■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
FORD 100周年 その2
gt

また買ってしまいました。クルマの中に缶コーヒーがゴロゴロしています。
まぁ、いずれ買うモノだからね。よしとしよう。

で、今回はこの2台。JW-GT40とGT40MkⅣです。
もうね、最高にカッコいいですよ、コレ。
レーシングカーならではのカラーリングやステッカーなど、実在の個体を正確に再現しております。こんなのオマケで良いのか?

まずはカーNo①、1967年のGT40MkⅣ。
mk4

1964年からGT40でルマン24Hに挑戦してきたFORDは、66年にGT40MkⅡで見事優勝を果たしました。そして2連覇を目標に開発されたのがこのMkⅣです。正確にはFORD MARKⅣというらしい。(ちなみにMarkⅢというクルマもありましたが、それはGT40ベースの公道バージョンでした。)
で、このゼッケン①番、二位のフェラーリに大差をつけて見事優勝し、ルマン2連覇を達成したマシンです。しかもルマン史上初めて、走行距離が5000Km突破という新記録も打ち立てました。

ただし、レギュレーションの変更によって排気量が大幅に制限され、翌年からはこのクルマ、エントリー出来なくなってしまいました。FORDとしても、モータースポーツによるイメージアップ戦略という目標は達成したのか、67年限りでスポーツカーレースシリーズから撤退してしまいました。

そしてカーNo⑥、1969年のJW-GT40です。
gt40

カタチは66年に優勝したMkⅡに似ていますが、これはそのMkⅡをベースにJW(ジョン・ワイア)オートモーティブというチームが作ったマシン。つまりフォードのワークスではありません(前述のとおりフォードは67年限りで撤退しちゃったしね)。
このジョン・ワイアというお方、もともと64年にフォードがイギリスを拠点にGTプロジェクトを立ち上げた時に、親方を頼まれて引き受けました。が、翌65年にはフォードは拠点をアメリカに移し、レース運営はあのシェルビーアメリカンが仕切る事になります。
この辺の事がワイアさん、悔しかったんでしょうか。66年にイギリスの拠点が解散になる時にフォードを辞め、自分のチームを作りました。(ただ、フォードとのパイプは残してあった)
そして自分達のマシン、ミラージュM1というマシンを開発します(これもGT40ベースで、よく似ているがルーフが小さいのが特徴)。
ただしこのクルマも68年からのレギュレーション変更に引っかかり出場不可に。
そこで引っ張り出してきたのがGT40。(本当はミラージュM2というプロトを開発していて、完成までとりあえずGT40で参戦する予定だったのが結局最後までGT40で戦う事になってしまった。)
車体の軽量化やエンジンのチューンアップなど、弱小チームながらがんばった結果、68年,69年と二年連続でルマンを制しました。68年はゼッケン⑨、そして69年がこのゼッケン⑥です。この⑥と⑨、ゼッケンが違うだけで実は同じ個体です(シャシNo1075)。
同じクルマが二年連続で優勝というのもルマン初でした。ちなみに⑥でチェッカーを受けたドライバーはジャッキー・イクス。
今回のオマケにはゼッケン⑨も用意されてます。買わなきゃ。

思うに「フォード甦る伝説コレクション」としては66年のMkⅡの方が合ってるような気もするなぁ。JWは有名だけどワークスじゃないし。ラインナップにあるコブラもフォードの伝説とはちょっと違うような気がするけど。

でもカッコいいからOKです。久々にハマッたわ。ホントにオマケで良いのか?

スポンサーサイト


クルマの話 | 01:34:03 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
詳しいですねー
いやーホントに詳しいですね、Keejuさん。
この水色のマシンは、小学校の頃プラモデルを作った記憶が有りますよ。
フォルムもカラーリングも、何となくポルシェ917に似てませんかね?

個人的なお話なのですが、なんか自動車レースの世界って
ヨーロッパに有利なようにルールを変更して行ってませんかね?
(ヨーロッパと言いましたが、特にGBに)
F1からターボが閉め出された時なんか、明らかにHONDA封じだな
と思いましたよ。
2007-10-23 火 13:16:57 | URL | omitsudesu [編集]
好きなんです
いや、お恥ずかしい。もちろんこれだけの事柄がすべて頭に入ってた訳じゃないです。
ムスタングにしてもGT40にしても以前かなり掘り下げた事があったのですが、細かい部分(特に年度)は記憶に無く、資料を引っ張り出して再確認しながらの受け売りコメントであります。
逆に言えば、それだけ熱くさせるミニカーでした。
実際はもっと政治的というかドロドロした部分があったようですが、大筋ではこんな感じだと思います。

レギュレーションの変更の件についてはワタシも同意見です。マツダが強ければロータリー禁止とかね。
件の68年の排気量規制はポルシェチームに有利だったんですが、それでもワークスポルシェ軍に勝ったJWチームのGT40がなんともカッコイイのです。
2007-10-23 火 23:07:15 | URL | Keeju [編集]
またまたはまってますね。(笑)
あとついでにGT350とかデイトナコブラなんぞあれば良いな~。

60~70年代のレーシングマシンって大好きです。
シャパレル・ローラ・マクラーレン等など・・・。
国産も出ないかな~。
日産やトヨタだけでなく、ダイハツやいすゞのマシンも作って欲しいな。(笑)

レースレギュレーションは60年代日本の2輪が強すぎて日本潰しが始まったのが最初かな?
あれが無ければバイクはもっとすごいことになってたと思うよ。
バッシング前に最終的には50で3気筒とか125でV4とか250で6気筒があったからね。

ホンダのNRはバッシングに対する挑戦(4STで2STに勝つって意味もあったが)だったね。
V8を無理やりV4にしちゃったのだから。(と個人的には解釈しとります)




2007-10-27 土 00:27:18 | URL | hori [編集]
詳しいですねえ~
毎度でやんす。
さすが師匠、詳しいですねえv-12

青い方は「栄光のル・マン」でスティーブマックイーンが
ドライブした奴に似てますね。
あ、ありゃポルシェか・・・v-8

個人的な希望では、ケンメリのGT-Rレーシングカーが
出て欲しいところですねv-10

いずれにしても、完全な「大人買い」ですなv-17
2007-10-27 土 23:00:10 | URL | ひな親父 [編集]
結局・・・
「フォード100周年」と言いつつ、モデル化されたのは55年のサンダーバード以外は66~69年の三年間のクルマに集中していました。どうせならムスタングやコブラもレーシングモデルにしてくれれば良かったのにね。

>horiさん
60~70年代のレーシングカーはええですね~。ポルシェなら917K、フェラーリなら512SやP4なんかもいいですね。あとF1はエンジンがフェラーリ以外皆DFVのイコールコンディションの時代が、各チームのシャシやボデーが個性的で面白かったです。

>ひな親父さん
大人買いと言ってもあくまでコーヒーのおまけ(タダ)ですから・・・(^^ゞ。

「栄光のルマン」のポルシェ917、確かにJWチームのGT40と同じガルフカラーでしたね。
実はポルシェ、70年のルマンはマシンは作るものの実際のレース運営は外注化して、なんと前年までの敵JWチームにワークスマシンを供給したんですよ。(実際に70年に優勝したのは、マシンの供給を受けたもうひとつのチームでしたが。)
だからマックイーンのマシンはJWチームのモノだったんじゃないかな?

ところでオマケではありませんがこんなん出てまっせ。
http://www.yodel-tokyo.co.jp/minicar/index[nissan_racing].htm


2007-10-28 日 00:20:19 | URL | Keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad