■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
オプティマス製作記 その2
☆ とりあえずバラす。

気が変わらないうちに分解します。
359barabara

とりあえずこんな感じ。ほとんどのパーツがビス止めなので容易にバラバラになります。
この中で金属製のパーツはキャブとエンジンフード。それとシャシフレームです。

今回シャシ&アクスルはそのまま使用予定。まずは金属パーツの塗装を剥離します。

359silver

会社にて業務用シンナーに漬ける事小一時間。すんなりと塗膜が剥がれ、金属の地が剥き出しになりました。厚ぼったい塗装が取れたため、リベットなどのモールドがくっきりと現れてちょっとリアル。
これはこれでなんかイイ感じで、このまま磨いて仕上げると言うのもオツですが、それでは意味がないので我慢我慢。だいたい実車のエンジンフードってFRPかなんかのハズだから金属地ってのは実はリアルじゃないんだな
↑追記、359はアルミでしたm(_ _)m。

そして379風にする為にE/Gフードの切り欠きをプラバンで埋めます。同時にフード側面のエンブレムのモールドを削り落とし、上面に開いているデフレクタ用の穴を塞いでおきます。
e/gfood  硬化スプレー

金属とプラの接着には瞬間を使うのですが、この硬化スプレーというのがなかなか便利。通常、流れてしまう瞬間接着剤がスプレーすると瞬時に固まります。
ちょっと粘度の高めの瞬間を使えばちょっとした穴埋めなんかも楽チン。パテのように硬化後のヒケもありませんので、効率よく作業が進みます。

ただし、あまりいいニオイではない(タンスの防虫剤みたい)ので、居間での使用は大ヒンシュクとなってしまいますからご用心。

とりあえず今日はココまで・・・。


スポンサーサイト


テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

オプティマス製作記 | 00:00:26 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
始まりましたね
お~、いよいよですねえ。

なんかいきなり修正が入っていて、凄すぎです。
こうやってプラバンで補修していくんですね。v-10
穴があったら埋める・・・v-12
素人モデラーには、こういう発送が無いんですよね。
穴が開いているから、仕方がない諦めよう・・・
こうなってしまいます。

楽しみに見させて頂きます。
2008-03-24 月 21:33:46 | URL | ひな親父 [編集]
どうか長い目で・・・
モデラーの性と言いますか、『正解』を知ってしまうとどうしてもそれから離れられなくなってしまうんですね。
もちろんそれらを再現できるかどうかってのは、個々の技量や時間的、経済的余裕が絡んできますので、どの辺で妥協するかの決断が悩む所です。

今は幸か不幸か、ネットを覗けばたくさんの資料が入手できます。つまり『正解』をたくさん知ってしまうんです。
そうするとさぁ困った。ココも変えなきゃ、ココも再現しなきゃという強迫観念にとらわれてしまい、結果、いっこうに完成しないと言う結果になってしまいます。

今回はそうならないように気を付けてはいるんですが、やはり時間はかかりそうですね。
ま、ひとつ気長に見てやって下さいな(^^ゞ
2008-03-24 月 23:32:05 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad