曲にゴリ押ししてしまいました。
後々考えるに、ずいぶんと勝手な事をやってたなぁと。部長失格だなぁと反省しまくりの少々苦い思い出です。

あの時の部員達が”レッツグルーヴ”を嫌いになってなければいいんですけどね~。反省してます。


閑話休題。
で、前述の過去記事でも綴っていますが、全盛期のEW&Fと言えば、神秘的なアルバムアートを手掛けた長岡秀星氏を忘れる訳にはいきません。

ところが… なんとその長岡秀星氏も昨年6月に亡くなっていましたー。
あー、知らなかった。なんてこったい。


ともあれEW&Fはまだ活動を続けており、解散してしまった訳ではないのですが、確実に一つの時代が終わったんだという事を実感しています。

モーリス氏と秀星氏、あちらで再会は果たせたでしょうか。
素敵な音楽をありがとう。




1985年、EW&Fの活動休止中にリリースされたモーリスのソロアルバム「Maurice White」。
この中の曲、"I Need You"は名曲です。
スポンサーサイト


音楽的な日記 | 16:39:12 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
私が曲名とアースが一致したのは97年頃で大学生した。
当時すでにHIPHOPの大ネタだったりとかで曲自体は知っていたのですが、
ブラジリアンライムをバイト先の先輩社員さんに口ずさんで訪ねたら「それってアースだ〜よ」って教えてくれました。

ジャケ写は日本人なんですよネ〜!
笑ってコラえてで知りました。

今でもじゃんじゃが聴いてるので永遠に不滅だと思いま〜す♪
2016-02-07 日 21:51:18 | URL | たかぼう [編集]
我慢できずに…
たかぼうさん、こんにちは。
ヤボ訳あって、当ブログを含めたホビー活動を自粛中の身でありますが、この訃報だけはどうしてもスルーできませんでした。

おっしゃる通り、アースの楽曲は現代でも全く色あせていませんね。何十年も経つのに、同じ形態のバンドが現れてこないというのも、彼らが唯一無二の存在であるゆえんかと思います。
2016-02-09 火 22:53:10 | URL | keeju [編集]
あちらが随分と賑やかに
ここのところ、逝かれる音楽界の方が多く、たいへん残念でなりません。
近いところでは、モーリス・ホワイトを始め、デヴィッド・ボウイ、グレン・フライ、そして拙者が若かりし頃に多大な影響を受けた松原正樹。
しかし、生を受けたものには必ず訪れるのが死。
この先も、どんどんあちらに行かれる方が出るのは避けられないことでしょう。
音楽は、日に日に機械が演奏を受け持つ様に変化し、今に生で演奏できる人がこの世から居なくなってしまわなければ良いなと思う昨今であります。
2016-02-24 水 07:28:34 | URL | omitsudesu [編集]
諸行無常というやつですか
omitsudesuさん、毎度です。
なんと、松原正樹氏も亡くなっていたんですね。高校生の頃、お気に入りのカセットテープにはパラシュートの楽曲もいくつか入っていました。ご冥福をお祈りします。

憧れたミュージシャン達はいつまでたっても追いつけない存在で、それゆえに頭の中では常に衰える事なく輝き続けているのですが、我々もギターを手にして30数年、冷静に考えると彼らも同様に歳を重ねてる訳で、こういう報せを聞くと改めて自分も歳をとった事を実感します。

シーケンサー&打ち込みという手法が登場した頃、とあるキーボーディストが「そのうち、まだ手で弾いてるの?なんて言われる日が来るんだろうか」と、まさにomitsudesuさんと同じ事を危惧していました。
特にドラマーには死活問題だったんではないかと思いますが、あれからン10年、まだまだ生演奏の魅力は根強いですね。というか、打ち込みに負けてなるかと、特にリズム隊のテクニックがその頃からグッと上がって来たように感じます。
最近の若い衆、上手いんですよね〜(^_^;)。
2016-02-24 水 15:58:17 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad