■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
ベースとの出会い
GRECO VB

そろそろブログタイトル的な事を書かねば・・・。

中学の二、三年の頃です。当時ワタシは吹奏楽部にてトロンボーンを吹いておりました。男子部員は少なかったので、必然的に結束が堅かったです。
そんな中、仲間の一人が親戚からギターを貰ったと。(確かモズライトのコピーモデルだったなぁ。)そしてついでにベースも借りて来たんです。
すると、当然の流れで『バンドやろうぜ!』と言う事になりますね。で、吹奏楽部ですからタイコが叩けるヒトはいる訳で、何もできないワタシはベース担当となりました。まぁよくあるパターンですが、でも実はそれ以前から低音は好きだったので悲観する事はなかったのだ。(この辺の事はまた追々)

この時借りたベースはグレコのバイオリンベース。軽いし、ネックは細いし、初心者にはまことに弾きやすいベースでしたねぇ。しかもセミアコみたいなもんでアンプ通さなくても結構音が聴こえるんでヘタクソが部屋で練習するには良かったなー。まあチョッパーやるにはチト苦しいですが、この頃はドレミもまともに出来なかったんで関係なかったです。
結局、高校に入ってマイベースを手に入れるまでワタシの手元にありました。
この頃はこんなにベースにハマルとは思ってなかったなー。
とにかくたいへん世話になったベースでした。

スポンサーサイト


BASS寄りな話 | 22:52:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad