■プロフィール

Keeju

Author:Keeju
故.ルイス・ジョンソンを神と崇める中年ベース親父。ライフワークとしてルイス風チョッパーのフォロワーを目指す。

製作スピードは人一倍遅いが、ときどき模型寄り。

実はすでに五十路ナリ。


※本文と関係のないコメントや不審なリンク付きのコメントは、悪しからず削除させて頂く事があります。

■FC2カウンター

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■月別アーカイブ

■RSSフィード
なんだコレ?
一見スパルタンな競技車両に見える?

???


コレ、実はフォークリフトのリヤアクスル。
マフラーの修理のために、リヤの重りを外した所です。

スリック風のタイヤは、全ゴムのタイヤを山が無くなっても使っているだけ。だから自然にシャコタン。

こうして見るとサスペンションもブレーキもないのがよくわかります。
スポンサーサイト


クルマの話 | 22:41:18 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
初めて見ましたよ
こんな風になっているんですねえv-8
初めて見ました。
サイズ的には1.5tonくらいかな?
カウンターもそれなりに重たかったんじゃないですか?

しかし、完全にリジット(っていう表現が合っているのかな?)
ですねえ。
ステアリングロッドが左右で違う高さになっているってことは、
ホイール側のナックルも左右別なんでしょうね。
(同じ部品をロッドの挿す方向で、右と左に分けるプラモとは違いますね)
2008-06-19 木 12:35:35 | URL | ひな親父 [編集]
正解!
v-12さすがひな親父さん、カウンターウエイトなんて名前、よくご存知で。

お察しのとおり、コイツはちょっと古めの1.5tonリフトです。頑丈さだけを追求した、シンプルでオーソドックスな造りですね。

でも最近のヤツはもっと進化してまして、タイロッド自体が油圧シリンダー化されて、ステアリングからのリンクが存在しないタイプが多いです。

駆動が油圧モーターでブレーキが存在しなかったり、乗用車とはまた違った新技術が面白いです。(修理対応は大変ですが…)v-16
2008-06-20 金 22:55:23 | URL | keeju [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad