■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
違和感

先日、TVでモトGPなるバイクのレースをやっていました。


バイクのレースなんて久しく見ていなかったので、出場してる選手の名前すらまったくわからないのだけど、それでもただ走ってるのを見るだけでも面白い。コースのコンディションは雨上がりのようで、まだ湿った路面のようでした。


スタートして数周、やはりスリップダウンしてしまう選手もちらほら。オンボードカメラも前、後ろ、ライダーの顔、と、いろんなアングルで迫力満点です。


しばらくして一台のバイクがピットロードに。「タイヤ交換か?給油か?」なんて思いながらボケッと見ていたら、さっとマシンを降りたライダーが停めてあった別のバイクにまたがり、さーっとピットアウトしていった・・・


「?」  え?今のはナニ?


すると、その後もピットインしてくるライダーは皆スペアのバイクに乗り換えてピットアウトしていくではありませんか。「は~、今はこういうレギュレーションなんだ・・・」


ピットワークの勝負とか、1レースマシンを持たせるぎりぎりのセッティングとか、そういう時代じゃないんですねぇ~。


いろいろ紆余曲折があってのレギュレーションなんだろうけど、オヤジ世代はどうにも違和感を感じてしまうのでありました。

スポンサーサイト


クルマの話 | 00:23:28 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
私も2stがなくなってきてから見てなかったからそんなレギュレーションは知らなかったよ。

調べてみたら、
モトGPだけの特殊レギュレーション。
「ウエットレース」宣言。ウエットレースを宣言されると、マシン交換が許可される。四輪の様にタイアを構造上、簡単に交換できないのでマシンごとタイアを交換してもいいと言うレギュレーション。

だそうだ。

無理してドライタイヤのままでは危険だからかな?
だったら最初から耐久レーサーみたいに交換が簡単に出来れば良いのにね。
2007-09-27 木 23:12:12 | URL | hori [編集]
ほぉ~。
解説ありがとさんでした。

そんなレギュレーションがあるんだねぇ。安全の為に考えられたルールなんだろうけど、それでいいの?って感じです。
タイヤ交換するかしないかの駆け引きみたいなのも、見てるほうは面白いんだけどね。

一台のマシンでギリギリでやってるチームには酷なルールでんな。(そんなチームは無いのかな?)
2007-09-27 木 23:25:59 | URL | Keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad