FC2ブログ
 
■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
マーカスミラーがキター! ♪───O(≧∇≦)O────♪
ベース界のレジェンド、マーカス・ミラーがなんと清水にやって来ました!



誰ソレ?という貴兄のために簡単に紹介いたしましょうか。

1959年生まれですからもうすぐ還暦ですが、第一線現役バリバリのチョー売れっ子セッションベーシストにしてサウンドプロデューサー。
ルイス・ジョンソン、スタンリー・クラーク、ラリー・グラハムと並ぶチョッパー四天王(勝手に命名)の1人です。

ワタシがベースを始めた高校生の頃、なんか若手で凄いベーシストがいるらしいなんてなウワサをよく耳にしたものですが、マイルスデイビス(tp)やデビットサンボーン(sax)などとの共演が有名ですね。

ホレ、新聞広告にもバーンとな。



しっかし「世界的有名なベーシスト」って…(^^;)。他に紹介の仕方はなかったんでしょーか。

とにかく国内外のいろんなアーティストのアルバムに参加しまくっていますので、その独特なベースサウンドは誰もが一度は耳にしているんじゃないでしょうか。

例えばこれ、
デイブ・バレンティン(fl)「open your eyes」(1980)

同年代の男子ならおそらくどこかで聞き覚えがあるかと。(ヒント うさぎちゃん)
この頃のマーカスは今よりもワイルドな感じ。コンプ効きまくりのパワーヒットはちょっと凄かった。

さて、ライブに話を戻しましょう。
今回のメンバーはマーカス(Bs)とDr、Key、Tp、Sax(みんな若手)という5人編成。
マーカスも今は若手を育てる立場なんですねぇ。

開演前に激写。



もっと正面に回り込めば良かった(^^;)。

一番右側にあるのがメインのフェンダージャズベース。唯一無二のマーカスサウンドを生み出す、彼オリジナルの有名なカスタムベースです。


(もちろん拾い画像です)
真ん中のジャズベースはフレットレス。意外や五弦なのね。
一番左、ヘッドの形状が独特なコレは、マーカスミラー全面監修のSireという新ブランドのベースだそうで。最後に一曲だけ使用してました。


さぁ開演。ライブ一発目の曲はなんと「run for cover」!o(≧▽≦)o キャー

「run~」と言えばですね、ルイスのストンプ、スタンリーのスクールデイズ、グラハムのパウのように、ベーシストなら一度はチャレンジする(と思われる)マーカス定番中の定番曲なのですよ。(サンボーンの曲ですが)

実は事前に最近の公演(海外)でのセットリストをチェックしていたのですが、ここのところこの曲は演奏されていなかったんです。
なので予想していなかった分、超サプライズ。これが聴けただけでも来た価値があるってなもんです。

その他は最近のアルバム数枚からの選曲でした。(残念ながらセットリスト貼り出されてなかった)

マーカスは気さくでファンキーなナイスガイで、コーラスやハンドクラップでオーディエンスを楽曲に参加させるなど、会場を上手く盛り上げていました。バスクラリネットも上手かったですよー。

歳を重ねると肥えてしまうミュージシャンが多い中で、マーカスはスリムなままですね。女性客が多かったのも頷けます。あ、腕はかなりマッシブになってましたが。

で、CD買いましたー



で、終演後に並びましてー



サインもらったー *\(^o^)/*


(一部画像処理御免)

握手もしてもらったので、もちろんこの日は手を洗いませんでした。
♪( ´▽`)














スポンサーサイト





BASS寄りな話 | 00:58:07 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
えっ、まじっすか??
マーカスが…来てたのですか…??
しかも、いきなりrun for coverですか!!
実は僕もキーボードやってまして、よくスラップの音色でこのベースラインを弾いてましたよ~!

生サインとかうらやましい…!!
いい思い出になりましたね☆
2018-05-30 水 23:10:01 | URL | カズキ [編集]
あー、そうか!
カズキさん、こんにちは〜。
ホビーショーお疲れ様でした。

まさか模型関係の方がマーカスネタにコメントくれるとは思いませんでした。そうか、カズキさんもベースやってらしたんですよね。

生ランフォーカバー、カッコよかったですよ〜。あのあと関東のほうでも公演があったようですが、都会ではおそらくsoldoutじゃないですかね。

ホビーショーの次の週でしたから、あの辺は非常に濃い日々でした。
2018-05-31 木 08:51:48 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する